tohokuの最近のブログ記事

IMG_1421.jpg

何度もいらしていただいているHP(ヒューレッド・パッカード)と調布市の皆さん。極寒にも関わらず、いつも懸命にかつ得がいを絶やさず作業をしてくださいます。風力発電の装置の移動も行いましたが、おかげさまであとひと息というところまできました。
皆さん今日もありがとうございました!

◆場所:岩手県釜石市鵜住居〜橋野町

◆作業:ECOハウスにて 3Fデッキペンキぬり、3Fペントハウスマスキング、風力発電装置の移動など


IMG_1305.JPG IMG_1279.JPG IMG_1295.JPG IMG_1290.JPG

▲ページのトップ

北上北中学校で講演

| トラックバック(0)

BDAX0279.JPG

東北での活動と併行して、お呼びいただいた講演は基本的に全国どこへでも出向かせていただいています。なぜなら、経験したことを人々に伝えることが、未来の地球の行き末に今とても重要だと思っているからです。それらを作っていくのは、特別な誰かではなく、僕たちひとりひとりです。環境のこと、エネルギーのこと、災害のこと、生き方のこと...。大切なものは手から手へ届けて交流したい、そう思っています。

今日は岩手県北上市の北上北中学校「PTA教養講座」にて講演にお呼びいただきました。今日は授業参観の日でもあり、親御さんにもいらしていただきました。
こちらの中学校の3年生は、以前「被災地ボランティア」として釜石で汗をかいてくれたことがあります。その時に受け入れをさせていただいたのが、僕たちだったのです。うれしい再会はもちろん、エネルギーのこと、災害のこと、生きることについてお話をさせていただきました。

BDAX0285.JPG BDAX0295.JPG BDAX0316.JPG BDAX0318.JPG SM_35828.JPG BDAX0289.JPG BDAX0330.JPG BDAX0268.JPG BDAX0266.JPG BDAX0323.JPG
なんと、校長先生とお会いして驚きました。平野憲校長先生はこちらに赴任する前は被災した釜石東中学校の校長先生をされていて、なんと過去にお会いしたことがあったのです。仮設校舎で再開されてからも、防災に関する授業でお話に招いていただいたことがありました。久しぶりの再会、さまざまな日のことがよみがえり、心に染みるものがありました。

講演のおわり。「質問はありますか?」と問いかけると...さすがに全校生徒と父兄を前にして質問の手はなかなかあがりませんでしたが、約1時間半、寒い体育館にも関わらず、背筋を正して熱心に耳を傾けてくれました。さまざまに考えることがあったようです。

SM_35894.JPG

外へ出てバイオディーゼルカーを説明します。今日のために、みなさんで廃油を用意してくれていました。どれもこしてあるきれいな油、気持ちが伝わってきました。ありがとうございます! それらを生徒さんの手でバイオディーゼルカーに注入!盛り上がりました。

SM_35907.JPG SM_35903.JPG BDAX0342.JPG SM_35865.JPG SM_35914.JPG SM_35911.JPG SM_35913.JPG SM_35809.JPG BDAX0333.JPG BDAX0338.JPG

SM_35803.JPG
学校の廊下には、3年生が被災地ボランティアを行った際のまとめが工夫して展示されていました。「3年半たった今」とあります。きっと彼らの心に、さまざまな記憶、思いが刻まれたことと思います。また継続して来ていただき、釜石で新しい生徒の皆さんにお会いできたらうれしいですね。

SM_35947.JPG SM_35952.JPG SM_35957.JPG
帰り際、極寒の中にも関わらず最後まで残ってサインと握手を求めてきてくれた生徒さん。照れくさいですがとてもうれしい出来事でした。
わずかな時間ではありましたが、生徒、先生、ご父兄のみなさまと交流する機会となり、またパワーをいただいた一日となりました。またお会いしましょう!皆さんありがとうございました。

▲ページのトップ

KS0N8901.JPG

山田町・大沢保育園と隣のお寺の境内をお借りして「アーティストたちによる手づくりイベント」が開催されました。

主催は「TSUNAMIプロジェクト」の皆さん
■6/25の模様はコチラ → http://yorie.jetsets.jp/?p=1695

大沢保育園は高台にあるため校舎の一部に被害があったものの校舎は助かりました。しかし眼下の街は津波がさらい、基礎土台しか残っていない状態です。

ご家族が集うこの保育園を中心に、周囲の被災した方々へお役に立てて頂きたいと、アーティストたちが集まりました。それぞれイベントでフリマ、炊き出し、人形劇、おんがくライブ、読みきかせ、ヨガワーク、バッジ作り......などを行いました。

バイオディーゼルアドベンチャーも5月に東京へ戻った際に「TSUNAMIプロジェクト」の皆さんと打ち合わせを重ねながら、下記のメニューで参加をすることになりました。

◎「心と体を癒すプロジェクト」...メイク・マッサージ・ネイル支援
◎ 新品夏服のバザー
◎ バスコファイブ号の展示
◎ 保育園へ木のおもちゃをお届け
◎ 保育園の先生へ緊急時用のリュックをお届け


BDA11818.JPG BDA11794.JPG BDA11663.JPG KS0N8777_2.JPG

人形がこちらへ来ると、わぁ〜と立ち上がってタッチしようとする子どもたち。
人形劇のエピローグは今回のために書いたものだそうです。ポンポンと飛んでくるゴム風船に、子どもたちはきゃあきゃあ声をあげて喜びました。


BDA11824.JPG BDA11626.JPG BDA11890.JPG KS0N8784.JPG KS0N8717.JPG KS0N8663.JPG

生演奏はこの日のために組んだユニット「虹の種」チーム。
「おもちゃのチャチャチャ」「カントリーロード」などを披露してくれました。素朴な演奏と優しい歌声。他にはない虹の種の音楽に、お母さんがたも聞き入っていました。

じつはボーカルのトモミさんと、カニのお兄さん風のトシくん、ドラムさんは、僕が地球一周した時の番組、BSジャパン「天ぷら油で地球一周」のテーマソングを作ってくれたミュージシャンなんです。とても素敵な音楽に、僕もとても気に入っています。そんな彼らの生演奏を始めて聞くことができました。
読み聞かせは「おじさんの傘」と「まんじゅうコワイ」。落語好きなトモミさんらしいすてきなセレクト。ちょっぴり不思議なタイトルに、騒いでいた子どもたちも静かに聞きはじめました。


BDA11675.JPG BDA11812.JPG

フリマ、野菜マーケット、マッサージ、ヨガ、炊き出しなどなど、盛りだくさんのラインナップ。曇り空で雨も懸念され、人が上手に集まるか......と心配されましたが、昼を過ぎる頃にはとても賑やかになりました。

来場者には物資引換券が渡されました。その裏には、質問が書いてあって、任意で書き込んでもらい、被災地の様子を教えてもらおうという試みもされました。
その被災者皆さんの回答はコチラ

BDA11566.JPG BDA11601.JPG BDA11670.JPG BDA11669.JPG BDA11668.JPG BDA11700.JPG

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電