africaの最近のブログ記事

DSC_8276.JPG


KS0N1514.JPG KS0N1487.JPG KS0N1588.JPG DSC_8430.JPG KS0N1646.JPG KS0N1686_2.JPG KS0N1674.JPG DSC_8622.JPG

▲ページのトップ

スペインへ

| トラックバック(0)

メリーヤ  晴れ

モロッコを無事走り終え、ナドールからスペイン領のメリーヤに入った。深夜のフェリーに間に合いそうなので、切符を購入しこれから乗り込むところだ。朝にはマラガに到着する。

青山さんが、気温と疲れのせいか、食あたりか少々ダウン気味。乾燥しているため見た目は汗をかいていないようでもどんどん水分が蒸発しているのだ。たぶん熱中症の初期症状なのだろう。でも初めてのアフリカで6月の暑い時期にきたのだからよくがんばってくれたと思う。ご苦労様、青山さん! 帰国前に、直してほしい。

▲ページのトップ

大砂丘メルズーガ

| トラックバック(0)

BDA_7697_Morocco_080624_2.jpg

6月23日(月)晴れ 47℃

昨晩は深夜になって砂嵐となり全身砂まみれとなった。朝はまったく穏やかな顔を見せる砂丘。砂丘の中からラクダに乗って戻ってきたキャラバンがちょうどこのヤスミナホテルにもどってきた。後ヤスミナで朝食をとる。シャワーを浴びて10:30にはヤスミナを出発。同じ道を使わず西に14kmショートカットしてアスファルトに出てからエルフードに向かって北上。エルフードの町でインタネットカフェに行き、小一時間ほどインターネットをする。その後、HOTEL XALUCA に行き、かねてからお願いしていた廃食油をもらえないか、聞きに行く。しかし、ジェネラルマネージャーがいないということで油はもらえなかった。今度はホテルCHERGUI に行く。まずは調理場に行き、油を確認する。コックさんは覚えていてくれ油を10リットルをいただくことができた。ここで昼食をとり、インターネットにつなぎスペインの段取りをアメリカでバックアップをしてくれているサッチンと打ち合わせする。油は熱い状態だったので3時まで待って油を回収。トヨタ車体の人達に挨拶して午後4時エルフードを出発する。

BDA_7616cx.JPG BDA_7531.JPG BDA_7562.JPG BDA_7553.JPG BDA_7545.JPG BDA_7586.JPG BDA_7653.JPG BDA_7761.JPG

エルラシディア方面に向かい北上する。移動中国際電話でサッチンとナドールからマラガのフェリーの時刻と値段を調べてもらう。Mideltの手前からN15に右折してナドールに向かう。ナドールは午後4時と12時の便があるらしい。明日夜の12時の便でマラガに向かう事を決定。N15は道幅も狭く、道が悪いためなかなかすすめない。ガソリンスタンドのあるMissourに午後8時ころ到着。ここで夕食をとることにする。食事が出るのがあまりにもおそく暗くなってきたのでやむなくここにあるホテルに泊まる事にする。

BDA_7773.JPG BDA_7776.JPG IMG_3730.JPG IMG_3737.JPG

食後10時を過ぎホテルから電源をお借りして反応タンクにあった燃料を遠心分離機を通して完成タンクに移し、そのまま5時間遠心分離機をまわすことにする。そうすれば明日走行中でも燃料が作る事ができるからだ。食後、レストランのウエイターに廃食油をもらえないか交渉する。なんと僕ら3人が食べたフレンチフライの油(約200ml)をいただけることになった。

IMG_3740.JPG

走行距離:66803-67136km=333km
廃食油:10.2l
お世話になった人:CHERGUI KASBA-HOTEL、AFRIQUE HEBERGEMENT(Missour)

▲ページのトップ

DSC_4272.JPG

6月22日(日)晴れ 52℃

朝、はやく青山さんにプラントのドライフィルタ−の行程を遠心分離機からイオン交換樹脂に移行してもらう。ホテルのガレージでカサブランカで手に入れたカリウムのしわけをすることにする。600gづつ約20個に小分作業にかかる。昼にホテル・サラーム・エルフードをチェックアウト。油を集めにHOTEL XALUCAに行く。

昼食をTLCのチームと一緒にとることにした。

BDA_7476.JPG IMG_3636.JPG IMG_3637.JPG IMG_3655.JPG IMG_3644.JPG DSC_4224.JPG

次回ダカールラリーの出場するランクル200のテストとメカニック(来年始めて参加する福岡トヨタ)、ナビゲーター(三浦)のトレーニングをかけた合宿は約半月続く。外は連日52℃の猛暑だ。この暑い時期には他のチームはやってはこない。それほど厳しい状況でトレーニングしているのだから来年のダカールにぜひ4連覇、そしてワンツーフィニッシュして欲しいものだ。

砂丘でチームと一緒に撮影後、我々は夕方からメルズーガの大砂丘に向う。今夜は砂丘で寝るためだ。


走行距離:65km
廃食油:3L

▲ページのトップ

ラリーチーム、TLCとの再会

| トラックバック(0)

DSC_3952.JPG

6月21日(土)晴れ 45℃

ワルザザートを朝出発して、カスパ街道を南東に向かってひた走る。ここはアトラス山脈となにもない乾燥地帯の砂漠との入り口だ。昼になると気温は40℃を越え、さらにあがってくる。延々、ガレ場の丘を登ったり,砂丘がみえりと変化のあまりない道を行く。

DSC_3923.JPG DSC_3919.JPG DSC_3932.JPG DSC_4050zx.JPG IMG_3631.JPG DSC_3931.JPG

エルフードの入り口に午後6時ころ着いた。ガソリンスタンドにある洗車場でバスコファイブを洗車してもらう。(30ディラハム)

さっそく、トヨタ車体が拠点にしているホテルに直行。午後7時無事到着。ホテルの裏のガレージに見慣れたランクルが停まっている。横のガレージにはテスト用車両ランクル200が置いてあり、ガレージの中にはエンジニアの小川さんや三浦くんが出てきた。
そして森監督、三橋くん、他のメカニックらの懐かしい面々も集まってきた。2007年は、僕もこのチームのドライバーとしてハンドルを握らせてもらっていただけに懐かしさがこみ上げる。

今日は一仕事終えて夕食前だというのにメカの小林さんがコンピューターを持ってきてくれ、アメリカでトラブった原因をみていただく。エンジンのコンピューターには問題は記録されていなかったがブレーキのコンピューターに異常があったという記録が残っていた。エンジンコンピューターとブレーキのコンピューター間で情報が途絶えたことでブレーキ側のコンピューターが異常と判断してエンジン側のコンピューターを制御した結果、エンジンの回転数を制御したらしい。それでインジケーターランプが点灯してスピードが上がらなくなったのだろう。
小林さんとラリーのチーフメカニックのフィフィが最後まで車の異常について調べてくれた。本当にありがたい。現状ではエンジンに問題はみられず正常だということがわかった。心配していた噴射ノズルのつまりからエンジンの異常という兆候は今のところみられない。さすがランクル。

チームに別れを告げ、今度はこの日の宿泊を捜さなければならない。いくつかホテルによったが1500から2000ディラハムを超す値段の高さなのであきらめ、キャンプ場に行ってみる。そこはだれもいないただのグランドという感じなのでやめる。近くのホテルでなんとか600ディラハムで交渉が成立、車もガレージにおいてもらえるということでエルフードの南にある「ホテル・サラーム・エルフード」に泊まることにした。
夜、電源を借りてイオン交換樹脂をまわっしぱなしにして寝る。


走行距離:375km

廃食油:3リットル
お世話になった人:チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの皆さん(トヨタ車体)

▲ページのトップ

アフリカでの廃食油集め

| トラックバック(0)

カサブランカ→マラケシュ(モロッコ)  晴れ 35℃

朝から廃油集めの一日だ。シェラトンに行きマネージャーさんに頼むと、回収が済んだばかりだから、また戻ってくるよう言われた。昨夜食事をした際頼んでおいた、アミンに行くとちょうどボトルに移しているところだった。

午後一番に昨日受取れなかったKOHをいただきにOrkla Marco社を訪ねる。メタノールもあるということで、両方購入でき胸をなでおろした。実は心の中で、ルートを短く変更する可能性も模索していた。その必要もなくなったわけだ。

マラケシュのキャンプ場には、夜9時に着いた。子猫、子犬そして孔雀までがぶらぶらしている。腹をすかしているのか、しつこく寄ってくる。そういえば僕らも?などと言っているまもなく、青山さんに精製をお願いして、ぼくと全ちゃんは廃油を探してホテル回りをした。前にあったジャーナリストに書いてもらった、アラビア語のお願いメモが大活躍だ。メリディアンとスルナタから、少しずつ分けてもらうことができた。

ま、目標達成といったところだろうか?

帰り道、スイカを買ってキャンプ場に戻った。青山さんのお陰で、ヨーロッパに来てから5回目の反応が終っていた。この燃料は、あさって使う大切な燃料だ。

▲ページのトップ

いよいよアフリカ大陸

| トラックバック(0)

セトゥーバル(PT)→アルへシラス(スペイン)→セウタ(スペイン領モロッコ)  晴れ 32℃

昨日の遅れを挽回するために、朝4時に起床。6時前に出発した。スペインとの国境には、何もなくあっけなかった。ガソリンスタンドでコーヒーを注文すると、大きなグラスにたっぷりのミルクコーヒーが入って出てきた。懐かしい!ポルトガルの濃い黒いカフェとは違う。

アルへシラスのフェリー・ターミナルには午後3時半に着いた。ぎりぎりで4時の便に間に合った!ばたばたしつつも、無事にフェリーに乗ることができ、ほっとした。

さぁ、アフリカ入りだ!今年はダカールラリーがキャンセルになり、1月にアフリカにこなかったから何だか久し振りだ。

走行距離:735km

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電