2012年6月アーカイブ

BDA19667.JPG

【おおつちありがとうロックフェスティバル】屋台も出て炎天下の中賑いました。おらがステージでは、大槌町の中学2年生、臼沢みさきさんが、尺八奏者の大久保さんと共に熱唱。故郷を思う少女の透き通った歌声に、思わず涙ぐむ方も・・・。7月25日にメジャーデビューだそうです。応援します!

BDA19613.JPG BDA19627.JPG BDA19598.JPG BDA19606.JPG BDA19608.JPG BDA19610.JPG

いよいよフィナーレ。「RIA+ノリシゲ」と大槌高校の吹奏楽部の皆さんがステージにあがり "歩きましょう" を演奏熱唱。「魂込めて唄います!」ノリシゲさんのかけ声から、歌声が夜空高く響きました。

BDA19642.JPG BDA19649.JPG BDA19650.JPG BDA19662.JPG BDA19693.JPG BDA19701.JPG

▲ページのトップ

ビニールハウスはサウナ?!

| トラックバック(0)

BDA19571.JPG

朝から菜の花を立てかけるための枠作りが始まった。2台の軽トラに竹を積んでビニールハウスを貸してくれる農家さんのところへ移動。風にあおられないようにゆっくりと・・・。

BDA19567.JPG BDA19581.JPG

ビニールハウスの中は40℃近い。さすがに暑いが菜の花のためにがんばらにゃ。

▲ページのトップ

竹の切り出し作業

| トラックバック(0)

BDA19067.JPG

海岸線の45号線沿いに植えた菜の花を刈り取り乾燥させるため、今日は竹を切り出しました。菜の花のさやが割れるまでビニールハウスの中で菜の花を立てかけるために竹を利用するからです。菜の花を植えて約9ヶ月目の最終作業に入ってきました。なにもかもが初めてなので手探り状態です。まずは行動すること、行動しながら考えること、ただ一生懸命することそれだけです。


BDA19001.JPG BDA19053.JPG

震災後1年3ヶ月経ちますが、山の中に入ると津波で流されて来た家の瓦や遺品がまだ沢山ありました。先頭を切って竹を切り出してくれた彼は自宅の瓦をみつけて、津波の時の様子を語ってくれました。今でもまだ手つかずな場所は沢山あるんです。

BDA18995.JPG BDA19080.JPG

▲ページのトップ

山田町「菜の花」刈り取り

| トラックバック(0)

BDA19139.JPG

山田町の花壇に植えた菜の花を刈り取りに来ました。協力してくれたのは地元の区長さん、そしてアメリカのサンディエゴからはるばる被災地を視察に来てくれたSDJENのヤコさん、さゆりさんのお二人。ありがとうございます!!

BDA19144.JPG BDA19145.JPG BDA19120.JPG BDA19130.JPG BDA19186.JPG BDA19147.JPG

▲ページのトップ

海岸清掃

| トラックバック(0)

BDA17888.JPG

BDA17861.JPG BDA17907.JPG BDA17906.JPG BDA17910.JPG BDA17978.JPG BDA17949.JPG BDA18003.JPG BDA17939.JPG

▲ページのトップ

BDA17690_2.jpg

BDA17729.JPG BDA17665.JPG

▲ページのトップ

BDA17555.JPG

地元の方と植えた被災地の菜の花。花の時期は終わり、青い種をつけています。菜の花や雑草の合間で、年齢の違う子供たち数人がわいわいかくれんぼ。ちょうど子供の背丈くらいの菜の花にかくれてはしゃいでいました。夕方の風景、和やかなひとときがありました。

▲ページのトップ

BDA17491.JPG

【南三陸】志津川湾の沿岸道で見える「みんなの願い戸倉小中学校早期再開」の看板。小中学校は被災したが、また必ず学校再開して子供と共に生きたい、生徒数が少なくとも地域密着で温かな特色を活かして再開したい、という地元の人々の想いが込められたもの。荒地に立つ希望の看板なのです。

▲ページのトップ

BDA17452.JPG

被災地を"自然エネルギー"で支援することを目的として、2011年4月4日にプロジェクトが発足した「つながり・ぬくもりプロジェクト」の南三陸会議に出席。

▲ページのトップ

南三陸の「津の宮荘」

| トラックバック(0)

BDA17476.JPG

【南三陸】今日は朝から風雨が強く海も荒れ気味。昨晩は初めて南三陸の「津の宮荘」に宿泊。高台にあり、震災当時は目の前の坂道まで津波が迫った。目の前の少し低い民家の1階は水没、送迎用のバスも軽々と浮いてしまった。震災当時は避難所として集落のお年寄り約50名を受け入れた民宿。

現在は工事の方やボランティアの宿泊を受けているそう。夕食と朝食は震災を乗り越えた豊かな海の幸の数々に感激!メカブにカキ、ホタテ稚貝、刺身。沖でマンボウもとれるそうで、はじめて食させて頂きました。

震災当時は道路は瓦礫で塞がれ、船も車もなく孤立状態だった。「どこにも出られなかったけど残った家々の米や畑から野菜をもちよった。3日目に自衛隊がヘリで直接おりてくれて、食べ物や水をすぐに頂けて本当に助かった」と女将さん。

▲ページのトップ

20120611_190149.jpg

今年は8月5日(日)は、岩手県釜石市にて
「釜石はまゆりオープン・ウォーター・スイム」が開催されます!

本日はその定例ミーティング中。
アットホームな雰囲気で詳細の話し合いが進められています。

............................................................................................................

釜石は2010年まで21回トライアスロンの国際大会が開催されていました。
その名も「釜石はまゆりトライアスロン国際大会」。
地元の豊かな自然の中で駆け抜け、温かな人とふれあい、地場の食材をふるまわれる
とてもアットホームな大会として国内のみならず海外の選手からも、地元の人々からも愛され続けてきた大会です。

そして2011年。本来であれば第22回を数えるトライアスロンが開催されるはずでしたが、
津波の被害で中止をせざるを得ませんでした。

美しかった根浜の海岸からは、砂浜が消え、緑の公園は寂しい荒野のような風景になってしまいました。

しかし、震災から2回目の夏を迎え、また「釜石はまゆりトライアスロン国際大会」を開催したいと願い、関係者や愛好者が奮闘しています。検討した結果、今年は現在の復旧状況にあわせて、「オープンウォータースイム大会」を開催することになりました。

そして、年々インフラを復旧しながらトライアスロンの開催を目指し、2016年には国体で初めて正式種目になるトライアスロン開催を叶えようとしています。

日に日に復活していく三陸の恵みの海へ。
みんなで泳いで、三陸の復興を応援しよう! 集まれスイマー、8月5日です!

詳細はコチラヘ
http://www3.ocn.ne.jp/~hamayuri/

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電