おらが大槌 復興食堂

| トラックバック(0)

BDA11700.JPG

「おらが大槌 復興食堂」。震災前はそれぞれ異業種だった人々が力 をあわせ手探りで進めてきたこの食堂は、大槌のシンボルといえる鮭にちなんで昨 年11月11日"鮭の日"にオープン。今では美味しいご飯を食べて語らう憩いの場として 知られる。食堂だけでなく今後はツーリズムなども積極的に展開し、多方面から街作 りを支えるプラットホーム的役割が目標。店長の岩間さんは「例えば学生がツアーガ イドを行うことで、子供世代にも街作りの意識を高めてもらいたい。将来は隣接する 宿泊施設も作りたい」と熱く語ってくれた。

BDA11703.JPG BDA11709.JPG BDA11708.JPG BDA11730.JPG

復興食堂へ、新鮮な有機たまごをお届けさせていただきました。海の幸を活かしたオリジナルメニューと、何といってもお母ちゃんの味が魅力。写真は大槌町が誇る鮭を素材にした一日限定30食の"おらが丼"。「イクラの粒が大きくとろける!」と評判の味だ。

BDA11727.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2208

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電