3/14 マリオ&はるの演奏会 @ 鵜住居仮設住宅

| トラックバック(0)

【ART de SMILE プロジェクト】

旅の音楽家「マリオとはるちゃん」の交流演奏会。
午後は鵜住居の仮設住宅の談話室で行いましたよ!

BDA10161.JPG

岩手県沿岸部は険しい山々に囲まれているので、平地がとても少ない地域。
川沿いにもともとある集落の平らな場所をぬうようにして、仮設住宅は点在しています。
今日伺う鵜住居日向の仮設も、そうした地域のひとつ。今日は大学生ボランティア「いわてGINGA-NET」のお茶っこサロンとコラボして、一緒に談話室で演奏です。

BDA10112.JPG BDA10113.JPG

BDA10121.JPG KS0N0028.JPG

マリオとハルちゃんの演奏会は、普通の演奏会とちょっと違う。
ギターでボサノバが始まった...かと思うと、元全日本チャンプが考案した紙ヒコーキを教えてくれたり...

BDA10196.JPG BDA10175.JPG

そうこうしていると、見たことのないような民族楽器が出てくる、出てくる!
右上の女の子がもっているのはカエルの楽器で「ゲコッゲコッ」と鳴るんです。ほかにも、雨の音、せせらぎの音、森の音などなど、とてもおもしろい楽器が登場しました。自然をこよなく愛するマリオとはるちゃんは、電子的な音が氾濫する現代の中で「自然のノイズ」をとても大切にしているのです。そんな楽器にふれていると、自然と元気が出てくるんですね。お子さんからお年寄りまで、年齢問わず皆さんとても喜んで頂きました。

BDA10188.JPG BDA10144.JPG


いらして頂いた方には
「じつはボサノバやワールドミュージックが大好きで、レコードもたくさんもっていたんだけど、全部流されちゃった。今日は聞けてうれしかった」
「生の音を聞くと元気になる」「歌をうたったのは久しぶりで、こんな機会でもないと。声を出すのはいいことですね、また来てほしい!」とのご感想を頂きました。

BDA10212.JPG

青いビブを着ている方々が、学生ボランティア「いわてGINGA-NET」の皆さん。
こうして小さい仮設の談話室をまわって、24日までお茶っこ活動をしているそうです。

とっても仲良くなって最後にみんなとハグを交わしたはるちゃん。
皆さんどうもありがとう、また会おう!

BDA10246.JPG BDA10240.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2196

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電