プレハブ商店街「おおふなと夢商店街」

| トラックバック(0)

BDA19632.JPG

昨年12月1日にプレオープン、12月3日に本格オープンした「おおふなと夢商店街」へやってきました。こちらは中小企業基盤整備機構の仮設施設整備事業(無償貸与)による無償貸与の複合店舗。駅周辺で被災した商店街のお店を中心に、計31店舗がこの仮設商店街に集合してがんばっています。場所は大船渡駅の裏側。看板がよく目立ちます。

こちらの商店街、通路の足下はウッドデッキになっています。支援団体からの寄付なのだそうですが、木が敷かれていると気持ちがいいですね。さすがに今は極寒の夕方のため出歩く人の姿もまばらですが、歩きやすいですし、植物を囲むベンチなどで休むこともできます。つくづく木の温もりはなくてはならないものだと実感するばかりです。
BDA19644.JPG BDA19645.JPG

髪が伸びっぱなしだったので床屋さん「バーバーミノル」さんに立ち寄ってみました。
閉店もぎりぎりの時間でしたが、快く出迎えてくれました。

BDA19657_2.JPG BDA19662.JPG

これがもうすばらしかった!顔の隅々までカット、さらにマッサージ付きで至れり尽くせり!ここン十年そんな心のこもった癒される床屋さんへは行ってなかったので感動しっぱなしでした。何にしても速さが求められる時代だけど、こうして手間をかけることは心を豊かにしてくれるものです。

「バーバーミノル」は、昭和40年にオープンしてから親子で守り続けている美容院。"ミノル"はこちらのお父さんのお名前なんだそうです。「被災してぜんぶ流されました。悔しいですよ...」とお父さん。震災当時は「ミノルさんが散歩中に湧き水の出る場所を見つけていたので、水に関しては助かった」のだそうです。「長年使っていた手になじんでいる道具がなくなったのが本当にショック、お金で買えないですからね...」と娘さんが静かに語ってくれました。


外はもう真っ暗になり、いつの間にか周囲のお店から灯りも消え始めていました。お客さんは僕だけ。ウトウトした意識の中で、はさみとラジオの音がそっと聞こえてきます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2188

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電