2/24 「マリンマザーズきりきり」さん 廃油ありがとう!

| トラックバック(0)

SM3_9830.JPG

大槌町吉里吉里の仮設食堂「よってったんせえ」を営む"マリンマザーズきりきり"のお母さん方から、廃油約40リッターを頂きました。この廃油は何に使われていたのかというと「わかめかりんとう」を揚げた油。廃油は1か月に10リッターくらい出るそうです。

以前、吉里吉里の福祉施設や保育園へ支援に伺った時のことを「バイオさん!」の名称で覚えていてくださり、コツコツと廃油をためておいてくれていたのだそうです。とてもきれいな状態の油、ありがとうございます!

SM3_9819.JPG SM3_9837_2.JPG

こちらの「よってったんせえ(寄っていってください!)」は、漁家の女性6名がきりもりするお店。昨年8/19に、ここ大槌町の復興店舗第一号として開店しました。

小さな食堂の中はアットホームで元気いっぱい!生活再建の第一歩として、地域活性として、そして多くの人に立ち寄ってもらえるようにこの名をつけたそうです。

SM3_9845.JPG SM3_9842_3.JPG

↑ランチに「鮭子(おやこ)焼きそば」を注文。なんと麺が緑色!わかめが練り込んであるそうで、モッチモチで美味しい。他にもメニューはらーめん、牛丼、カレーライスなどなど。3月15日からは旬の採れたてわかめを使った「ばぁーらーわかめ三昧定食」も登場するそうですよ、楽しみですね。

気になる「わかめかりんとう」は、こちらの厨房でひとつづつ丁寧に揚げられています。「すっごく堅いから割って食べてね」と言われた言葉通り、割って食べると...ついついクセになるお味です。食堂で購入できますよ。


SM3_9855_4.JPG SM3_9866_3.JPG

↑ 緑色のウッドデッキが「よってったんせえ」。夏〜秋にはオープンデッキですが、冬になり暖かい環境でご飯が食べられるようにハウス型になりました。
お店から出れば、津波の傷跡が残る街の風景。今は遠くまで見通せますが、残る建物の基礎がかつての街並みを思わせます。

「よってったんせえ」では、今日もお母さんたちが忙しそうに腕をふるっています。
場所は堤乳幼児保育園の坂の下、月曜定休、11〜15時営業です。みなさんよってったんせえ〜!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2177

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電