2012年2月アーカイブ

緊急連絡です!

【楽器を被災地へ贈るプロジェクト】にて、
津波で楽器を流された釜石市の高校生バンド「てりごし」へ
楽器をお届けしたのは8月5日のこと(その模様はコチラ)。

KS0N3553.JPGのサムネール画像<< 支援楽器を受け取り、再スタートをきった高校生バンド「てりごし」(右からボーカル佐々木さん、ギター&リーダーやぎ君、ドラム村井君、ベース三浦くん)

あれから約半年。
「てりごし」の4人のメンバーは明日、卒業式を迎えます。

今後は進路それぞれに学校もばらばらになり、
もう今までのようなバンド活動はできなくなります。

その高校最後の思い出に、本プロジェクトでお届けした楽器とPA機材を使って
明日3月1日に卒業ライブを行うそうです!


場所:市民交流センター
時間:14時〜

お近くの方はぜひ、彼ら最後のライブを応援してください!

【写真撮影のご協力お願い!!】
→ 記録写真求ム!!! 撮影者名とともにメールでお送りください
本ブログにてお名前と共にお写真掲載をさせて頂きます。
contact@biodieseladventure.com

▲ページのトップ

【菜の花大地復興プロジェクト】

ここは山田町長崎の花壇です。10/2に菜の花を地元の方と植えました。
こちらも雪化粧をしています。

2月20日に撮影 ↓             本日2月26日 ↓
SM3_9601.JPG SM3_0452.JPG


2月20日に撮影 ↓             本日2月26日 ↓
SM3_9517.JPG SM3_0520.JPG


定規で計ってみると、約10cmの積雪ですね。

SM3_0534.JPG

菜の花にとっては、雪に包まれることは保温効果にもなります。が、あまり溶けたり凍ったりするとよくありません。沿岸部はもともと雪の少ないエリア。さてこれからどうなるか......
ひっくりかえった菜の花のレスキューもしなければなりません(詳しくはコチラ

SM3_0438.JPG SM3_0525_2.JPG


▲ページのトップ

【菜の花大地復興プロジェクト】

釜石市 片岸町の国道45号線沿いの菜の花かだん。
一昨日の降雪ですっかり真っ白に。

SM3_0338.JPG

定規で計ると約15cm、よく積もりました。

SM3_0352_2.JPG SM3_0354.JPG

▲ページのトップ

2/26 カマクラキッズ @仮設住宅

| トラックバック(0)

SM3_0091.JPG

一昨日から降った雪が積もり雪化粧をした街。10〜15cmほど積雪しました。釜石市内の仮設住宅ではあちこちでカマクラを作る子供たちの姿が。

「毎年雪は積もっても1センチくらいなんだ。今年はすごく珍しい!」と、年少さん、1年、3年、6年生の男の子たちが入り交じり雪かきスコップで山のように雪を積んで、穴堀り。

SM3_0213_2.JPG SM3_0254_2.JPG

女の子たちはカマクラの前でおままごと。写真撮って〜!とハイポーズ。
雪は子供たちのために降るのかな!? みんなそれぞれ楽しそうでした。

▲ページのトップ

SM3_9830.JPG

大槌町吉里吉里の仮設食堂「よってったんせえ」を営む"マリンマザーズきりきり"のお母さん方から、廃油約40リッターを頂きました。この廃油は何に使われていたのかというと「わかめかりんとう」を揚げた油。廃油は1か月に10リッターくらい出るそうです。

以前、吉里吉里の福祉施設や保育園へ支援に伺った時のことを「バイオさん!」の名称で覚えていてくださり、コツコツと廃油をためておいてくれていたのだそうです。とてもきれいな状態の油、ありがとうございます!

SM3_9819.JPG SM3_9837_2.JPG

こちらの「よってったんせえ(寄っていってください!)」は、漁家の女性6名がきりもりするお店。昨年8/19に、ここ大槌町の復興店舗第一号として開店しました。

小さな食堂の中はアットホームで元気いっぱい!生活再建の第一歩として、地域活性として、そして多くの人に立ち寄ってもらえるようにこの名をつけたそうです。

SM3_9845.JPG SM3_9842_3.JPG

↑ランチに「鮭子(おやこ)焼きそば」を注文。なんと麺が緑色!わかめが練り込んであるそうで、モッチモチで美味しい。他にもメニューはらーめん、牛丼、カレーライスなどなど。3月15日からは旬の採れたてわかめを使った「ばぁーらーわかめ三昧定食」も登場するそうですよ、楽しみですね。

気になる「わかめかりんとう」は、こちらの厨房でひとつづつ丁寧に揚げられています。「すっごく堅いから割って食べてね」と言われた言葉通り、割って食べると...ついついクセになるお味です。食堂で購入できますよ。


SM3_9855_4.JPG SM3_9866_3.JPG

↑ 緑色のウッドデッキが「よってったんせえ」。夏〜秋にはオープンデッキですが、冬になり暖かい環境でご飯が食べられるようにハウス型になりました。
お店から出れば、津波の傷跡が残る街の風景。今は遠くまで見通せますが、残る建物の基礎がかつての街並みを思わせます。

「よってったんせえ」では、今日もお母さんたちが忙しそうに腕をふるっています。
場所は堤乳幼児保育園の坂の下、月曜定休、11〜15時営業です。みなさんよってったんせえ〜!

▲ページのトップ

2/22 今日の釜石

| トラックバック(0)

SM3_9744.JPG SM3_9747.JPG

今日の釜石のマチ。
メインロードを走れば、解体されるのでしょう、建物のまわりにネットがはられ、足場の組まれた建物の姿があちらこちらで見られます。

SM3_9761.JPG SM3_9764.JPG

道路の舗装工事もあちらこちらで行われています。
この後、大槌町や山田町まで走りましたが、国道45号線もあちらこちらで工事中。片側通行で少々渋滞がおきているところもありました。

▲ページのトップ

SM3_9735.JPG

国道45号線の菜の花の花壇に、看板を増やしました。

元々看板を建てているのですが、ここは長い花壇なので看板が見えない場所はまったく見えず。道路工事や建物建設のためにトラックも行き交うため、増やすことに。

SM3_9721.JPG SM3_9728.JPG


片岸の地元の方にもお手伝い頂きました。
大工仕事がお得意とあって、さすが速い!!! ありがとうございました。
菜の花が元気に咲きますように。

▲ページのトップ

2/21 仮設住宅訪問

| トラックバック(0)

2012-02-21 11.50.33.jpg 2012-02-21 11.41.21.jpg

仮設住宅を訪問。
あの時のこと、数ヶ月前のこと、最近のこと、色々とお話をお伺いしました。
そのことはまた記しますね。

「おもち焼いてあげるからね〜」と出して頂いたのが、これ。
うるち米を使った"きりせんそ"というそうで、ご友人が作った評判のきりせんそなんだそうです。甘いおもちのお菓子みたいですっごく美味しい!

こちらからおじゃましているのに、いつもこうして美味しいものを頂いてしまいます。
そのたびに、この土地の家庭の味や故郷の料理というかけがえのない豊かさに触れるのです。

▲ページのトップ

SM3_9663_7.JPG

山田町長崎の花壇。
ここは私たちが行う【菜の花大地復興プロジェクト】として
9月にたくさんのボランティアさんの手をお借りして、花壇を修復、瓦礫を撤去、土と有機肥料を投入し、手作業で花壇を復活。(その時のブログはコチラコチラもコチラも

10/2に地元の方々と共にナタネ播きを行いました。(その際のブログはコチラコチラも

この道は1階部分が水没したものの、家の形が残り住民がそのまま居住を続けているエリア。そして子供たちの通学路でもあるのです。そのためより安全で明るい町づくりのお手伝いができればと行ったのでした。

その後、下の写真(12月に撮影)のようにすくすくと順調に育っていましたが、道路と縁石の工事が入り、やむなくこのようにひっくり返ってしまいました。


SM1N9403_2.JPGのサムネール画像 SM1N9410.JPGのサムネール画像

工事は片側のみ。なぜ工事を行っているのかというと、震災の影響で道路が陥没してしまったため(下左写真の矢印の部分)、道路の舗装工事を行わなければならず、その道路に続いている花壇の縁石も修復が必要とのことです。

花壇では、縁石をひとつひとつきれいに並べてセメントを流す工事現場の方の姿がありました。こうして被災地では様々なところで道路工事や基礎を壊すなどの工事が続けられています。現場のみなさま、寒い中ご苦労さまです。


SM3_9670_2.JPG SM3_9570_2.JPG

この花壇、元々行政側からは「いつになるかわからないが、工事が入った場合は花壇が壊れることもある」とアナウンスをされていましたから仕方ないのですが......
もちろん救えるものは救ってやりたい。何とかしなければ。

SM3_9655_2.JPG

現在、菜の花は茶色く枯れているように見えますが、寒さの中で冬眠中。こうしてじっと我慢して春をまって、温かくなったら芽を出して伸びていくのです。
眠っていた菜の花もいきなりひっくり返ってびっくりしたことでしょう。

SM3_9519_2.JPG SM3_9524_2.JPG

取り急ぎ、根っこの出た個体は、根が凍ってしまったら死んでしまうので急いで救出。

しかしどうやってレスキューを進めていこうか...。
工事の進み具合とも息を合わせていかなければなりません。

菜の花の具合を見ながらここで作業をしていると「菜の花とても楽しみにしていたの、残念だわ」と地元の方から声を頂きました。また「じつはたまに来て花壇のお手入れをしていたのよ」と見守ってくれていた地元の方もいらっしゃいます。

菜の花レスキューにはマンパワーが必要なので、今後、レスキューボランティアを募集する予定です。無事にひと株でも助けて、春にはこの通学路にきれいな菜の花が咲きますように。皆さんぜひご協力をお願いします。

▲ページのトップ

BDA19632.JPG

昨年12月1日にプレオープン、12月3日に本格オープンした「おおふなと夢商店街」へやってきました。こちらは中小企業基盤整備機構の仮設施設整備事業(無償貸与)による無償貸与の複合店舗。駅周辺で被災した商店街のお店を中心に、計31店舗がこの仮設商店街に集合してがんばっています。場所は大船渡駅の裏側。看板がよく目立ちます。

こちらの商店街、通路の足下はウッドデッキになっています。支援団体からの寄付なのだそうですが、木が敷かれていると気持ちがいいですね。さすがに今は極寒の夕方のため出歩く人の姿もまばらですが、歩きやすいですし、植物を囲むベンチなどで休むこともできます。つくづく木の温もりはなくてはならないものだと実感するばかりです。
BDA19644.JPG BDA19645.JPG

髪が伸びっぱなしだったので床屋さん「バーバーミノル」さんに立ち寄ってみました。
閉店もぎりぎりの時間でしたが、快く出迎えてくれました。

BDA19657_2.JPG BDA19662.JPG

これがもうすばらしかった!顔の隅々までカット、さらにマッサージ付きで至れり尽くせり!ここン十年そんな心のこもった癒される床屋さんへは行ってなかったので感動しっぱなしでした。何にしても速さが求められる時代だけど、こうして手間をかけることは心を豊かにしてくれるものです。

「バーバーミノル」は、昭和40年にオープンしてから親子で守り続けている美容院。"ミノル"はこちらのお父さんのお名前なんだそうです。「被災してぜんぶ流されました。悔しいですよ...」とお父さん。震災当時は「ミノルさんが散歩中に湧き水の出る場所を見つけていたので、水に関しては助かった」のだそうです。「長年使っていた手になじんでいる道具がなくなったのが本当にショック、お金で買えないですからね...」と娘さんが静かに語ってくれました。


外はもう真っ暗になり、いつの間にか周囲のお店から灯りも消え始めていました。お客さんは僕だけ。ウトウトした意識の中で、はさみとラジオの音がそっと聞こえてきます。


▲ページのトップ

2/9 極寒中の菜の花 @ 陸前高田

| トラックバック(0)

【菜の花大地復興プロジェクト】
寒さの中、菜の花がどのような状態にあるか、見回りと観察です。

◆陸前高田 下矢作の菜の花

ここは内陸の地域。沿岸部より雪が多く気温も2〜3℃低いため、菜の花は雪の下で眠っています。


BDA19567.JPG


BDA19572.JPG BDA19575.JPG


◆陸前高田 竹駒町滝の里

こちらは先日の雪の名残がちらほら。他は雪ではなく、水が凍った状態に。菜の花の葉っぱが氷の中に透けて見えます。外気温によって溶けたり凍ったりする状態、過酷ですね。

↓スーパーMAIYA
BDA19577.JPG BDA19579.JPG


↓スーパーMAIYA近くの農地
BDA19615.JPG BDA19608.JPG

KS0N9547.JPG

▲ページのトップ

BDA19523.JPG

釜石市の栗林周辺で活動を続ける「NPOねおす」さん、鵜住居や根浜の地元のお父さんやお母さんとともに仮設住宅内にて夕食をご一緒させて頂きました。

カンパ〜イッ! と食卓にあがった料理、なんと地元お母さんの手料理です。


BDA19515.JPG

↑ こちらはお母さんたちが「海鮮漬け」です。ものすごくきれいで美味しい!
地元の海のものと、山のものを手で丁寧にお漬け物にした、まさに「地元を頂く」ひと品。東京の岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」でもすぐに売り切れてしまう幻のお漬物なんです。

BDA19508.JPG BDA19525.JPG

「これはうちで作った "手前味噌"なの」という手作り味噌もおいしい! 昔からこうして味噌も手作りするのが普通だったこの地域。家庭それぞれの味噌の味、おふくろの味があるのです。

「化学調味料は一切つかっていないの」という、味がじっくりしみたおでん。こんぶは地元の海でとれたものです。こちらもほんとに美味しかった。

BDA19534.JPG BDA19545.JPG

レディース軍団はここでいいの!と台所の前で話し込んで座りながら、ご飯のお世話をするお母さんたち。頬を赤らめたお父さんたちも賑やかに盛り上がります。

地域のゆるがない繋がり、僕らを温かく迎えてくれる懐の深さ。人間の強さといちばん大切なもの。そんなものにふれられた夜でした。美味しいごちそう、すてきな時間をどうもありがとう!

外にでると、満点の星空が輝いていました。

▲ページのトップ

「津波で公園や空き地には仮設住宅が建ち、子供たちの遊ぶ場所が減ってしまったので公園を作りたい。それもプラスチックではなく、木材を生かした公園を作りたい」

そんな釜石地元住む創作郷土料理屋「コスモス」さんの声を実現すべく、僕らが木材を調達したのは11月のこと。

陸前高田で高台に家を作るため切り倒した木材のいき場所がなくて困っていたので、相互ニーズを繋ぎ合わせてトラックで運んだのでした ↓(ブログはコチラ

SM1N9788.JPG

SM1N9729.JPG SM1N9760.JPG


......そして、現在。
↓「コスモス」さんのところで作られている公園は......なんとこれ!

BDA19506.JPG

すごいぞ〜。釜石保育園の給食室を作った大工のフィルとよしろうさん、長野の大工みちくんや仲間たちが、あの木材を使ってこんなに楽しい自然の公園を作り上げています。ジャイアントウッドくんが頭にかぶっているのは......鉄のオカマだ!

BDA19501.JPG

アースバッグを使ったプチハウスもいい感じだね。

現在、冬のため一時お休み。完成まで、まだ少し時間がかかりそうです。
楽しみですね!

▲ページのトップ

滋賀県からBDF支援 ありがとう!!

| トラックバック(0)

BDA19481.JPG

滋賀県のNPO「愛のまちエコ倶楽部」さんから、廃てんぷら油から精製したバイオディーゼル燃料(BDF)が届きました!!

僕たちはBDFを精製しながら支援活動をしていますが、支援活動にかかる1日の移動距離は長く、200〜300km走ることも珍しくありません。精製作業が追いつかないため後方支援をご協力頂きました。

「愛のまちエコ倶楽部」さんからは、震災直後からこうしてBDF燃料の後方支援を頂いています。とてもクオリティの高い燃料で、ここ東北の寒冷地でも凍ることもありません。

支援のための燃料として、大切に、大切に、使わせて頂きます!!
いつも本当にありがとうございます!!


BDA19470.JPG BDA19452.JPG

ドラム缶を運んできた宅急便は2トントラック。雪道、しかも細い道をようやく入ってきてくれたのですが、それもここまで。ここから先、100m先まで人間の手で運びます。

普段は土の上を転がして運ぶのですが......
「うぉぉりゃ〜〜!」... ツルッ...「なぬ〜〜!」...ツルッ...「どぅぉぉ〜!」...

雪で道が凍結しているため、ドラム缶もツルンツルンこれが滑る滑る。まったく進まない!宅配便のお兄さんと一緒に、男二人で必死で格闘しました。

BDA19462.JPG BDA19468.JPG

「そうだ!前をスコップにのせてみよう」とやってみたら、ちょっといい感じ。
こうして続けること1時間。汗だくになりながら、ようやく落ち着く場所にもってこられたのでした。

ホッ。お兄さん、ありがとうございまさす、ご苦労様でした。

BDA19473.JPG BDA19478.JPG

無事に置かれたドラム缶。斜めになった陽の光に浮き上がるように見えるのは「愛のまちエコ倶楽部」の皆さんが描いてくれた手描きのメッセージ。かわいらしい菜の花の絵も描かれていました。ひとつひとつの言葉に、繋がりを感じ、元気と勇気をもらえるとは、まさにこのことなのだなあと想い、感激でいっぱいでした。

こうして環境にやさしいエネルギーBDFを通じて、手と手をとりあう支援の輪が広がっています。

NPO「愛のまちエコ倶楽部」さんは、"エネルギーと食の自給" に通じる地域づくりのプロジェクトを行っています。例えば"里守隊"として「自分達が住むまちの里山を守りたい!」「子供たちが遊べる明るい森を取り戻したい!」そんな思いの人たちが集まり、月に1度、山や森の整備作業をしています。自分たちの手で地域を楽しく元気にしていくこのような地道な活動は、今まさに必要とされていることにちがいありませんね。

▲ページのトップ

BDA19392.JPG BDA19429.JPG

昨年12月からプレハブでオープンした、釜石市の飲み屋街「呑ん兵衛横丁」。
今日もあかりがともり、のれんをくぐる地元のお客さんの姿が見られました。

BDA19398.JPG BDA19409.JPG

この横丁は昭和30年代前半に誕生しました。
戦争で家族や夫をなくし、屋台を経営して暮らしていた女性たちが、市の中心部にあった水路上にふたをして長屋を建ててはじめたのがきっかけと言われるそうです。

しかし津波ですべてのお店、全26店が流されましたが、約15件がこの仮設店舗でオープン。まだ開店準備の真っ最中のお店もありました。窓からもれるあたたか〜いあかりと匂いにそそられます!

場所は、JR釜石駅から西へ徒歩2分、駅からすぐ近く。
市教育センターの隣の広場、マイヤやケーズデンキの道をはさんで向かい側にありますよ。


▲ページのトップ

Look Up the Sky!!

| トラックバック(0)

SM3_9227.JPG

▲ページのトップ

吹雪で前が見えない!

| トラックバック(0)

BDA19374.JPG

BDA19368.JPG BDA19372.JPG BDA19377.JPG BDA19383.JPG

▲ページのトップ

夜間走行前の腹ごしらえ

| トラックバック(0)

BDA19355.JPG

BDA19353.JPG BDA19363.JPG BDA19364.JPG BDA19361.JPG

▲ページのトップ

東北の寒さ対策

| トラックバック(0)

BDA10764.JPG

BDA10772.JPG BDA10773.JPG

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電