ありがとう稲刈り @ しょうちゃん自然農園

| トラックバック(0)

BDA18234.JPG

車窓から美しい黄金の絨毯が見られる季節になりました。
エンジンをとめれば「シャララ、シャララ」と稲がゆれる優しい音がそっと聞こえてきます。

長らく僕らの食事と宿を提供し
後方支援を行ってくれていた「しょうちゃんのやえはた自然農園」でも
稲刈りシーズン最盛期!

僕らも春に田植えをお手伝いさせて頂いたので
この季節をとても楽しみにしていました。

さらに少しでも戦力になるべくお伺い......のはずが、
こちらも支援プロジェクトでばたばたしていたためタイミングわずかに遅く。
逆に、僕らの刈る分を一区画とっておいてくれたのです(笑)

BDA18232.JPG BDA18190_2.JPG

しょうちゃん(上左)にいちばんスムーズな刈り方、結び方を教えてもらいました。

「トラクターだとわからないんだけどね、しゃがむと......ほらカエル! 虫さんもたくさんいるし、土の香りもするでしょう」としょうちゃん。

本当にそうですね。大地の香り、風の音に触れていると
" 雑草も虫もみんなともだち " 共に生きているのだと実感がわいてきます。

今日は支援初期の頃に皆勤でお手伝いしてくれていた道原さんも(下右)
帽子がよく似合ってますね〜!

BDA18210.JPG BDA18240.JPG BDA18198.JPG BDA18255.JPG

刈り取った稲の束をもつと、シャラシャラと音が聞こえてきます。
モミの中に隠れたお米ひと粒ごとの重みが、手にしっかり伝わってきます。

BDA18265.JPG BDA18284_2.JPG

僕らが支援を始めた震災直後は、まだレストランもスーパーもあいていませんでした。
こうして皆の手で丹精こめて作られたお米で、毎日のようにお弁当のおにぎりと夕食を作ってもらい、それを糧に僕らは支援を続けることができたのです。
そのあたたかい味は、決して忘れません。


BDA18288.JPG

しょうちゃんファミリーの皆さん、支えてくれている皆さん
本当にありがとうございます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2071

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電