バイオディーゼル発電で、ありがとうコンサート

| トラックバック(0)

BDA17518.JPG

じつは、外ステージの電力は、
廃てんぷら油から精製した「バイオディーゼル燃料(BDF)100%」を使用して発電しました。

このエメラルドブルー色の箱のようなものが、
ヤンマー製のバイオディーゼル燃料対応がされた、ディーゼル発電機です。

なんと1mまで近づいても、音がほとんど聞こえない!!
排気口から出る排気ガスもほとんど無色透明で、これまたビックリ。
これには皆さん目を丸くして驚かれていました。

今回使用したBDFは、今まで楽器支援の運送に使用してきたものと
まったく同じ燃料です。

震災後、私のようなBDFで走るバイオディーゼルカーや、廃てんぷら油をそのまま燃料とする車で、すでに4万キロ以上走行して支援活動を続けてきました。

支援活動の最中では、燃料となる捨てる廃てんぷら油(植物油)は、避難所へ物資を届けた際に、避難所のご厚意で頂くことができました。また、私のバイオディーゼルカー"バスコファイブ号"で燃料の精製が間に合わない際には、全国からBDFの後方支援を送って頂くことができました。


今回は「今だからこそ、すばらしい演奏を、地球にやさしい燃料で皆さんに届けたい」
そんな実行委員会と私たちの願いがかない、とてもうれしく思います。

発電機を迅速な対応でご協力頂きました「ヤンマー(株)」の皆様、
そしてご協力を頂きました皆様へ、心から感謝申し上げます。


BDA17531.JPG BDA17529.JPG BDA17519.JPG KS0N7343.JPG BDA17544.JPG

.....................................................................................................................

【楽器を被災地へ贈ろうプロジェクト】で、わずか2日前にお届けした
カホン(左)とエレアコ(右)。今日のステージに間に合ってよかった!

こうして全国の方々にご協力頂いた楽器に、魂が吹き込まれ
地域のみんなで生演奏を楽しむことができました。


BDA17625.JPG BDA17575.JPG
DSC_3980.JPG KS0N7373.JPG KS0N7262.JPG DSC_3928.JPG KS0N7390.JPG KS0N7246.JPG

今回のコンサートで出演したミュージシャンは、高校生から70歳オーバーまで!
ジャンルは伝統芸能あり、ロックあり、ジャズあり、カントリーあり......とじつに多彩でした。

ラップなうたにノリノリのおばさまたち。
我が子の演奏を見守るご家族の皆さん。手話とうたに涙する仲間たち......

音楽に年齢やジャンルの垣根なんてありません。
豪華なステージや装飾がなくたって、
音楽は皆の気持ちをひとつにしてくれるものなんですね。

何より、被災者自身が立ち上がり、ここまですばらしいコンサートを実現できたこと。
「音楽で繋がる地域の力」を肌で感じた一日でした。


BDA17500.JPG

現在まで【楽器を被災地へ贈るプロジェクト】にて、楽器をご支援頂いた皆さま
本当にありがとうございました。

今後もまだ楽器を必要としている被災地の皆さまへ、
引き続きお届けしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

BDA17364.JPG BDA17378.JPG BDA17386.JPG BDA17394.JPG BDA17391.JPG BDA17615.JPG BDA17630.JPG BDA17634.JPG BDA17650.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/2061

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電