高校生バンドにドラム&エレキを贈呈

| トラックバック(0)

KS0N3553.JPG << 支援楽器を受け取り、再スタートをきった高校生バンド「てりごし」(右からボーカル佐々木さん、ギター&リーダーやぎ君、ドラム村井君、ベース三浦くん)

「楽器を被災地へ贈るプロジェクト」
今日は釜石の高校生バンド "てりごし" に新品ドラムとギターをお届けです!

場所は1階部分の天井まで浸水し、被害を受けた釜石沿岸の市街地。
ビルの2Fに設けられた練習スペースに向かいました。

狭い階段に苦労しながら何とか2Fまで運び込み、
いよいよ箱をあけていくと......なんと新品のドラムセットが!!

「スッゲー!!」「ヤバイ!!」「感動で言葉もない」とてりごしメンバー大喜び!!

KS0N3459.JPG KS0N3466.JPG

今日は同じく釜石で活動する大人バンドの先輩も集まってくれました。
↑ 写真右は、地元ドラマーの木下さん。ポイントごとに丁寧に説明しながらテキパキと組み立てを手伝ってくれました。

組み立てていくと......「あれ!? 色が白と黒のパンダ色に!?」
今回用意したドラムは2セットあり、私たちは色の違うセットを間違えてお届けしてしまったのです。ありゃりゃ。でも目の前の生のドラムを触りたい!ということで、後日取り替えることにして、ひとまず今日は取り急ぎ組み立てることに。

KS0N3565.JPG KS0N3474.JPG


↑( 写真左)震災以来、約5か月ぶりにドラムに触れたドラム担当:村井くん。ドラム到着から演奏まで、照れながら終始ずっとニコニコで本当に嬉しそうでした。

↑(写真右)「グッグッ、グレコやないか〜!! やばい超カッコエエ〜!! 」ギター担当のリーダーやぎ君は、クリームホワイトカラーのギターに大興奮。やぎ君は貯金をしてようやく買ったばかりのギターを、津波で流されてしまったのだそうです。


KS0N3524.JPG KS0N3567.JPG

組み立てが終わると、ちょっと照れくさそうにしている彼らに
「ホラッ、何でもいいから、なんかやり!」と大人たちが背中を押して、
いよいよ5か月ぶりの演奏を披露してくれました。

スティックを握ると、笑顔だった村井君が一変、真剣な表情に変わりました。
ビートに合わせて、ギター・ベース・ボーカルが加わっていきます。
「ズンズンジャ〜ン」とロックなリズムが響き渡りました。いいですね〜 ヨカッタヨカッタ!


KS0N3538.JPG KS0N3535.JPG

側では大人バンドの皆さんが、てりごしを微笑ましく見守っていました。
釜石・大槌では音楽を通じて、大人バンドが若手バンドを温かく支えています。
音楽を通じ世代を超えて育んできた繋がりを実感し、私たちもとても嬉しく思いました。


KS0N3527.JPG KS0N3533.JPG

さて今回支援した新品ドラム、私たちがどうやって手に入れたかというと......

じつはなかなか支援で頂けるドラムは集まりません。そこで集まった支援楽器の一部を売り、それを資金にして、新品を購入するに至りました。
それら一連の手続きや、販売店さんのご厚意もあり、このような支援が実現しました。

明日も大槌の大人バンドの皆さんへ、ドラムをお届けする予定です。


KS0N3582.JPG


本日お届けした模様のmovieはコチラです↓ ぜひご覧くださいね。

ご協力頂いた皆さん、ありがとうございます!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/1976

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電