3月18日 陸前高田市・矢作の現状

| トラックバック(0)

DSC_6078.JPG

「矢作コミュニティセンター」 で聞きました。

矢作(やはぎ)周辺は、内陸で津波の被害は受けていない。
そのため、家を津波で無くしてしまった被災者を受け入れている家が多い。
多くて10名以上をひとつの家で受け入れているところもある。
そういった「声なき被災者」たちは、矢作において18日夜の段階で50名以上いることが確認されいている。

だが、震災から1週間。そろそろ食料も尽きてきたり不便も出てくる。

そこで、矢作周辺の地区部長さんたちを中心に、どの家に、どれだけの人数の被災者がいるのか。名前、住所などの聞き取り調査を行っているほか、どんなことに困っているのか、現在アンケートをとっている最中なのだそう。

陸前高田市にある災害本部との連絡をスムーズによるため
現在、連絡所を作成中。

「下矢作コミュニティセンター」がメインで、
ここ「矢作コミ」はそのバックアップとして存在。学校の先生が主に滞在。
150名分の炊き出しを行っている。衛生電話が一台アリ。
今日発電車によって、電気が復旧した(しかしいつとまるかわからない)


【必要なもの】
基本的に農家なので、お米はある。とにかくガソリンがほしいとのこと。

・ガソリン
・灯油
・米はあるが、その他のおかず類がほしい
・野菜はとくに葉ものが不足
・2才の男の子のオムツ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/1626

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電