シャロム出発〜シャンティクティ

| トラックバック(0)

DSC_2867.JPG

今日はシャロムを出発する日。スタッフの皆さんとバスコファイブを囲んで森の中で記念撮影。僕らの車が見えなくなるまで手をふって送り出してくれた。

その後、向かったのは臼井さんが手がけるもうひとつの宿「シャンティクティ」へ。ここもまた臼井さんの知恵とアイディアがふんだんに盛り込まれたすてきな宿だ。
「屋根に棚田を作っているんですよ。3日間かけて土を運んだんですが......豪雨で流されてしまいましたよ! ははは〜」と臼井さんは笑う。屋根の上に土を運んでお米を作ろうだなんて、なんとすごいパワーだ!

IMG_9825.JPG IMG_9831.JPG IMG_9847.JPG IMG_9856.JPG IMG_9859.JPG

「これ、すごいんですからアジアで広めてくださいよ!」と見せてくれたのは、お米のもみ殻で炊けるお手製のご飯炊き機。これももちろん廃材のペール缶で作られたものだ。さらに、木の温もりにあふれるすてきな建物には、エコ冷蔵庫、コンポストトイレや、もみ殻ストーブ、ひとつで何役も担うかまど、ティピからヒントを得た温室などなど......。敷地内には、お金を使うのではなく、知恵を使ったクリエイティブな道具の数々が満載で、楽しいこと!

IMG_9804.JPG IMG_9871.JPG IMG_9879.JPG

ひとつひとつ丁寧に案内してくれる臼井さん。その愉快でパワフルな人柄もとっても魅力的。だからこそ多くのゲストがまた来たいなあと心から思うのだなあと関心してしまった。

臼井さん、スタッフの皆さん、温かいおもてなしとたくさんの廃油を、本当にありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/1280

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電