大町市の「NPO地域づくり工房」訪問

| トラックバック(0)

IMG_9913.JPG

臼井さんと分かれて、松本周辺のカモシカスポーツへ、注文していたキャンプ道具をとりに行く。その後、のんちゃんと再会した。のんちゃんとは日本一周を初めてから、各地で2度会っていて、これが3回目。今は長野に暮らしていて、案内をしてもらえることになったのだ。

まず向かったのは長野県・大町市の「NPO地域づくり工房」。市民のための仕事おこしなどに関して、積極的な活動を続けている市民団体。環境カウンセラーでもあるスタッフの太谷さんとは、昨年の講演でもお会いしていたのだった。

IMG_9900.JPG DSC_2985.JPG

このNPOではスキー場跡地に菜の花を植えて美味しい「菜の花オイル」を作っている。さらに4年前から廃油を集めてBDFを精製、市のパッカー車に使用。そこで出る油カスは、地域ブランドの地鶏「信州黄金シャモ」に食べさせている。こうして資源を地域で循環させているという。今後は副産物であるグリセリンも堆肥化させる予定だそうだ。
商店街でのショッピングやイベントで使える地域通貨"アルペン"も導入するなど、地道な活動が評価されて、他地域の行政からも視察が来ることもあるそうだ。

DSC_2990.JPG DSC_2983.JPG

中でもとくに僕が興味深かったのは、水力発電についての取り組み「くるくるエコプロジェクト」。研究者である川上博さんを顧問に、らせん型の水車を研究。オール電化住宅と組み合わせた省エネ住宅で実験を重ねている。らせん型の水車であれば、ごみがつまってしまうトラブルもなく、低速回転なのでゆっくりでもパワーを受けることができるという。これは近々ぜひとも見てみたい!

BDFを担当している中村さんの案内で、精製場を見せて頂くことに。NPOの施設から車で10分ほど走ると、一斗缶の積まれた小屋に辿り着いた。......と、隣を見ると、何やらとってもすてきな家が! 大きな窓、天井にある木の梁、玄関にあるチェーンソーアート......などなど、僕らはひと目で釘付けになってしまった!
聞けばここは中村さんのお家で、ご自身は建築士。自らデザインを手がけたのだそう。僕らは図々しくもカメラを片手に家の中へ......。とってもすてきな家に、感激してしまった。

DSC_3028.JPG DSC_3016.JPG IMG_9915.JPG IMG_9919.JPG IMG_9920.JPG DSC_3046.JPG

BDFの精製場は、その中村さん宅のすぐ隣にあった。機械はセベックのもので、100リッターを一度に精製できる。中村さん自身がアーティスト性のある方で、一斗缶の積まれた建物は、不思議な雰囲気を醸し出していた。工場というのは、作る人がそのまま現れるものだなあ、としみじみ。中村さんはBDFに関して、色々と疑問があると言って、悩んでいる様子だった。思考錯誤されているようだが、聞くとできあがったBDFを検査に出していないので水分が多いのか、グリセリンが多いのか、わからないので次の手が打てないということ、BDFの温度が下がると白いラードのようなものが沈殿するようなので、遠心分離器などを使った丁寧な前処理が必要ではないか、などいろいろ話をさせていただいた。

DSC_3159.JPG DSC_3154.JPG

中村さん、すばらしいBDFをこれからも作り続けてくださいね。応援しています。NPO地域づくり工房の皆さん、快くお話を聞かせて頂いて、ありがとうございました。次回またお話を聞かせてください、そして水車もぜひ拝見させてください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://space.rgr.jp/mt/mt-tb.cgi/1281

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電