2010年7月アーカイブ

さらに自然の高みへ

| トラックバック(0)

DSC_1061.JPG


DSC_0918.JPG DSC_0929.JPG DSC_0902.JPG DSC_0900.JPG

DSC_0942.JPG DSC_0943.JPG IMG_9717.JPG IMG_9743.JPG

▲ページのトップ

穂高散策

| トラックバック(0)

DSC_0635.JPG


DSC_0746.JPG DSC_0707.JPG DSC_0692.JPG DSC_0764.JPG DSC_0654.JPG DSC_0613.JPG

▲ページのトップ

地球を感じる--歩く・走る

| トラックバック(0)

DSC_0560sb.JPG

IMG_9665.JPG DSC_0623.JPG DSC_1196.JPG DSC_1241.JPG

▲ページのトップ

神が降りる地〜上高地

| トラックバック(0)

DSC_0416.JPG


DSC_0397.JPG DSC_0398.JPG DSC_0404.JPG DSC_0441.JPG IMG_9627.JPG IMG_9634.JPG

▲ページのトップ

長野のおいしい空気

| トラックバック(0)

DSC_1248sc.JPG

長野に入り、町から山へと向かった。これから北アルプスを登るのだ。この旅は、廃油を集めて走るだけではなくて、地球を感じる旅でもある。

そもそもこのプロジェクトを始めるきっかけは、気持ちのいい生き方をしたいと考えたことからだ。普段の生活、着るもの、食べる事、使用するエネルギーについて調べ始め、今に至るというわけだ。

DSC_1271.JPG DSC_1303.JPG DSC_0497.JPG DSC_0763.JPG


未来の生活を考える上で技術や能力だけを追求するというより、バランスのとれた効率のいいシンプルな生き方をサポートしてくれる資源や技術はなにか、を考えていかないと余分なものや過剰なものができてしまう。まずは、できるだけ自然の力を借りて、自然と人間がストレスのない生き方、活かし合う生き方をさぐりたいと思っている。

それには自然に触れ、都会にも身を寄せ、バランスをとって旅をすることでどんなライフスタイルがいいのか、どんなことができるのか、それを探っていこうというのがこの旅のもう一つの目的でもあるんだ。

だから山に登ったり、海に潜ったり。自然と街をつなぐようにして旅は進んでいくわけだ。


う〜ん。

山に入ると空気がおいしーい。

テントでシンプルな生活も気持ちがいい。

▲ページのトップ

エネルギーを自給自足

| トラックバック(0)

IMG_2982.jpg

使い古した天ぷら油を使って車の燃料を作りながら日本を走り続けていると、生活するためのエネルギーや食料も自給自足してみたいと考えるようになってきた。旅先でエネルギーや食料を実際に自分で作りだしたり、ゴミをリサイクルして有効利用している人達に会ってみると、近い将来「出るゴミがゼロ」「かかる費用もゼロ」「エネルギーは自給自足」という生き方は可能かもしれないと思うようになってきた。


バイオディーゼルアドベンチャーの旅中、面白いエネルギー利用について知る機会が沢山あった。中でもバイオディーゼル燃料を通して出会う人々は、環境問題やエネルギー問題への関心が非常に高く、彼らのライフスタイルを見てみると、生ゴミや間伐材、家畜の糞尿などからできるバイオマスを「バイオ燃料」として再利用し、環境に負担をかけず、さらにコストも安く押さえて生活しているのだ。今まで不要なもの=ゴミとして捨てられていたバイオマスは、ガスや電気、暖房などの資源となるわけだ。驚くことに、うまく利用するとお金を生み出してしまうのだ。さまざまな環境を利用してそれぞれの方法で自給自足する試みが各地で広まってきている。

IMG_0427.jpg IMG_1065.jpg
太陽光を利用したソーラー発電↑         バイオディーゼルプラントで車の燃料を作る↑


ある農家では、「生活費のかからない "夢のゼロ円生活" 」を実現していた。例えば、自宅や農場で使うガスや電気は、生ゴミを発酵させてできるメタンガスや太陽光パネルから作る。農業機械やトラックの燃料として、廃食油からできる自家製バイオディーゼル燃料を使い、そこから出る副産物のグリセリンでお風呂などを沸かす。生きるために必要不可欠な水は、雨水や井戸を利用していた。普段の食料は自宅でできた農作物で自給自足。さらに余った電力は電力会社に売電をしているから、電気はただどころか収入源にもなっている、というわけだ。

日本各地で、廃棄物を有効利用した地産地消のエネルギーでお金を生み出す、そんな試みがされているのをこの目で視てきた。これらは無駄が無いだけでなく、二酸化炭素の排出量も減らせるため、地球温暖化による気候変動への影響を最小限にできるひとつの方法にもなっている。

また、間伐材を利用した薪ストーブを利用する、つまり"薪"を使うことが、森の再生につながることをご存知だろうか。森は計画的に伐採と植樹をすることで、いい状態に保たれ、薪という持続的なエネルギーが作られる。さらに薪ストーブを使うことで「どんな薪がストーブに向いているんだろう?」「どうしたら良く薪が燃えるんだろう?」などと考えるようになり、薪の生まれた森や山など自然についても思い巡らすようになる。
ストーブに薪をくべ、お湯を沸かしながら、ゆらゆらと揺れる火を愉しむ。ゆったりとした時間が生活の中に入ることで、やがて心の余裕が芽生えてくる。早さや効率だけを追求するのではなく、そのエネルギーを作ったり、加工する過程も楽しむことが生活の豊かさに繋がっていくのではないだろうか。


IMG_1665.jpg IMG_1161c.jpg
森を再生する薪ストーブ↑              生ゴミをバイオガスとして再利用する↑


これからの時代は、人間からみた必要なもの、必要のないもの(ゴミ)という考えを改め、「存在するすべてのものに不要なものはない」というところに意識を向け、活かし合うということ。そして食料やエネルギーに対して自分の手をかけることの喜び。そんな豊かさを感じられる生き方が必要になっているのではないかと思う。近い将来、電気やガスといったエネルギーを自ら楽しんで作り、食料も自宅の畑から自給する......そんな家やコミュニティもさらに増えてくるに違いない。
さて、この旅が終わったら僕も土地をみつけて自給自足する生活にトライしてみたくなってきた。

■ 「バイオマス」:家畜排せつ物や生ゴミ、木くずなどの動植物から生まれた再生可能な有機性資源のこと。

▲ページのトップ

DYN_2200s.jpg

◆バイオディーゼルアドベンチャーのオリジナルTシャツを販売開始しました。売り上げはプロジェクトの活動資金になります◆

アウトドアウェアのコロンビアスポーツウェアが、Tシャツとエコバックのサポートグッズを今年も協賛してくださいました。コロンビアスポーツウェアには、2007年のパリダカールラリー出場の際のチームウェア、2008年の地球一周、さらに2009年の日本一周にもウェアをご協力いただきました。昨年は、そのサポートグッズを各地で販売、さらにweb販売を通じて、このプロジェクトの活動費として使わせていただきました。


DYN_2149s.jpg DYN_2185s.jpg
吸湿速乾性に優れ、清涼感のあるワッフル調の組織です。消臭縫製糸を使用し、不快なニオイをカット。

今年度のTシャツ&エコバックは新しいモデルです! 数量限定でさらにカッコよくなりました。内側が汗でべとつかずサラサラなのと、通気性があるのでとても涼しくて重宝しています。
なお、今年の活動を支える収入源はこのサポートグッズのみとなります。ぜひ、活動のご協力をお願いします。(写真のモデルは、このバスコファイブの整備をサポートしてくれる岡見メカニックとその奥さまです)

このTシャツ本体価格4,830円ですが、バイオディーゼルアドベンチャーのロゴプリントを施しているので、およそ5,000円相当のTシャツです。このwebから申し込んでいただけると4,500円で購入できます。問い合わせ先は、contact@biodieseladventure.comまで。

■価 格:4,500円 (送料別)
■カラー:2色(グリーン、オレンジ)
■サイズ:XL/L/M/S/XS(数に限りがあります)

....................................................................................................
....................................................................................................

◆オーガニックコットンTシャツ&NEW エコバックも販売しています◆
着心地の良いオーガニックコットンTシャツは、残りわずか20着ほどです。L,M,S,と今のところいずれのサイズもあります。また、エコバックは完全リニューアルしました。ちょっとした買い物や小物を入れて移動するときも重宝しています。

BDA_8994ss.jpg IMG_9565s.jpg

●オーガニックコットンTシャツ
価格:3,000円(←定価4000円)(送料別)
サイズ: S/M/L

●エコバック
価格:1,000円 (送料別)

※いずれも送料は別料金とさせていただきます。

....................................................................................................

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電