2009年6月アーカイブ

トカシキ島の生活

| トラックバック(0)

IMG_0394.JPG

島には素敵な砂浜と海がすぐそこにあった。せっかく来たのに海に入らない手はない!

本当なら1週間ほど、ここで羽を伸ばして農作業の手伝いをしたり、
海に行ったりしたいものだ・・。

IMG_0404x.JPG IMG_0407.JPG IMG_0412.JPG IMG_0418y.JPG IMG_0421.JPG IMG_0420.JPG

町の公民館で「バイオディーゼル燃料を使って世界一周」の様子を写真を交えて報告させていただいた。急な告知だったにも関わらず、多くの方が集まってくれた。
話の最後に「もう一度このバイオディーゼルカーで世界一周するなら一緒に来たい人?」と聞いたら子供達よりもお母さん達の方が手をあげていたのが印象的だった。

ヨーロッパやアメリカでも、時々冗談で一緒に行きたい方はいますか〜?と聞くと男性や子供よりも主婦が圧倒的に多いのは、なぜなのだろう!?

「わらびや」の主であるチャリ(坂田)さんは、海で魚を捕ることや魚をさばくのはお手の物。また、半自給自足を目指して有機無農薬で米や麦、野菜を作ってしまうそんな生活力のあるたくましさがある。もちろん奥さんのアキコさんも、教員の免許を持ち、アウトドアスポーツ万能の2人は、高齢化が進む隣近所の手伝いや、島の小学生のために放課後、勉強をみるなど、島ではなくてはならない存在。
自分が子供だったら絶対このわらびやに来ちゃうだろうな。


「わらびや」では海や山では自然との付き合いを、島人からは伝統を学び、心も体もたくましく成長する、そんな場を目指しているという。また、過疎対策や不登校対策ではなく、「島で一年間暮らしたい」という意思のある子どもを受け入れている。

▲ページのトップ

離島留学noわらびや in 渡嘉敷島

| トラックバック(0)

IMG_0344.JPG

渡嘉敷島で山村留学「わらびや」を運営する坂田竜二とは、かなり古い知り合いだ。最初に会ったのは彼がアドベンチャーレーサーとしてレースに出場していた頃だっただろうか。タイで船作りをしたり、大抵の大工仕事はなんでもこなす器用な男だ。
世界中を旅してきて、日本に帰り彼が山村留学に携わっていることを聞いて最初不思議に思ったが、話を聞いていくうちに彼の考えが段々わかってきた。

IMG_0349.JPG IMG_0354.JPG IMG_0360.JPG IMG_0364.JPG IMG_0366.JPG IMG_0361.JPG


現在、「わらびや」には6名の子どもたちが生活している。

小6男(沖縄)、中1男(沖縄)、中1男(沖縄)、中1男(神奈川)、
中1女(和歌山)、中2女(沖縄)

みんなハキハキして元気がいい。彼らは親に勧められてというよりも、自分からここに来たいと言って親を説得して来る様な子達で、島での生活は積極的だ。ご飯の仕度や後片付けなど、わいわい話をしながら分担作業をこなしていく。う〜ん、一緒にいて気持ちがいい。

IMG_0372.JPG IMG_0374x.JPG IMG_0380.JPG IMG_0390.JPG

まずはバイオディーゼルカーに乗って島を案内してもらった。思ったよりも大きな島で農耕地もあり、大きな山もある、そして美しい川や海がある。ある意味、食料は自給自足しようと思えばなんとかできるし、ちょうどいいサイズで住み易い島だと思った。

今日は、毎日が修学旅行の様な「わらびや」に泊めていただく。ワクワク

▲ページのトップ

IMG_0316.JPG

今年で10回目を迎えるこのサバ二帆漕レースは、天候に恵まれベテラン「海想チーム」が午前11時38分(3時間38分かけて)に泊港にトップでゴールした。1時間あたりおよそ10kmを進んだことになる。女性クルーだけで構成される「女海想チーム」も見事3位を入賞、その実力をみせつけた。すごい!

我が新丸は5時間26分でゴールして32位だった。途中からメンバー交代でウェイク(櫂:かい)を握らせてもらったわけだが、真上から太陽が照らす中、ひたすら海の上で漕ぎ続ける体験は、強烈なものだった。かけ声に合わせて声を張り上げウェイクを漕ぐという体験はアドレナリンが出まくりだったのか、途中から至福感に満ちあふれ、もっと漕ぎ続けたいという気持ちが沸いた。心よくメンバーに入れてくれた新丸のクルー達は渡嘉敷島に住んでいるものの海人はその中の1人ぐらいで、その他のクルーは役場の職員だったり、ホテルの経営者だったりと、海の専門家ではなかった。また、仕事も忙しくメンバーが揃って練習したのも数回だという。経験のない僕をよくクルーにいれてくれたものだ。新丸の皆さん大変お世話になりました。

IMG_0314bb.JPG IMG_0318bb.JPG IMG_0310bb.JPG IMG_0313bb.JPG

表彰式は午後6時から「とまりん前広場」で行なわれた。昼過ぎにゴールしてホテルもとっていなかったので、この広場で昼寝をして時間をつぶす。みんな着替えてすっきりとした姿で広場に集まって来た。

電気やガソリンに頼らず自分の力で海を渡りきった満足感はなにものにも代え難いものがある。参加者達の顔は疲労感はあるものの皆明るい。表彰式のパーティではみなお互いを讃え合い、写真を撮り合ったり、笑い合ったりと楽しい時間が過ぎた。

IMG_0325.JPG IMG_0328.JPG IMG_0329.JPG IMG_0331.JPG

主催者の粋な計らいで表彰式会場にバスコファイブを置かせていただいた。食事がある程度終わったら興味のある者達がバスコファイブに集まって来た。さっそく、仕組みを説明したり、天ぷら油でどうやって走るのか、等々話に花が咲いた。

IMG_0336bb.JPG IMG_0341bb.JPG

左の写真は、左端が1981年から何度もダカールラリーに出場している内田正洋、右端はNOKチームのナビゲーターとして出場した経験を持つ斎藤淳。彼らとは砂の海で何度も会っているが、日本の海で3人が再び再会するとはほんとうに奇遇なことだ。右の写真はこのレースの主催者であり縁の下の力持ち。左からフォトウェーブの塩澤朋子さん、添畑薫さん、塩澤文彦さん、清水博文さん。みなさん大変お世話になりました。そして貴重な体験をありがとうございました。

▲ページのトップ

BDA_9332.JPG

僕は、サバニに乗るのはまったく初めて、レース経験もないままのぶっつけ本番だった。不安はあったものの、めったにないチャンスなので言われた右舷の真ん中の席に腰をおろし、舵を取るチャリさんのかけ声に合わせて、「フー・ハイ!」と声を張り上げ、ひたすら漕いだ。

漕いでいるうちに以前ラリーで骨折した左手首や右肩に激痛が走った。オールを漕ぐような腕の使い方をしたことがないため、古傷が痛み出したのだ。しかし、かけ声をかけながらオールを海に突き刺し、水を掻く行為は重労働だが、なんだかうれしい。100年以上も前からこのような船でポリネシアやアジアを行き来していた時代に思いを馳せ、海の男達の気持ちに触れた様な気がした。漕げば漕ぐほど気持ちがいいのだ。

BDA_9307x.JPG BDA_9358.JPG BDA_9376.JPG BDA_9401.JPG

なにか内側から力が沸いてくるものがある。もっと漕ぎたいというなにかがこみ上げてくる。そのうち痛みがどこかに行ってしまい、その単純な動作が心地よくなっていった。なんだかランニングハイに似ているような感じだ。

島から離れ外洋に出ると海の顔が一変する。波しぶきが体にかかり、風が体を駆け抜ける。クルーのかけ声が一つになり、一体感を感じ、潮風を感じる感覚は参加してみないとわからないものだ。すると段々と那覇の港が見えて来た。

やはりトップ集団の船は走りが違う。風をつかむ力、潮の流れを読み、普段から鍛えた漕力の一つ一つが重なり合い大きな力となる。ただ漕げば良いというものではないようだ。それに見ていて迫力があるし、クルーの顔が引き締まってカッコイイ。特に女海想チームの漕ぎは力強く美しいものがあった。(写真右上)サバニは奥が深いなぁ。

サバニについて聞いた話で関心したのは、この船は漁業だけでなく、遠くまで海を越えて移動できる力を持っていることだ。とくに構造上、転覆してもすぐにもとに復帰しやすい構造だったり、台風などで大波にあっても沈まない構造になっているところだ。波風が荒い時は逆に船の中に水を入れてある程度沈ませ、やり過ごし、必要なときには船の中の水を掻き出し、通常の状態に復帰させ漕ぎ続けることができるという柔軟で沈没しない構造になっているところだ。さらに帆の力と漕ぐ力を併せ持ち環境に合わせて進むことができるすぐれた船だということが、わかってきた。

▲ページのトップ

BDA_9285.JPG

レーススタート当日がやってきた。42艇が古座間味浜に並んだ。スタートは午前8時。コースは座間味島の古座間味ビーチから那覇港沖までの約19海里、約35.2キロメートルで行われる。空は少し雲がかかっていたが暑すぎないので船を漕ぐにはもってこいの天気だ。上の写真は、クルーとして参加させていただいた新丸(渡嘉敷島)の走っている姿だ。

IMG_0232.JPG IMG_0198.JPG IMG_0191.JPG IMG_0193.JPG

左上の写真は、渡嘉敷島から出場する新丸とチーム全員の記念写真。右下は、沖縄初日にお世話になったアーストリップの大前くんとその彼女(女海想チーム)のツーショット。

BDA_9254.JPG BDA_9255.JPG IMG_0218.JPG IMG_0226x.JPG

朝7時半から航海安全を祈る拝神の儀式があった。神人の踊りと祈りをみて、長いこの島の歴史に少しだけ触れた様な気がした。


いざ、出発!!
IMG_0245x.JPG IMG_0253x.JPG IMG_0257.JPG IMG_0262.JPG

スタートの合図と共に最初のクルーが船に乗り込み、交代メンバーが海にサバニを押し出す。各サバニには安全のため伴走船が付く、その船には途中で交代するクルーが乗り、必要なときに海の上で伴走船を横付けしてクルーを交代させることができるようになっている。しかし、伴走船がサバニに近づきすぎると波を起こしたり、風上にいると風を遮るのでレース特有の技術が必要になる。

僕は、真ん中あたりで交代する予定だったので、それまで自由に動け、撮影できる船(監視艇)に特別に乗せていただいた。スタートを撮影した後、すぐに港にもどり、その船に乗り込みトップのサバニを思う存分撮影した。その後、ルートの真ん中あたりで新丸を待ち、伴走船に飛び移った。クルーの交代の時期まで様子を見、クルー交代の合図で新丸のサバニに乗り込んだ。

▲ページのトップ

BDA_9238.JPG

レース前日となる今日は、各チームがサバニの調整とチームの練習。そして午後からはインスペクション (艇体検査など)と海岸清掃が行なわれることになっている。サバニの各チームの様子や海岸清掃に参加したいとレースのスタート地点となる古座間味浜に行くことにした。
それから今回のレースに出場する渡嘉敷島のチームに入れてもらいレースに参加できるかもしれないというので、そのチームに会う必要があった。

IMG_0031.JPG IMG_0050x.JPG IMG_0065.JPG IMG_0075.JPG IMG_0097.JPG IMG_0084.JPG

選手の中にはダカールラリーで何度も会ったことのある内田さんの顔もあった。今では砂漠の海とは反対の海洋ジャーナリストとして有名だ。アウトリガーをつけない古式サバニを操るという。出場する艇のうちほとんどがアウトリガーを取り付けて出場しているのに対し、不安定な昔ながらの古式サバニを操るのは技術と経験が必要と言われているだけに大変なのだ。
今回参加するのは43艇、その中にはゴールドウインの社員と海洋冒険家の第一人者の白石くんが組んだ「うみまる」、地元の中学生チーム「海学校」など沢山の人達が集まっていた。

BDA_9206.JPG BDA_9209.JPG BDA_9216.JPG

BDA_9247.JPG BDA_9176.JPG IMG_0151bb.JPG BDA_9243.JPG IMG_0127.JPG BDA_9213.JPG

実は渡嘉敷島に最近移り住んだ知人のチャリさんが昨年もこの新丸チームの一員としてレースに出場していたとこともあり、彼を通してチームに空きがあれば無謀にも飛び入りで参加させて欲しいと頼んでいたのだ。知人は、アドベンチャーレースやアメリカ先住民が行なったアメリカを走って横断するセイクリッドランで会っていた。現在彼は離島留学といって渡嘉敷島での生活を希望する全国各地の子供達を預かって共同生活をする「わらびや」を主催している。

※わらびやは、1年間、小中学生が寮で暮らし、島の学校に通う。有機・無農薬の米や野菜を作って自給自足。珊瑚の海で泳ぎ、野ヤギがいる山を走り回る。渡嘉敷島の大自然の中、「たくましく生きる力」をつけるというもの。

新丸チームはすぐ隣の島の人達なので、この座間味には泊まっていない。彼らが仕事を終えて夕方、船で座間味に来るのを待たなければならなかった。上の3枚の顔写真はチームに入ることを心よく引く受けてくれた渡嘉敷チームの面々だ。初対面なのだがみんなやさしい人ばかりだ。

IMG_0118.JPG IMG_0135.JPG IMG_0132.JPG IMG_0105bb.JPG

午後3時からは参加者、関係者が集まりビーチクリーンが行なわれた。主催者からゴミ袋と軍手が支給された。大勢でゴミを拾うとあっという間に浜は奇麗になった。ゴミをみていると韓国から流れて来たものが目立つ。そうか、考えてみれば沖縄からは韓国がかなり近いわけだ。

IMG_0180.JPG

IMG_0183.JPG BDA_9223.JPG

古座間味ビーチに駐車していたバスコファイブを見た人から質問を受けているうちにだんだんと人に囲まれ、説明しているうちに仲良くなったのでみんなで記念撮影。

▲ページのトップ

座間味島へ

| トラックバック(0)

IMG_0004x.JPG

6月26日泊港からフェリーに乗り、座間味島へ向かう。どこから乗船するのかわからずウロウロするが、なんとかバスコファイブを船に乗せてから船内に乗船することができた。伊豆の松崎で会った海洋冒険家の白石康次郎くんに再会する。
そもそもこの座間味に来たのは、松崎で白石くんがサバニレースのことを話してくれたからだ。彼は、例年参加している地元の伝統漁船「サバ二」を使ったレースに出場することを話してくれた。

IMG_9957.JPG IMG_9962.JPG
那覇上陸後、心よく迎えてくれた沖縄の旅や観光を紹介してくれるスペシャリストの「アーストリップ」の皆さん。会社の前で記念写真

IMG_9968.JPG IMG_9965.JPG IMG_9974.JPG IMG_9988.JPG
泊ふ頭から出る座間味島行きのフェリーに無事乗船すると、甲板で伊豆で会った白石康次郎くんと再開した。バスコファイブもうまくフェリーに乗れたのだ。

IMG_0010.JPG IMG_0015x.JPG IMG_0013.JPG IMG_0021.JPG IMG_0022.JPG IMG_0023x.JPG

座間味島に着いて、さっそく港に集まったサバニを目の前でじっくり見ることができた。見れば見るほど、今まで見たこともない変わった形をしている帆漕船に魅力を感じ、ワクワクしてきた。

港のターミナルに展示してあるサバニ展を見に行く。歴代のポスターを見ているとクォリティの高さにウ〜んとうなってしまう。これはただものではないぞ・・。(後で知ったのだがこのポスターは、フォトウェーブの塩澤朋子の弟でもある塩澤文彦さんが作られたものだった。)サバニの知識もこのレースの歴史もほとんど知らないでやって来たこともアリ、見るものすべてが新鮮だった。

この日、宿に入り、やっと部屋に落ち着いたころヨットレースや海のカメラマンとして第一人者の添畑さんが、訪ねて来てくれた。2003年にニュージーランドで行なわれたアメリカズカップを取材に行ったとき、先輩でもある添畑さんからレース取材方法についていろいろ教えていただきお世話になったのだ。その時に「サバニ帆漕レース」のことを初めて聞いたのだ。それ以来機会があればぜひレースを見に行きたいと思っていた。

添畑さんとはなんと6年ぶりの再会となる。久しぶりに会った彼はこの島の歴史からサバニのレースが始まった由来、サバニの持つ深〜い意味やレースに参加する地元の子供達の未来について熱く語ってくれ、夜は更けて行くのであった。彼の持つ熱い想いはほんとうにスゴイ。

▲ページのトップ

25時間の旅

| トラックバック(0)

IMG_9946.JPG

6月25日フェリーの旅は沖縄までおよそ25時間かかる。けっこう長い。
飛行機でいうと日本からヨーロッパまでおよそ12時間くらい、南米のブラジルまでおよそ30時間ほどかかることを考えれば、地球の反対側へ行くくらいの時間がかかる。それから車の運賃とひと一人の料金はおよそ10万円ほどする。往復で20万円かかるのだから日本国内でありながら沖縄は遠い。それだけに期待も膨らむというものだ。

時間があるのでブログアップやメールチェックに時間を使う、でも電源確保に一苦労。
乗客もあまり混んでいないので楽チン。途中、奄美大島や徳島など小さな島々によりながら南下する優雅な旅だ。

IMG_9935.JPG IMG_9936.JPG IMG_9939.JPG IMG_9941.JPG

夜8時ころ沖縄の那覇に到着した。富士エコパークであったノンちゃんの紹介でアーストリップの中村圭一郎さんのお宅におじゃますることになった。突然の訪問にもかかわらず、アーストリップのみなさんは心よく歓迎してくれ、一緒に沖縄料理を食べに行った。写真はアーストリップの面々。

IMG_9950.JPG IMG_9954.JPG

▲ページのトップ

IMG_9925.JPG

6月24日、沖縄には25日に到着していたかったので鹿児島をゆっくり見る時間がないまま熊本から鹿児島新港に向かった。高速のサービスエリアでバイオディーゼル燃料が足りなくなり、観光バスの横で給油をした。観光客が給油中のバスコファイブを撮影しにこられる。撮影後、燃料の作り方など説明。バイオディーゼル燃料に関心をもったかたは思った以上に多いものだ。

鹿児島で佐伯市から同行していた古林氏は仕事のために東京に帰ることになった。これから再び一人旅だ。さあ、どんな旅が待っているのだろうか。

IMG_9929x.JPG IMG_9930x.JPG

▲ページのトップ

アンナプルナ農園 de 歓迎の奏

| トラックバック(0)

IMG_9734.JPG

IMG_9773.JPG IMG_9802.JPG IMG_9809.JPG IMG_9806x.JPG IMG_9817.JPG IMG_9818.JPG IMG_9768.JPG IMG_9753.JPG IMG_9824.JPG IMG_9826.JPG IMG_9831.JPG IMG_9832x.JPG

▲ページのトップ

熊本県立大学で講演

| トラックバック(0)

IMG_9670.JPG

IMG_9653.JPG IMG_9655.JPG IMG_9667x.JPG IMG_9677.JPG IMG_9685x.JPG IMG_9692.JPG IMG_9696x.JPG IMG_9716.JPG

▲ページのトップ

タオ塾

| トラックバック(0)

IMG_9636.JPG IMG_9620x.JPG

▲ページのトップ

IMG_9613.JPG  

IMG_9608.JPG IMG_9616.JPG

▲ページのトップ

久しぶりのBEAR

| トラックバック(0)

IMG_9572.JPG

IMG_9576.JPG IMG_9579x.JPG IMG_9587x.JPG IMG_9574.JPG IMG_9595.JPG IMG_9598.JPG

▲ページのトップ

ドーナツのケンジ屋

| トラックバック(0)

IMG_9500.JPG

6月21日晴れ。

アドベンチャーレースの知り合いで福岡に住む木元さんに連れられてドーナツ屋&カフェのケンジ屋に行く。なんとドーナツを揚げた油で車を動かしているというのだ。それも廃食油をそのまま車に入れているというのだ。廃食油をバイオディーゼル燃料に作り替えることなく、ストレートにエンジンに入れてしまうというもの。これをSVOまたはWVOというのだが、ここではエンジンに入れる直前に熱交換器を使って廃食油の温度を上げてやるこいとはしないという。

今までに熱交換器を使って廃食油の温度をあげてやり、油の流動性をよくして燃焼し易いようにしてからエンジンに油を噴射するというのは、海外や日本で見てきたがこのように温度を上げないで使用する車をみるのは、初めてだ。

IMG_9525.JPG IMG_9531.JPG IMG_9524.JPG IMG_9523.JPG IMG_9475.JPG IMG_9476.JPG IMG_9510x.JPG IMG_9496.JPG

▲ページのトップ

福岡のど真ん中-----イムズnite

| トラックバック(0)

IMG_8707.JPG

IMG_8704.JPG IMG_8739.JPG IMG_8720.JPG IMG_8731.JPG IMG_8749.JPG IMG_8759.JPG IMG_8752.JPG IMG_8785.JPG
RKB毎日放送(TBS系列)「今日感」THE NEWSで18時台の放送でもイムズでの展示の様子が2分間流れた。


IMG_8809.JPG IMG_8818.JPG IMG_8837.JPG IMG_8848.JPG IMG_8852.JPG IMG_8877.JPG

FBS放送「めんたいワイド」の天気予報に生出演。人気アナウンサーの財津ひろみさんとツーショット

IMG_8895.JPG IMG_8900x.JPG IMG_8902.JPG IMG_8911.JPG

6/19 FBS福岡放送(日テレ系列)「めんたいワイド」 天気予報 
http://www.fbs.co.jp/mentai/cast/
6/19 RKB毎日放送(TBS系列)ニュース 2分
6/20 天神経済新聞 web
6/21 西日本新聞朝刊

▲ページのトップ

IMG_8623.JPG

IMG_8654.JPG IMG_8650.JPG IMG_8661.JPG IMG_8673x.JPG

▲ページのトップ

IMG_8398.JPG

IMG_8428.JPG IMG_8417.JPG IMG_8435.JPG IMG_8449.JPG IMG_8462.JPG IMG_8510.JPG IMG_8472.JPG IMG_8485.JPG


IMG_8524.JPG IMG_8528.JPG IMG_8538.JPG IMG_8534.JPG

▲ページのトップ

唐人石で空中浮遊

| トラックバック(0)

IMG_8324.JPG

IMG_8315.JPG IMG_8316y.JPG IMG_8325.JPG IMG_8327.JPG

▲ページのトップ

海癒の湯

| トラックバック(0)

IMG_8281.JPG

IMG_8265y.JPG IMG_8299.JPG IMG_8298.JPG IMG_8266y.JPG IMG_8275.JPG IMG_8272.JPG IMG_8282.JPG IMG_8292.JPG

▲ページのトップ

専業主夫

| トラックバック(0)

IMG_8261.JPG

IMG_8257.JPG IMG_8253.JPG

▲ページのトップ

立川夫妻

| トラックバック(0)

IMG_8172.JPG

IMG_8193.JPG IMG_8178.JPG IMG_8217.JPG IMG_8221.JPG IMG_8187x.JPG IMG_8208.JPG IMG_8181.JPG IMG_8185.JPG IMG_8228x.JPG IMG_8237.JPG

▲ページのトップ

う〜み、再び

| トラックバック(0)

IMG_8166.JPG

IMG_8164.JPG IMG_8167.JPG

▲ページのトップ

八幡浜市

| トラックバック(0)

IMG_8112x.JPG

IMG_8084x.JPG IMG_8097.JPG IMG_8091.JPG IMG_8118.JPG IMG_8128.JPG IMG_8150.JPG IMG_8152.JPG IMG_8045x.JPG

▲ページのトップ

ゆったりとした朝食

| トラックバック(0)

IMG_8023.JPG

IMG_8024.JPG IMG_8026x.JPG

▲ページのトップ

えひめこどもの城

| トラックバック(0)

IMG_7896x.JPG

IMG_7845.JPG IMG_7849.JPG IMG_7908.JPG IMG_7971.JPG IMG_7868.JPG IMG_7877.JPG IMG_7912.JPG IMG_7916.JPG

▲ページのトップ

松山で天ぷら油を回収

| トラックバック(0)

IMG_7999.JPG

IMG_8004.JPG IMG_8017.JPG

▲ページのトップ

エコハウス

| トラックバック(0)

IMG_7978.JPG

IMG_7966.JPG IMG_7962.JPG IMG_7959x.JPG IMG_7960.JPG IMG_7975.JPG IMG_7982.JPG

▲ページのトップ

IMG_7701.JPG IMG_7756.JPG

▲ページのトップ

フレッシュリーブスSEED

| トラックバック(0)

IMG_7805.JPG

IMG_7809.JPG IMG_7811.JPG

IMG_7822.JPG

IMG_7820.JPG IMG_7824.JPG IMG_7823.JPG IMG_7837.JPG

▲ページのトップ

素敵な空間「Naturel」

| トラックバック(0)

IMG_8160.JPG IMG_8161.JPG IMG_8855.JPG IMG_8856.JPG

IMG_8832.JPG

▲ページのトップ

オリジナルTシャツ完成!!

| トラックバック(0)

BDA_8987.JPG

バイオディーゼルアドベンチャーのオリジナルTシャツとエコバッグが出来上がりました。売上金は、このプロジェクトの支援にあてさせていただきます。オリジナルグッズを購入していただき、ぜひともこのBDAの活動のサポーターとして、このプロジェクトに参加してくださいね。

○サイズ メンズ:S/M/L
○カラー ベージュ/ホワイト/パープル/オリーブ
○素 材 ベージュのみオーガニックコットン/オムニドライ(コロンビアスポーツウエア製)

注文など詳しくは、→ http://biodieseladventure.com/japanese/menu/h_wanted.html

なお、BDAオリジナルのトートバックはほぼ完売です。

BDA_8996.JPG BDA_9035.JPG BDA_9067.JPG BDA_9132.JPG

▲ページのトップ

IMG_7745.JPG

IMG_7743.JPG IMG_7749.JPG IMG_7739.JPG IMG_8938x.JPG

IMG_7716.JPG IMG_7706.JPG IMG_7710.JPG IMG_7733.JPG

▲ページのトップ

IMG_7784.JPG

IMG_7779.JPG IMG_7789.JPG IMG_7795.JPG IMG_8973.JPG

▲ページのトップ

愛媛朝日放送が密着取材

| トラックバック(0)

IMG_8910.JPG

IMG_8888.JPG IMG_8894.JPG IMG_8900.JPG IMG_8921x.JPG IMG_8928.JPG IMG_8925x.JPG

▲ページのトップ

IMG_8811x.JPG

IMG_8817x.JPG IMG_8745.JPG IMG_8762.JPG IMG_8777.JPG IMG_8755yx.JPG IMG_8787.JPG

▲ページのトップ

愛媛の有機生協グループ参加

| トラックバック(0)

IMG_8663.JPG


IMG_8673.JPG IMG_8681.JPG IMG_8687.JPG IMG_8696.JPG

IMG_8703.JPG IMG_8706.JPG IMG_8710.JPG IMG_8725.JPG

▲ページのトップ

大和屋本店

| トラックバック(0)

IMG_8886x.JPG

IMG_8876.JPG IMG_8887.JPG IMG_8875.JPG IMG_8649.JPG IMG_8651.JPG IMG_8883.JPG IMG_8641.JPG IMG_8647x.JPG

▲ページのトップ

ついに道後温泉

| トラックバック(0)

IMG_8589.JPG


IMG_8596.JPG IMG_8632.JPG IMG_8565.JPG IMG_8569.JPG IMG_8580.JPG IMG_8612.JPG IMG_8629.JPG IMG_8636.JPG

▲ページのトップ

IMG_8514x.JPG

IMG_8474.JPG IMG_8491.JPG IMG_8482.JPG IMG_8502.JPG IMG_8508.JPG IMG_8523x.JPG

▲ページのトップ

日本一の大杉

| トラックバック(0)

IMG_8342.JPG

IMG_8316x.JPG IMG_8319.JPG


IMG_8439.JPG IMG_8396.JPG

▲ページのトップ

IMG_8264.JPG


IMG_8143.JPG IMG_8147x.JPG IMG_8165.JPG IMG_8194.JPG IMG_8222.JPG IMG_8227.JPG IMG_8234.JPG IMG_8280.JPG IMG_8287.JPG IMG_8273.JPG

▲ページのトップ

水田の中に飛行機の格納庫?

| トラックバック(0)

IMG_8055.JPG

IMG_8072x.JPG IMG_8073.JPG


IMG_8084.JPG IMG_8090.JPG IMG_8092x.JPG IMG_8101.JPG IMG_8102.JPG IMG_8106.JPG IMG_8112.JPG

▲ページのトップ

桂浜

| トラックバック(0)

IMG_8038x.JPG

IMG_8045.JPG IMG_8042.JPG IMG_8034.JPG IMG_8031x.JPG

▲ページのトップ

スーパーオートバックスin高知

| トラックバック(0)

IMG_8028.JPG

IMG_7991.JPG IMG_8008.JPG IMG_7997.JPG IMG_7986.JPG IMG_8018.JPG IMG_8016.JPG

▲ページのトップ

IMG_7977.JPG

今日、スーパーオートバックスに廃食油を持って来ていただいたロイヤルパークホテル高松さんの紹介で、高松市内にある高松国際ホテルさんが宿泊場所を提供してくださることになった。駐車場も広く高さ制限がないので、バスコファイブを心配なく停められるし、落ち着いた雰囲気でとても気持ちのいいホテルだ。
正木一志さま、そしてホテルのみなさん、このプロジェクトに賛同していただき、本当にありがとうございました!

IMG_7965.JPG IMG_7979.JPG

▲ページのトップ

スーパーオートバックスin香川

| トラックバック(0)

IMG_7917.JPG

IMG_7882.JPG IMG_7888x.JPG IMG_7909.JPG IMG_7924.JPG IMG_7910.JPG IMG_7911.JPG IMG_7938.JPG IMG_7943.JPG

▲ページのトップ

水島工業高校再訪

| トラックバック(0)

IMG_7786.JPG

▲ページのトップ

住友金属を訪問

| トラックバック(0)

IMG_7574.JPG

IMG_7575x.JPG IMG_7578.JPG IMG_7583.JPG IMG_7589.JPG IMG_7613.JPG IMG_7632.JPG IMG_7638.JPG

IMG_7656.JPG IMG_7675.JPG

▲ページのトップ

つわぶき授産工場

| トラックバック(0)

IMG_7538.JPG

IMG_7509.JPG IMG_7515.JPG IMG_7514.JPG IMG_7532.JPG IMG_7552.JPG IMG_7549.JPG IMG_7560.JPG IMG_7570.JPG

▲ページのトップ

IMG_7496.JPG

IMG_7494.JPG IMG_7502.JPG IMG_7503.JPG

▲ページのトップ

ロクローさん

| トラックバック(0)

IMG_7492.JPG

▲ページのトップ

奈良の朝

| トラックバック(0)

IMG_7428.JPG

IMG_7429.JPG IMG_7432.JPG

▲ページのトップ

チカちゃん、ヒロくん

| トラックバック(0)

IMG_7426x.JPG

IMG_7423.JPG IMG_7421.JPG

▲ページのトップ

京都市廃食用油燃料化施設

| トラックバック(0)

IMG_7370.JPG

IMG_7333.JPG IMG_7346.JPG IMG_7358x.JPG IMG_7345.JPG

IMG_7406.JPG IMG_7390.JPG

▲ページのトップ

| トラックバック(0)

IMG_7293.JPG

IMG_7288.JPG IMG_7284.JPG IMG_7282.JPG IMG_7290.JPG

クリーンベンチャー21訪問
IMG_7296.JPG IMG_7305x.JPG IMG_7314.JPG

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電