2009年3月アーカイブ

コラム「顔」 〜読売新聞〜

| トラックバック(0)

2009.3.31yomiuri_s.jpg

3月31日売りの読売新聞朝刊の「顔」というコーナーでバイオディーゼルアドベンチャーが取り上げられました。人にフォーカスした誌面ですが、今までの地球一周の旅のこと、これから企画している日本一周のことが書いてあります!!

第2面の全国版ということもあり、お陰さまで揚げ物屋や学校から近くを通過するときに寄って欲しいという問い合わせも来るようになりました。

地球一周の時に写真や映像をみてもらいながら世界のバイオディーゼル燃料事情や環境、エネルギーについて、多くの方たちとお会いしたと思っています。

▲ページのトップ

ターザン最終回

| トラックバック(0)

tazan531a.jpg 4月8日発行の雑誌「ターザン」のP102~105の4ページでバイオディーゼルアドベンチャーの特集「バイオディーゼルカーが行く」カザフスタン・ロシア編が掲載されています。今回は第4回目の最終回となります。

廃食油が最も手に入りにくかった地域でどうやって前に進んだのか、シベリアの寒さの中をどう乗り切ったのか、最後旅のクライマックスとなった話です。よかったらどうぞ見てください。

▲ページのトップ

IMG_3390.JPG

読売新聞社主催「2008地球にやさしい作文・活動報告コンテスト」に今年1月16日に「バイオディーゼル燃料で地球一周の旅」というタイトルで活動報告を書いて応募していた。このコンテストは地球環境を守るために、個人でもできるアイデアや実践例を募ったもの。応募した作品が3月7日の読売新聞朝刊に1万5千件の応募の中から一般の部で入選したことが発表されビックリした!

26日渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで表彰式が行なわれるので出席してきました。表彰状をもらうのは何十年ぶりのことだろう。なんだか照れくさい。

IMG_3407.JPG IMG_3409.JPG IMG_3403.JPG

▲ページのトップ

川崎発!ストップ温暖化展  

| トラックバック(0)

IMG_0519.JPG

3月20日、使用済み天ぷら油の回収して廃食油からリサイクル石けんを作り環境を考える啓蒙活動を行なっている「かわさきかえるプロジェクト」の皆さんからのお誘いで、神奈川県川崎市高津区の溝口駅前キラリデッキで行われていた川崎市あげてのイベント、「2009川崎発!ストップ温暖化展」に行って来た!!

温暖化対策に取り組む市民クループ、企業合わせて15団体が出展しており、各々がそれぞれの活動を紹介するブース展示をしていた。また、キラリデッキ中央部に設置した特設ステージでは、グリーン電力を活用したコンサートを行い、歌あり、ピアノ演奏あり、一般参加者による「家エコ宣言」等、賑やかなステージとなっていた。

IMG_3239.JPG IMG_0586.JPG IMG_3314.JPG IMG_3358.JPG IMG_3236xx.JPG IMG_0646.JPG IMG_3349xx.JPG IMG_0538.JPG

ステージで20分ほどお時間をいただき、バイオディーゼル燃料で地球一周した話をさせていただいた。司会者からの質問を交え、世界中の人が天ぷら油で車が走る事についてどんな反応があったか、どんなことが大変だったかなど、楽しく話す事ができた。

ステージの後、かわさきかえるプロジェクトのブースで写真などを見ながらバイオディーゼルアドベンチャーの話をさせていただいた。川崎市環境局の方達の熱心さには驚きました。市民と市が手を取り合って素晴らしい取り組みをしていることに感動しました。ぜひ、今度市の環境局にお邪魔させていただきたいと思います。

「かわさきかえるプロジェクト」、そして「特定非営利活動法人 川崎市民石けんプラント」のみなさんお世話になりました。

▲ページのトップ

ランクセス訪問

| トラックバック(0)

CIMG1682.JPG IMG_0185.JPG

今回のプロジェクトではバイオディーゼル精製機を荷台に収まるサイズに小型化するために、水洗浄を用いないで精製する方法にこだわった。そのためいろいろなフィルター会社にあたったり、試行錯誤したが、半永久的に使えコンパクトという理由から日本ではまだどの精製機メーカーもトライしていないイオン交換樹脂に目をつけた。

イオン交換樹脂は水の浄化などいろいろな目的に合わせて種類が豊富にあるが、特にグリセリンを除去するのに効果があがるイオン交換樹脂をドイツのランクセス社から取り寄せた。そのイオン交換樹脂を手に入れるのにランクセス日本支社の方達の多大なる協力で提供していただいたのだ。そこで丸の内にあるお世話になった日本支社の皆さんにご挨拶にうかがった。

イオン交換樹脂は、ある種のフィルターとは違い、樹脂の中にあるバイオディーゼル燃料とグリセリンを置換させ化学的に処理をするもので、取り扱いが非常に難しい。ドイツでは、バイオディーゼル燃料を精製するのに大手のいくつかのプラント会社はこのイオン交換樹脂を採用しているが、日本では水洗浄という方法が一般的でイオン交換樹脂を実験をして実用化するまでに専門知識と時間、コストがかかるため、どこも手を出していないというのが、実情のようだ。このプロジェクトでは、水洗浄をするためには大量な水と専用のタンクが必要になることと、水質汚染という観点からドライフィルターシステム選択した。

僕に取ってイオン交換樹脂はまったく、未知な物質だった。化学の知識はなかったが専門家に教わったり、工業高校の化学の先生に特別講義をしていただき、必要な知識を身につけ、なんとかその取り扱いを覚えた。温度、流量、スピードなどすべての要素がうまく働かないと効果を発揮してくれないため、その容器の形、燃料のスピードのコントロールなど課題は沢山あった。しかし、おかげで車の荷台だけで処理でき、ノンウォーターの世界初の小型バイオディーゼル燃料精製機を作る事ができたのだ。

ランクセスのみなさん、ご協力ありがとうございます!

▲ページのトップ

インプレッションゴールド

| トラックバック(0)

IMG_3193.JPG

インターフェイスの二村さんから最初に連絡があったのは昨年の秋だった。「日経マガジン」掲載の件で、ロシアにいる僕に連絡が入った。
その後、互いに連絡をとりつつ日本帰国後、今度はアメックスの機関雑誌「インプレッションゴールド」でも取り上げたいと言っていただいた。3月15日発売なのですでに手に取った方もいるかもしれないが、巻頭の第一特集で9ページ割いていただいている。

この特集がバイオディーゼルアドベンチャーの概要をうまくまとめてくれているので、初めて会う人にこのプロジェクトを説明するには、わかりすい一冊。今度から人に説明するときのために持ち歩こうかな。(インプレッションゴールドの発行部数は37万部だそうだ。)

▲ページのトップ

tazan530s.jpg

3月11日発売の雑誌「ターザン」でバイオディーゼルアドベンチャーの様子が掲載されています。今回は第3弾でヨーロッパ・アフリカ編のレポートです。ポルトガルのある市でバイオディーゼル燃料を公用車に使っている市長の話やヨーロッパのエコ事情などにも触れています。(P96〜99までの4ページで紹介)

次号の351号では、ロシア・カザフスタン編を紹介します。内坂さん、お世話になりました!

▲ページのトップ

水と緑の地球環境本部

| トラックバック(0)

090224yomiuri-4c_s.jpg

毎日新聞17面の「水と緑の地球環境本部」という特集ページでバイオディーゼルアドベンチャーを紹介していただいた。(2009年2月24日付け)約3分の1の誌面を使ってこれまでの様子、そして、今年春から行なう日本一周がスタートしてから毎月この特集ページで掲載していただけるそうだ。また、スタート後になるが毎日新聞のwebサイト「毎日jp」でバイオディーゼルアドベンチャーのサイトを設けていただき、そこでブログをアップしていくことが決まりました。

「毎日jp」の環境ページ、http://mainichi.jp/life/ecology/ に載る予定です。

▲ページのトップ

突然ですが、3月7日の午後5時から10分間、生放送に出演(電話で)することになりました。

■番組名 STATION DRIVE SATURDAY
毎週土曜日 11:00-19:00 DJ: ヒロ福地/ケイコ

■FMノースウェーブ 82.5MHZ http://825.fm/northwave/

できばえはどうなるか、わかりませんが北海道の放送が聞ける方はよかったらお聞きください。

▲ページのトップ

展示最終日

| トラックバック(0)

IMG_3105.JPG

IMG_3076xx.JPG IMG_3086.JPG

3月5日、国連大学1階の地球環境パートナーシッププラザとも別れの日が来た。1ヶ月はあっという間だった。最終日には、シアトルでお世話になった横田彩子さんが駆けつけてくれた。1年ぶりの再会に大感激。また、GEICのスタッフの須藤さんのお知り合いの小林節子さんが油を持って遊びに来ていただいた。

GEICのみなさん、大変お世話になりました。

廃食油:1.5リットル
お世話になった人:横田彩子さん、小林節子さん、高橋真美さん、須藤美智子さん、星野智子さん、伊藤博隆さん、etc

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電