2008年4月アーカイブ

IMG_2911.JPG

4月25日(金) 晴れ ワシントンDC

今日はバスコファイブをヨーロッパに向けて船会社に引き渡す日だ。朝、長い間お世話になったバスコファイブを洗車し、苦労をねぎらった。

以前から連絡を取り合っていたバイオディーゼル大学の主催者ダンがこの日フロリダからバイオディーゼルのワークショップを終えて、ボルチモアの空港に帰ってくるという。そこで空港は港へ行く途中なので会いに行く事にした。彼には、サンディスプリングの学校を紹介してもらったり、ここ数日の宿泊の世話をしてもらい、お世話になっているので、ぜひ車を見てもらいたかった。
実際に会ってみるとダン・グッドマンは、とてもエネルギッシュで回転の早い人だった。彼の夢はずばり、バイディーゼルを作りながら走るバスを作り、それを走らせて学校訪問をして旅をし、教育デモやワークショップをして歩くことだそうだ。それで、僕たちの小さいプラントに特別な興味を示してくれた。

_MG_3958.JPG _MG_3949.JPG IMG_2920.JPG IMG_2899.JPG


今日はボルチモアの港に車を届けることになっている。まずは予約を入れてある倉庫へ。
フツウなら倉庫へ届けて終わりなのだろうが、僕たちはカルネを使って関税の処理をしているので、通関のオフィスを探すことから始まる。船の出港まではまだ何日かあるので、実際の通関の日時とカルネにスタンプをもらう日付がずれてしまうのが問題らしく、事情を話し理解してもらい判子をもらうことができた。また、20フィートのコンテナだと、ルーフトップのキャリアが日本から送った時より高くなっているので、キャリアを自分たちで外すことになっていた。あれこれするうちに、数時間港で過ごすことになったが、無事車のデリバリーを終えることができた。港というのは、アメリカ国外に出ることになるわけで、身元確認などがとても厳しい。(僕たちもはじめビジター用ゲートを通過しようとしたら、アメリカ国内で発行された身分証明書を持参していない者は通過できないと言われて焦った。また、24時間以上前に全員のフルネームと帰りの交通手段などを登録しておかなければならなかった。)

無事港の作業を終えて宿にもどり、近くに見つけたフィリピンレストランで約3ヶ月の旅を思い起こし3人で乾杯した。

IMG_2923.JPG _MG_3961.JPG

車を載せた貨物船の出航は、5月のはじめ。ポルトガルでの受け取りは、約一ヶ月から一ヶ月半ぐらいと聞いている。
何度かトラブルにみまわれましたが、なんとか北米を無事走りきる事できて感謝の気持ちと感動でいっぱいです。ここまで応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

廃油回収量 0L
走行距離 33km
お世話になった人たち:ダン、クリス、ドナ、ジョー

▲ページのトップ

イオン交換樹脂洗浄(その2)

| トラックバック(0)

_MG_3934.JPG


_MG_3939.JPG _MG_3941.JPG IMG_2875.JPG
IMG_2874.JPG IMG_2868.JPG

▲ページのトップ

初めてのイオン交換樹脂洗浄

| トラックバック(0)

BDA_6919.JPG


IMG_2735.JPG _MG_3908.JPG _MG_3915.JPG IMG_2756.JPG IMG_2747.JPG IMG_2751.JPG


IMG_2761.JPG IMG_2786.JPG IMG_2826.JPG IMG_2832.JPG IMG_2851.JPG IMG_2855.JPG

▲ページのトップ

IMG_2449.JPG

4月22日(火) 晴れ ワシントンDC

朝一番に、日本大使館を表敬訪問する。さまざまな方たちのお口添えで、書記官のお二人に時間を作っていただき、我々のプロジェクトの報告をする機会をいただいた。すでにブログを読んでいてくれたそうで、「わたしも旅が好きなので、みなさんの活動に刺激をうけましたし、会っている人の数や、訪ねている場所のバラエティに感心しました。」とおしゃってくれた。とても好意的な歓待を受けビックリ。「もっと早くわかれば、いろいろ広報活動も協力できたのに。」と言っていただけたのは、とても今後の旅にプラスになることはいうまでもない。外に出て車を見ていただき、いろいろ質問も飛び交いあっという間に時間がたってしまった。大使館内を案内していただくなどとても普段で経験できない体験をさせていただいた。

IMG_2304.JPG IMG_2324.JPG

昨日の学校訪問に続き、今日はサンディ・スプリング・フレンズ・スクールという私立の一貫教育校を訪ねることになっていた。バイオディーゼルの教育活動に尽力しているこの学校の卒業生であるダンのススメで、地球の日の今日訪問することになっていた。

創立1961年のこの私立学校は、120エーカーの土地のほんの25エーカーのみを使用し、あとは森や草地として保護するという創設者の方針を守り、緑の多いとても恵まれた環境にある学校だった。幼稚園から12年生(高校3年生)あわせて約600人の生徒数なのだそうだ。今日はその一部の約100名ほどが、玄関ホールに集まりぼくたちを迎えてくれた。

サンディスプリングは環境教育に力を入れており、子供たちの知識の豊富さや質問レベルの高さ、また先生たちの熱心さがとても印象的だった。ランチを一緒にした中等部の科学教師であるトニーとステファニーも、自分の興味や情熱を注いでいる環境系の内容を、カリキュラムに取り入れているということだった。教師の一人ステファニーがダンの指導のもと、バイオディーゼルのクラブを率いている。生徒たちは、去年の夏ひまわりを学校の畑で育て、秋に収穫して乾燥してきた。先週初めて、自転車型の搾油機で絞りはじめ、もっと効率のよい搾油機が、届くまでこれで子供たちに体験をさせているのだそうだ。「あれだけ苦労して時間をかけて、きっとバイオディーゼルになった時は、数十分バスを走らせたら終わりになってしまうでしょう。でも、そうすることで、子供たちに燃料の尊さを、体で体験して学んでもらえると思うの。」トニーは、「ここにいて、子供たちの指導をしながら、時々自分は本当に何か役に立っているのだろうか実感できなくて、悩んだり落ち込んだりするの。あなたたちのような人が回って来てくれて、自分は一人ではないと実感できたし、よい刺激になったわ。ありがとう!」とうれしいことを言ってくれた。

IMG_2384.JPG IMG_2374.JPG IMG_2390.JPG IMG_2423.JPG IMG_2426.JPG IMG_2428.JPG

これがアメリカ最後の学校訪問になるのだが、いくつも回ってみて本当に実感するのは、子供たちの反応のよさだ。自分の意見や感想をはっきりと発言できるし、何か質問をしたりボランティアを募っても、すぐに手があがるし返事がくる。もちろん引っ込み思案な子もいるし、発言したくても目立つ生徒の影に隠れてしまう子達もいることだろう。でも概して、コミュニケーションが一方通行でなく、話している僕たちもとても楽しめる。これは、ぜひ日本の学校でもススメて欲しいことだと思う。失敗することをおそれていたり、人や先生にばかにされることを怖がったり、自分の意見を人と分かちあうことを億劫がったりして、自己表現をしないなんてもったいない。タコマのベイカースクールを訪ねたときから、3人で言い続けてきた印象だ。

IMG_2508.JPG IMG_2554.JPG IMG_2587.JPG IMG_2602.JPG IMG_2590.JPG IMG_2610.JPG IMG_2619.JPG IMG_2614.JPG

廃油回収 40L
走行距離 144km
お世話になった人たち: ダン、ドナ、トニー、ステファニー、トニー、ウォルト、タキシャ、セガワさん(すし太郎)、フランキー、アンジェラ

▲ページのトップ

アースデイ in ワシントンDC

| トラックバック(0)

IMG_1937.JPG

4月20日(土) 雨 ワシントンDC

今日はワシントンDCのナショナルモールで、アースデイのイベントがあるのでぜひ合流しようと以前からワシントンDC在住のヨウコさんにお世話になっていた。朝、モールのすぐ脇によいスポットを取ってくれたという電話が入った。彼女は、なんとコロラドのサポーター、ヒロミさんとハルミさんから紹介でワシントンDCでのサポートをしていただくことになったのだ。

4番通りからマディソンに入る。ナショナルギャラリーのすぐ前にバスコファイブの場所を陣取って、精製機を引き出してセットアップを始めた頃、ぽつりぽつりと雨が降り始めた。予報が雨だと聞いていたので覚悟はしていたけれど、やはり雨。さっそく、雨ようにもってきていた車用タープを取り出し、リヤゲートをカバーする。
土砂降りになったころ、サポーターの一人アヤコさんとだんなさんのアレックスが、レストランから回収したからと、廃食油を届けてくれた。燃料がかなり少なくて移動が難しいことを伝えてあったから、悪天候にもかかわらず出向いてくれたのだ。ほんとうにありがたい。感謝!

IMG_1927.JPG IMG_1929.JPG BDA_6819.JPG IMG_1977.JPG

ステージでの催しが始まった。雨だというのに随分の人出だ。このイベントは、DCで行われる一連のイベントの一貫で、全米7都市とのサテライト企画だ。1970年に初めて催されたアースデイの企画グループによって創設されたアースデイネットワーク(EDN)は、世界を結ぶ環境への意識の向上や地域と世界レベルでの活動のネットワークとして、世界174カ国、17000の世界的活動団体、5000の米国内プログラムをつないでいる。このEDNとグリーンアップルフェスティバルの協力で開かれたのが、ワシントンDCのナショナルモールでのアースデイだ。今日20日は、多くのミュージシャンたちの演奏、さまざまな分野から招かれたスピーカーによる講話、モール内には数々のブースが設置されていた。そして22日には国会へ地球の温暖化など気候の変化への即刻対応を要求する100万通の電話をするという運動を呼びかけている。

僕たちがアースデイまでにDC入りすることを決めたのは数週間前のことで、時期が遅かったのと、市販されている車を公園の敷地に入れることは許可が出ないということで、公に参加することはできなかった。でも人通りの多い通りに駐車できたので、多くのひとから声をかけられた。バイオディーゼルを試してみたいから売ってくれというひと、学校の教師をしていて近々環境に関するクラスを計画しているから金曜日に車を持ってこられないかという人、右ハンドルだと気づいて「イッツクール!」とはしゃぐ子供たち、雨よけに設置したタープを見て僕らが何か食べ物を売っていると勘違いして来た人、バイオディーゼルに関わった仕事をしたくてつい数日前にナショナル・バイオディーゼル・ボード(NBB)で面接を受けたばかりなんていう青年も来た。

IMG_1943.JPG BDA_6825.JPG BDA_6831.JPG IMG_1978.JPG BDA_6836.JPG BDA_6830.JPG

ざっと数えて一日に3回ほど、風も吹き荒れる土砂降りになり、みんな文字通り頭から足のさきまでびしょぬれ、靴のなかもぐしゃぐしゃの水浸しだった。時々ナショナルギャラリーで雨宿りしながらも、人が引かないのはおもしろかった。かえってこの雨を無邪気に楽しんでいるようにさえ見える。僕たちも応援にかけつけてくれた、オークランドのサポーター、ハルエさんと共に4人でわいわいいいながらお祭り騒ぎを楽しんだ。

お世話になっているアンジェラさんの家に立ち寄って服を乾かすと、サポーターの方たちが計画してくれているパーティ会場であるヨウコさんの家を目指す。ポトマック河を渡って、DC周辺での学校訪問や宿泊その他をお手伝いしてくれているヨウコさんとヒロミさん、3人のご家族とお友達やご近所のかたなど、日本人とアメリカ人合わせてざっと20人ぐらいの集まりとなった。みなさん持ち寄りでおいしそうな食事を用意してくださり、旅の様子を話したり、北米の経過をスライドショウで見てもらい、和気あいあいと楽しい夜を過ごした。サンフランシスコの交流会を主催してくれたサポーターのハルエさんには、「変な言い方だけど、みんなこの2ヶ月間にほんと成長しましたねぇ。人の前で話をするのにも、随分慣れて余裕とチームワークが深まったみたい。」なんて褒められたりして・・・。少しは成長したのかな?!

IMG_1992.JPG IMG_2004.JPG IMG_2039.JPG IMG_2046.JPG IMG_2067.JPG

廃油回収量 79L
走行距離 30km
お世話になった人たち:ヨウコさン&リオ、アヤコさん&アレックス、ヒロミさん&カール、カイくん&ウミくん、リオンちゃん&ダリオくん、ソラヤちゃん、リンタロウくん、その他DCのサポーターのみなさん

▲ページのトップ

BDA_6807.JPG

4月19日(金) 晴れ ニューヨーク→ワシントンDC

昨夜、モーテルに宿泊できたのは午前1時過ぎだった。それから燃料を精製をしたので寝たのは遅かったものの、午前中はグランドゼロを見にマンハッタンへもどることにした。どうしてもグランドゼロに行き、亡くなった方達の冥福を祈りたかったのと、その後再建がどうなっているのか、この目でみたかったからだ。

グランドゼロの近くで駐車したところへ戻ってみると、アメリカ人の家族が留守番をしていたサッチンと話込んでいた。父親らしき人物が「いやぁ、僕はねバイオディーゼルには、基本的に反対なのだよ。」「食料の高騰を招いている現状で、原料に問題があるとおもわないかい?」「確かにそうです。ですから、わたしたちは廃油をリサイクルしているんですよ。それに、アメリカ国内でも他の原料を模索して、いろんなところで研究しているひとたちにも会いましたよ。」「へぇ、そうなんだ。私は、まだ納得いかないけれど、ぜひもっと持続可能な道を探求してくれよ。」反対だと言いながらも、楽しそうに議論を交わすのを見て、こういうことは日本人にはとても難しいことだけれど、ぜひ学びたいコミュニケーションの方法のひとつではないかと思った。

IMG_1855.JPG BDA_6786.JPG IMG_1875.JPG IMG_1885.JPG

?

いよいよマンハッタンを離れ、ボルチモア・ワシントンDC方面に向かう。東海岸に来て、有料高速道路やトンネルが目立ってきた。ハイウェイ上で追い抜いてゆく車から、Vサインや親指を立てる応援のしぐさ、プップー!という警笛の激励を受けるのにも慣れてきた。ニュージャージー・ターンパイク&I?95を通っていたときだ。ダッジの白いバンの家族連れがやけに盛り上がりながら追い抜いていった。今まで幾度もシャッターチャンスを逃しているタツヤから、「あのバンじゃあまりスピードが出ないから、追いつけないかなぁ。」とのリクエスト。

?

どうやら向こうも、こちらがスピードアップしたことに気づいたらしい。追いつくのは、とても簡単だった。適度に混んでいるから、2車線を並行走行しても文句を言う車はなかった。あちらの窓が開いてみると、どうやら家族みんながカメラの用意をして、近づいてきたようだった。サッチンも窓を開け、手を振っている。こちらのバイオディーゼルの文字を指差して親指を立ているから、BDFのサポーターだということは間違いない。もう一度手を振ると、フツウのスピードにもどり去っていった。(実は5月の中旬になって、このお父さんからメールが来た。ぼくらのサイトを見つけたのだ。4人家族のうち14歳になる息子がエコ燃料に興味をもっていて、ランプを改造してバイオディーゼルで使っており、運転できるようになったらディーゼル車を改造してバイオ燃料で走りたいと言っているのだそうだ。だから、僕らの車を見て、息子をはじめ家族みんなが思わず興奮してしまったとのだそうだ。)こんなやり取りは、長い道路の旅にちょっとしたスパイスを与えてくれて、とても楽しい。

IMG_1904.JPG IMG_1909ax.JPG

?

さて僕たちはその後、ボルチモアの町を抜けブルックビルという町に寄り道することになっていたのだが、ボルチモア周辺で車のパネルに見慣れぬランプが点いたことに気がついた。オイルが少なくなったり、エンジンフィルターの交換が必用な時につくランプとは違うものだ。すぐに車を停めて、マニュアルを紐解くことにした。どうも、燃料フィルターに不純物(水その他)が入り、フィルターが一杯だから、一度たまったものを抜かなくてはいけないようだ。ペットボトルに70mlあまり入った中味を見て、僕らはギョッとした。それは明らかにとても色の濃いグリセリンと水だった。

?

できるだけ避けようと言いながらも、僕らは約束の時間に間に合わなくなりそうだったり燃料が足りないとき、精製が完全に終わっていないバイオディーゼルを給油してしのいできた。そのせいで使用した燃料の中に、本来取り除くべき不純物が混ざったままエンジンの方へ送られていたのだ。このフィルターが効いていなければ、エンジンにダメージを与えるところだった。北アメリカ大陸横断は問題なくここまで来たけれど、これまでの判断基準では甘い。そう痛感し、ほんの少し背筋が延びる思いだった。品質管理をもっと厳格にしていかないと。

?

夜遅くDCの町にたどり着く。いろいろあって、結局遅くなってしまった。泊めていただくアンジェラのお宅はDCにあるのだが、カリフォルニアのサポーター、サッチンの親友のハルエさんが飛行機で駆けつけてくれて、先にご近所を偵察(?)しパーキングやその他の事情を確認してくれていたので、とても助かった。彼女が買っておいてくれた3種類のクラムチャウダーで乾杯し、再会を祝った。アーズデイまでにDC入りしよう!そう決めてから、ついつい先を急いでの欲張りな旅をしてきて、懐かしい顔を見たことと、久し振りにモーテルではなく人のお宅に来て、何だかとても落ち着いた。明日は朝早いから、今夜はとにかくすぐに寝ようということになり、サッチンとハルエさんにも無理だとわかりつつ「あまり夜更かししておしゃべりに興じないように。」と釘を刺し、床に入った。無事DC入りできた、よかった!


?

?

廃油回収量 0L

BDF 40L(フランキーより)

走行距離 402km

お世話になった人たち:フランキー、アンジェラ、ハルエさん

▲ページのトップ

IMG_1542.JPG

4月18日(木) ダンモア(PA)→ニューヨーク(NY)

いよいよ今日はニューヨークに入る日だ。ついにアメリカを横断して東海岸のニューヨークに到着だ!
やはりマンハッタンに近づくに連れ交通量は増える。久しぶりの都会だ。午後は日系の雑誌と新聞から取材を受けることになっている。そこでタイムズスクエア方面をめざすことにした。フロントラインという雑誌の記者内藤さんに電話をすると、彼女のオフィスはすぐ近くなので、走っている車の写真も欲しいしスクエアまで出て来てくれるという。タイムズスクエア周辺を何度か回りながら彼女を待ち、撮影した。なかなか駐車するスペースを見つけるのは難しいのだが、彼女の勧めでちょっと脇の43番通りにパーキングスポットをゲット。

IMG_1578ax.JPG _MG_3800.JPG IMG_1598.JPG IMG_1538.JPG

いわゆる5thアベニューからさほど遠くない一角に、日本企業のオフィスが立ち並び、日本食レストランや日本の雑貨屋などが隣接するブロックがある。その辺りにフロントラインのオフィスと、週刊NY生活のオフィスがあった。フロントラインの取材をうけた後、今度は週刊NY生活に電話をする。担当記者の浜崎さんは手帳を片手に降りてきてくれた。ゆっくり話をする場所がないので、これも経験!と助手席に乗り込んでもらう。取材のあと、ご近所の日本食レストランに紹介してもらうが、回収業者が集めたばかりというので、無念にも廃油をいただくことはできなかった。

IMG_1706.JPG IMG_1693.JPG IMG_1535.JPG IMG_1678.JPG

人に紹介してもらった何軒ものレストランに電話をしてみたけれど、どうも廃油をくれるというところが見つからない。昨日のテレビの取材で知り合ったドライバーの松尾さんから紹介を受けた、ブルックリンにある中近東料理のレストラン「ミリアム」だけが頼りだ。思い切ってブルックリンまで、橋を渡って行ってみることにする。

オーナーのシャイは、ブルックリンでいくつかのレストランを経営している。道の角にある「ミリアム」は、モロッコ風というかアラビア風というかエキゾチックな内装のとてもしゃれたレストランだった。店のすぐ近くに駐車できたので、廃油をもらうだけでなく食事もさせてもらいたいと思い、その間に精製をしたいので電源を貸してもらえないか交渉した。電気を使うのはかまわないが、コードに足を引っ掛け道行く人や店のお客さんが怪我をしたら困るというので、コードをレンガやコンクリートの切れ目などにうまく這わせて通行のじゃまにならないように工夫して使わせてもらうことになった。歩道のガムテープで溝に沿ってはわせたコードがみえないようにカモフラージュしてその部分を覆うとなにごともないかのようにきれいに仕上がった。

店ではおいしいタジーンをいただいた後、オーナーが現れ交渉が成立。店の脇にある扉を開けると、地下にある倉庫へ降りそこからたっぷり油をいただいて、夜10時過ぎブルックリンを後にした。

IMG_1733.JPG IMG_1745.JPG IMG_1782.JPG IMG_1771.JPG IMG_1792.JPG IMG_1790.JPG

実は今夜泊まるところも決まっていない。マンハッタンでは僕らの予算にあうモーテルが見つかるとは思えないので、ニュージャージーへ出てみようということになった。やっとホテルが決まり、いざ電源を借りられるよう頼んだところ、どうしてもだめだった。長い一日の真夜中過ぎ、ちょっとショックだけれどめげずにまた宿探し!

廃油回収量 40L

走行距離 239km

お世話になった方たち:ナイトウさん、ミウラさん、ハマザキさん、マツオさん、シャイ

▲ページのトップ

オノンダガ・ネイション

| トラックバック(0)

IMG_1410.JPG

4月17日(木) はれ シラキュース(NY)→ダンモア(PA)

昨日の約束どおりチーフに電話をかけると、オノンダガ・ネイションのコミュニケーションセンターに来るよう言われた。とにかく言われたところへ行ってみることにした。着いてみると、他にも何人か集まっており、コミュニケーションセンターで働いているベティとサマーと、シックスネイションズノ環境タスクフォースのメンバーの一人、タスカローラ・ネイションのニールもいた。今日は学校があり、行かねばならないが、何か質問があればいつでも連絡してくれと言い残し、去っていく。チーフたちの連絡を受け、時間がないのにかけつけてくれたのだろう。ありがたい心づかいだ。
ここではゆっくり時間がすぎてゆく。言葉もわからないし説明もないから、ひたすら待つ。今までもそうだけれど、僕が彼らとつきあって感心するのは、自分にとってもしくはネイションにとって何が優先度が高いのか、かれらはいつでも心得ているということだ。時によっては予定をすっかり変えてしまうから、つきあっていて困ることも多々ある。でも、彼らは何が今必要なのかわかっていて、決して妥協しない。現代の文明社会で生きていて、僕たちは時々そのことを忘れているのかもしれない。

IMG_1342.JPG

ひとりのチーフが「じゃ、行こうか。後をついてきてくれ。」と言って、先導してくれた。しばらく走ってたどり着いたのは、ある農場だった。中からはビルと名乗る白人のファーマーが出てきた。どうやら彼が、昨日きいたバイオディーゼルを作っている農場経営者らしい。明らかに肥やしの匂いが漂っていて、見回すと何等もの牛、それからコンポストの山が見える。酪農が主な収入源だろう。聞いてみると、ビルは酪農一家の4代目、生活していくために酪農のほかにもいろいろ手を出したこともある。バイオディーゼルを作ることに、父親は反対だった。でも、毎月の燃料費が4000ドルを越えたとき、それを払い続けて農場をつぶすようなことはさせない、と彼の意思は強まった。今でも賛成してくれてはいないが、黙って見守るようになったという。

ビルのBDF精製システムは、半継続式とでも呼ぼうか1分間に60"80ガロン、圧力を使って反応を細いパイプの中で起こさせ、長いときで5時間持続して作ったことがあるという。しかし子供が家業を手伝うこともあり、薬品を手の届くところに置いておくことに不安を感じ、最近ではSVOつまりフィルターにかけた廃油のみを使用している。近くのレストラン数件から廃油を回収する。その他、食料品店などにゴミ箱も設置しており、それを回収してコンポストを作る。'98年にあった大きな暴風雨で倒れた木を再利用したのがきっかけで、町で倒れてしまった木や他の木々の成長を妨げることになる木だけを疎抜き、道の牛の糞や木屑と混ぜてねかしそれも販売している。オノンダガのクレーン操縦士たちは、とても腕がよいので、こういった正確さを要される仕事が得意だとも話してくれた。
コンポストの山を見せてもらったのだが、混ざっているビニール袋のくずの多さに驚いた。これはすべて手で拾うのだそうだ。それでも、始めた当初よりは減ってきた。どう捨てたらごみを生かせるのか、まだまだ教育が必要さと笑った。

僕らの廃油回収もそうだけれど、実感するのはリサイクルとか持続可能なサイクルというのは、すべての段階で人の協力とケアがあってこそスムーズに成り立つのだ。つまり僕らの場合でも、レストランの裏手にある油の回収コンテナを前に、水が混ざったり洗剤も一緒に入れてしまったために、BDFにできないことが多い。捨てる人が再利用についてもっと知識があれば、手間や無駄が省けるわけだ。こういったことがうまくまわり始めるてやっと、本当にサステイナブルと呼べる社会が実現するのだろう。

IMG_1350.JPG IMG_1362.JPG IMG_1373.JPG IMG_1390.JPG

バーミンガムという町の近くのガソリンスタンドで、トイレ休憩&ルートの確認をしていた時だ。自転車に乗ったマットと名乗る若い男性が息をきらして近寄ってきて、自分とその友人はバイオディーゼルを作っていて、廃油をあげたいし彼にも僕らの車を見せたいから、ぜひ来てくれないかと誘われた。彼の妹が僕らの車を見かけて電話をし、取るものもとらず駆けつけてきたらしい。おもしろそうなので、訪ねてみることにした。

地下室に設置されたシステムは、マエストロという市販の精製機を使用したものだった。まだ経験が浅いらしく、彼らからはいろいろ質問があった。どうも地下室の温度が低すぎて、反応時に十分熱くならないため、反応が完全に起こらず失敗を繰り返しているように思われた。それから、廃油をくれるというのでポンプから汲み上げ始め、僕ら3人ははその色に見覚えがあり思わず顔を見合わせた。ヒューストンのデルに教えてもらったことだ。白っぽく濁った廃油は、間違いなく油の試用期間を延ばすために入れる添加剤(マグネソル)が混じっているものだった。どのようにこしているのか訊ねると、取っ手のついたざるを持ってきた。残念ながら、この油をいただくわけにはいかないこと、反応前のフィルターがけはかなり重要で、最低でも100ミクロン、もっと細かいフィルターにかけている人もいることを伝えた。

IMG_1452.JPG IMG_1450.JPG

ショックを隠しきれないものの、彼らの顔には希望の光がともったように感じた。「廃油を提供してくれようという気持ちだけでもうれしいよ。 Please keep trying!!」 近所のレストランに廃油がないか電話までしてくれた彼らに、そう礼を言い一路ニューヨークを目指した。遅くなってしまったので、今夜中の到着は無理だが、できるだけ近くまで走りたい。実は給油しなくてはならず、できればどこかで電源を借りたかった。今日だけ午後から同行取材していたTBSの希望で、ブルーマー(PA)という町に立ち寄り空き地でプラントの説明を収録していたのだが、その間タツヤがご近所のかたに声をかけ、頼んでみると快く電源を取らせてもらえた。せっかくなのでプラントの仕組みをご披露、見ず知らずなのにとっても仲良くなってしまった。これもバイオマジック、人と人の出会いをもたらしてくれる魔法の車なのかな。

IMG_1473.JPG IMG_1469.JPG

廃油回収 0L
走行距離 312km
お世話になったひとたち: ジェイク、バージル、ニール、サマー、ベティー、ビル、マット、アール、マイク(父)、マイク(息子)、すずきさん、ひろせさん、まつおさん

▲ページのトップ

バッファローで再会

| トラックバック(0)

IMG_1087.JPG

4月15日(火) 晴れのちくもり バッファロー(NY)

ニューヨーク州立大学バッファロー校を訪れることにしたのは、つい数日前のことだった。ネイティブアメリカンで環境問題に取り組んでいると聞いている、イロクワ・シックスネイションズの選抜団体、Environmental Forceのメンバーに話を聞きたいと思い、連絡を取っていたところこの大学にたどり着いた。残念ながら会いたいと思っていたチーフは不在だったのだが、ここで僕らはとても面白い再会を果たすことになった。

塩原良さんは、吟遊打人と名乗る太鼓を主に芸能の道で生きている人だ。実はタツヤの高校時代の級友でもある。日本での出陣式から僕らの活動を追ってくれている方は、覚えていていらっしゃるかも知れない。出陣式の時セレモニーの景気づけに、太鼓の演奏があった。それが塩原さんだった。更にロスでの滞在中、彼の弟分とも言えるTakumiくんが遊びに来てくれて、「予定は合わないだろうけど、4月の中旬からアメリカ北東部をツアーの予定です。」と言われていた。僕らはその頃、4月の初めまでには北米フェーズを終えると予定していたので、「残念だね。」と話していたのだが、二日ほど前にタツヤが連絡を取ってみると、なんと今夜15日バッファローの大学でコンサートを予定しているとのことだった!!ご縁とは、なんて不思議なものだろう。

BDA_6627.JPG BDA_6630.JPG BDA_6605.JPG BDA_6506.JPG

塩原さんの口ぞえで、彼らのコンサート会場であるCenter for the Arts の入り口脇に、車をディスプレイする許可をもらうことができた。しかもコンサート前だというのに、リハーサル後二人で外に出てきて演奏してくれた。感謝。塩原さんの演奏は、昔ながらの前口上がよい。超ブロークン・イングリッシュの「サンキュウ!」「ビーハッピィ!」も楽しい。そして腹に響く張りのある音は、疲れ切った僕ら3人の魂を奮いたたせてくれた。

コンサートの後、同じモーテルに宿を取った僕たちは、彼らの主催(のみにとどまらず、演奏まで一緒にしてのけた)ミチコさんと二人を誘って夕食に出かけた。便利なことに、宿から徒歩2分のところにうまそうな韓国料理店があった。閉店間際の10時に駆け込んだのに、ご主人も奥さんもとてもよい人で、本格的な韓国の家庭料理をゆっくり説明しながら出してくれた。ちょっと駆け足の旅にかまけて、車の中でクラッカーを頬張るような数日が続いたので、久しぶりのオリエンタル料理にほっとした。僕はサバイバルモードに入ると、食べ物などどうでもよくなってしまうタチなのだが、やはり米を食べるとほっとするのは事実だ。隣を見ると、サッチンはご満悦といった顔で塩原さんと話が弾んでいる。タツヤは、なぜか店の奥さんに気に入られ「さぁさ、ちゃんと食べるのよ。」なんて世話を焼かれて、すっかりゆるゆるだ。明日は、会いたい人に会えるかな・・・不思議な再会を果たした僕たちは、心のこもったおいしい食事(ともてなし)と旧友の応援に勇気付けられ、希望に胸がふくらんでいた。

BDA_6634.JPG BDA_6644.JPG BDA_6648.JPG BDA_6658.JPG IMG_1119.JPG IMG_1163.JPG

廃油回収 0L
走行距離 95km
お世話になった人たち: 塩原さん、Takumiくん

▲ページのトップ

ブーヌ

| トラックバック(0)

IMG_0968.JPG

4月12日(土) 晴れ ピッツボロ(NC)→ブーヌ(NC) 

南部から東海岸にかけていくつかある訪問候補地中ので、今回キーになっていると感じていたのは、ノースカロライナだった。昨日から来ているピードモントに加え、もう少し西にあるブーヌという町にあるアパラチア州立大学も訪ねたいと思っていた。そこでは、学生がバイオディーゼルのプラントを作り、EPA(U.S. Environmental Protection Agency) P3 Design ExpoというDCで開催されたイベントで、2006年にデザイン賞を受賞したと聞いていた。また、ここからニューヨークへ直線で北上するか、以前から行きたいと願っていたナイアガラの滝の辺りまで遠回りできるか・・・。今日訪れるブーヌを出発する時点で、タンクにある燃料と相談して決めようという心積もりだった。

ここピッツボロに来てピードモントの工場を訪ねたとき、意気投合して一晩お世話になったのが、ラッセルという青年だ。彼はピードモントの工場でバイオディーゼルの精製を手伝っている。夕べは彼の家の近くにある自然食品マーケットで、生演奏つきの特別メニューがあると聞いて、夜空を楽しみながら夕食を一緒にした。実はこのラッセル、アパラチア州立大学の卒業生で、2006年のバイオディーゼル・プロジェクトにも関わっていたらしいとわかった。今日会うことになっている、プロジェクトの指導教授ジェレミーがまだ大学院生だったころから知っているという。縁を感じずにはいられず、話をするうちに「狭いけどうちに来て泊まれば?」という話になったのだった。

朝もう一度レイチェルの家があるコープを訪ねると、彼女はフレンチプレスからコーヒーを注ぎながら、ソーラーパネルの話や他に何人か連絡を取るべき人を紹介してくれた。ドイツにいて、バイオディーゼルは嫌いでSVO(Straight Vegetable Oil) の信者だが、ロシアに知り合いがあるから助けになるだろうとか、DC郊外でバイオディーゼルを作っているフランキーなど。シアトルでバイオライルに人を紹介してもらって依頼、どれだけこんな風にバイオディーゼルのネットワークが広がってきたことだろう・・・。

IMG_0841.JPG IMG_0842.JPG IMG_0867.JPG IMG_0874.JPG

アパラチアの美しい山景色を満喫しながら、ブーヌへ向かう。ジェレミーとは午後3時、大学のプラントで待ち合わせだった。少し早く着いたので、人気のないグリーンハウスやウェアハウスのような建物の周りを歩いてみた。ひとつの小屋の周りには、見慣れた5ガロン入りのプラスチックのコンテナ(大抵のレストランでは、この容器に入った油を購入するため、廃油でバイオディーゼルを作っている人たちには、お馴染みなのだ!)がいくつか並んでおり、どうやってもこれがプラントだろうと思われた。

ジェレミーは思いのほか若いが、アパラチアの男にふさわしくふさふさ、というよりはボーボーのあごひげを生やした、気さくで穏やかな中に情熱をしたためた感じの人だった。そのうち、2006年のプロジェクトに関わっていた元学生のジョン、現在のプロジェクトメンバーの数人、プラントとグリーンハウスの建設を手伝った建築学科の先生などが現れた。お互いのプラントの説明や、情報交換、今後への課題など、話題は絶えない。そのなかでアルジー(藻)の話や、水草を使っての排水洗浄システムなどは、興味深いものだった。

一通り話が終わり、もうひとつのプロジェクトに協力してもらい、みんなが絵を描き始めたとき、ジェレミーが「今日の夕方、僕のバンドが大学のギャラリー・オープニングで演奏するんでけど、来るかい?」と言い出した。音楽好きのタツヤはすっかり乗り気。サッチンも「どんな音楽なの?」とウキウキの様子。もちろん僕も、生演奏が聞けるなんて大歓迎だ。時計を見るとあと20分で演奏開始だというのに、結構悠長なジェレミーの後を走り、大学の校舎があるダウンタウンへ向かった。

彼らが演奏していたのは、地元の人たちが「オールドタイム」と呼ぶ、いわゆる「ブルーグラス」に似た音楽だった。ジェレミーはフィドルつまりバイオリンを弾いていた。ローカルの風景に焦点を絞った複数のアーティストに寄る写真展だったのだが、彼らの軽快なリズムは来た人たちに活気を与えているようだった。横を見ると、もちろんサッチンとタツヤも踊っていた。
ちょうど来ていた「バンフマウンテン・フィルムフェスティバル」にも誘われたのだが、僕らは燃料の精製やウェブの作業が滞っていたので、今夜は残念ながら辞退しなくてはならなかった。

IMG_0925.JPG IMG_0921.JPG IMG_0959.JPG IMG_0938.JPG IMG_0935.JPG IMG_1004.JPG


廃油回収 0L
BDF 53L
走行距離 411km
お世話になった人たち、出会った人たち: ジェレミー&ルネ、ジョン、エリカ、クリステル、ブライアン、トッド、ハロルド、ジョナサン、マシュー、メアリー、リー&スペンサー、アダム

▲ページのトップ

シャイニングスター

| トラックバック(0)

IMG_0640.JPG

4月11日(金) 晴れ グリーンビル→ピッツボロ(NC)

IMG_0620.JPG IMG_0626.JPG IMG_0628.JPG IMG_0631.JPG

僕らはアメリカフェーズ始めてから、バイオディーゼルのパイオニアとも言える何人かの名前や、団体名を耳にしてきた。その中に「ピードモント・コープ」というノースキャロライナのバイオディーゼル共同組合があった。大企業ではなく草の根運動として活動しているコープの中で、彼らは「シャイニングスター」なのだと言った人もいた。だから彼らが、何をどんな風に運営しているのか、ぜひ訪ねて話を聞きたいと思った。

グリーンビルから約400キロ。ピッツボロは、のんびりして居心地のよさそうな、アパラチアの田舎町だった。彼らは、有機農業とバイディーゼルの共同組み合いと一般向けにバイオディーゼルを販売する会社の2団体を経営している。ラルフ、リーフ、レイチェルの三人が発起人だ。

まずは町のはずれにある、ピードモントの市販用BDF工場を訪ねることにした。そこには「工場」という名前からはふつう想像しないような、明るい色のペイントがファンキーでかわいい建物がたっていた。一連のコンプレックスは倉庫を改装したもののように見えた。奥にはオーガニックなのだろうと思われる畑やピンクの縁取りの給油所らしき小屋などに混じって、大きなタンカーやPiedmontと書かれたトラックが停まっていた。2005年2月に、以前国防省の持ち物でその後15年間使用されていなかった工場に目をつけ、 その再利用を実現した。また、NCAT (National Center of Appropriate Technology) からの援助金を勝ち取って、資金繰りをした。だから、草の根的に廃油からバイオディーゼルを作っている会社にしては、比較的余裕のある「実験室」「オフィス」そして「工場」とスペースが分かれており、更にデモ&教育用のコンテナーまで用意されていた。このコンテナーには搾油機をはじめ、精製機の実用モデルが取り付けてあり、学校やイベントへ持って行ってはデモをしてみせるのだそうだ。

IMG_0649.JPG IMG_0663.JPG IMG_0669.JPG IMG_0697.JPG

この工場では、一日2000ガロンx2回の精製をしている。前に停まっていた大きなタンカーは、バイオディーゼルを買いに来たとのことだった。僕らが使っているイオン交換樹脂の類似品、アンバーライトとピュアライトを使用。水での洗浄をするのに使っているということで、僕らにはとても興味深いところだ。精製に必要な電気はソーラー。原料は、廃食油と鳥の油脂。食料の物価高騰に伴い、レストランからの廃食油だけでは足りないことから、ここ数年手に入るものはなんでも試すしかなく、鳥の油を使用し始めた。「理想を言えば使いたくないけれど、市販用のバイオディーゼルには、これを使わざるを得ないんです。」とレイチェル。ちがうロケーションにある、協同組合のメンバーに売るものだけは、廃食油にこだわって生産しているとのことだった。750KWの大きな発電機があり、今手がけているプロジェクトがうまく市に受け入れられれば、ピッツボロにある1000世帯がここで作る電力に頼ることができる見込みだと言う。「市認めてもらって契約を取るのは、至難の業よ。でも、実現してみせる。」

ピッツボロから10kmほどのモンキュールが、レイチェルの本拠地だ。家と同じ敷地内に協同組合(コープ)があり、有機農業とバイオディーゼルの生産販売を、インターン方式をとって運営している。車の修理免許を持つレイチェルとその友人二人は、4年前にバイオディーゼルの実験をはじめ、簡単なクラスを教えることから始まった。クラスを取った人たちからの要望が高まり、2003年10"20人ほどが集まって協同組合という形で、バイオディーゼルの販売を開始した。販売のみに力をいれていたのだが、アイオワ州やフロリダ州の大きな会社からの購入が難しくなり、自ら作ることになった。現在は、ピッツボロの町周辺7箇所に給油所があり、600人ほどのメンバーをかかえている。

日本人のはるかさん他、インターンとして働いている方たちがちょうど仕事を終え直前に到着したのだが、親切に精製所の案内をしてもらい、彼らの仕事や持続可能な方法への打ち込みの徹底振りに、頭がさがった。

IMG_0763.JPG IMG_0766.JPG IMG_0802.JPG IMG_0758.JPG IMG_0776.JPG IMG_0810.JPG

廃油回収量 40L
BDF 38L
走行距離 407km
お世話になった人、出会った人:レイチェル、リーフ、デビッド、トッド、クレッグ、エヴァン、ラッセル、はるかさん、ティム、ジェイソン、ウィル、アンドリュー、タミィ

▲ページのトップ

アトランタ通過

| トラックバック(0)

IMG_0481.JPG

4月10日(木) 晴れ モールディン→グリーンビル(SC)

今日はジョージア州からサウスキャロライナに入る予定。夕べ化学反応を済ませて沈殿させてあった燃料を確認し、早速ハイウェイに乗る。本当言うと、時間が許せばフロリダ方面へ入ろうかと思っていたのだが、マイアミやキーウェストへの距離を考慮すると、燃料の精製が追いつきそうもない。残念だったけれど、フロリダ入りは諦めることにした。
休憩を兼ねてアトランタの町に寄った。ここには、CNNニュースの本拠地がある。コカコーラのワールドミュージアム横を通り過ぎ、CNNにランチを兼ねて見学することにした。

IMG_0432.JPG IMG_0461.JPG IMG_0456.JPG IMG_0484.JPG

サウスキャロライナでは、今まで出会った方たちのネットワークが広がっており、多くの方から「近くに来るのなら会いたい。」「廃油を寄付したい。」という声をかけていただいていた。もちろん僕たちは燃料に余裕はないので、すべての方たちに会いに行くわけにはいかない。その中で、ちょうどすでに約束のあるノースキャロライナへのルート上にあるバイオディーゼルの協同組合からの強い要望があり、立ち寄らせてもらうことになった。急に連絡し、予定より遅くなってしまったにもかかわらず、ウェインとアレックスをはじめコープのメンバーとその家族、彼らが呼んでくれたテレビカメラマンのジェイソンは、嫌な顔ひとつせず待っていたくれた。

ウェインとアレックスは、「バイオディーゼルを作ってみないか?」というインターネットでのウェインの呼びかけがきっかけで知り合った。「掲示板に載せて、何ヶ月も待ったのに、誰からも何の音沙汰もなかったんだ。ところがある日忘れた頃に、アレックスから連絡が来て、一緒にバイオディーゼルのコープをやろうということになった。」アレックスも僕も、家の台所で少量を試すのに飽き飽きしてきた頃だよ。」廃油をこすフィルターを買うのはもったいないから、メンバーの一人チャーリーがスリフトショップから1ドルでジーンズを買ってくる。太ももの部分を切り、細いほうをウェインが縫いとじてフィルターを作っている。僕たちが廃油がなくて困っていると伝えてあったので、作業場を引っ越したばかりで精製を休んでいたようなのに、無理をしたのだろうか、僕らが着いて一段落すると「廃油が必要なのだろう。」とドラム缶からポンプでくみ出し、廃食油を分けてくれた。

アメリカに入った時にはその存在すら知らなかったグリーンビルという町で、僕らは予想外の歓待を受け、予定が遅れてしまったのを言い訳に今夜はこの町に宿をとることにした。夕食は、ウェインの奥さんのステイシーのススメに従い、近くの中華料理屋で親睦会となった。急な誘いをかけたのに、みんな都合をつけてくれて、楽しいひと時を過ごしながら、バイオディーゼルの話題で持ちきりだった。「オー、僕たちが初めて作ったBDFは、ひどかったよ (It was not pretty.)。サンプルが今でもとってあるから、後で戻ったときに見せてやろう。」バイオディーゼル関係者に会うと、いつもこんな話で盛り上がる。バイオ燃料は新しい。誰も本当のことろを知らないのだから当たり前なのだが、わからないからこそ失敗や成功を繰り返して、一歩一歩学びながら燃料とつきあっていく感が強い。それを面白いと思える人が、世の中にこんなに何人もいるなんてちょっと感動ものだ。いわゆるハウトゥー本が少ないので、インターネットでのネットワークが広がっているのもよくわかる。わいわい言いながら、彼らの辛抱強さとユーモアのセンスに、今夜もまた脱帽した。

IMG_0522.JPG IMG_0540.JPG IMG_0526.JPG IMG_0533.JPG IMG_0550.JPG IMG_0587.JPG
廃油回収量 140L
BDF 80L
走行距離 383km
反応 1回

お世話になった人たち: ウェイン&ステイシー、アレックス&レイチェル、ボブ、チャーリー、デレック、ジェイソン(TV)

▲ページのトップ

深夜パトカーの来襲

| トラックバック(0)

IMG_0417.JPG

4月9日(水) 曇り スライデル(LA)→バレー(AL)

南部のまっただ中を走っていて目につくのは湿地帯だ。そういった沼の中に、少しでもよいから入ってみたいと思い車中で調べたところ、通り道からさほど遠くないところに「ゲーターランチ」というツアー会社があることがわかった。電話してみたところ、30分のボートツアーならやっているというので、ちょっと道草してみることにした。

ハイウェイから逸れてでこぼこ道に入る。看板が出ていたから正しいのだろうが、ただの藪に入っていくような感じだ。ラフな(としか言いようのない)建物が見えてきた。隣には沼とボートが2台。30分のツアーを頼むとポールと名乗る30代の男性が、「じゃあ、いつでもいいよ。」とボートの方へ歩き始めた。水草が生える狭い水路をブーンと抜け、時々たくみに方向転換をしながら進んでいった。ワニが倒れた草のうえにじっとしている。今日は気温が華氏70度(摂氏約20度)なので、彼らには寒すぎるので半分眠ったような状態で、エネルギーを使わないようにしているのだということだ。「アリゲーターは、滅多に人を襲わないんだよ。クロコダイルとは、まったく別の生き物さ。」安然ながら時間が許さず、スワンプのプチ体験しかできなかったが、あの匂いや野草の白さ、そしてどこまでも深い黒い南部の水の色はぼくの心に焼きついた。

IMG_0245.JPG IMG_0201.JPG IMG_0177.JPG IMG_0161.JPG

湿原の沼から出てハイウェイに戻る。昨日オイル交換をすることができず気になっていたので、大きめの町を通る度にトヨタのディーラーを探しては電話をかけた。重量が多いことや、ディーゼルエンジンだということを言うと、面倒に思うのか電話でよい返事をもらうことは難しい。しかし、モービルというアラバマ州の町で、やっと「どうぞ、来てください。」との返事をもらえた。アルバカーキでトヨタのディーラーに行った経験から予想はしていたのだが、やはりここでもたくさんの従業員が寄ってきた。アメリカではトヨタはディーゼル車を市販していないので、珍しいということもあるらしい。ランチを終えて戻ってみると、親切にも洗車までしてくれていてマネージャーのジェームズさんが、「がんばってください。費用はうちで。」と申し出てくれた。ありがたい。

IMG_0323.JPG IMG_0297.JPG IMG_0314.JPG IMG_0337.JPG IMG_0342.JPG

テキサスを越えてから、少し先を急いでいる。今夜も宿についてすぐ、燃料の精製に入った。今夜つくり始めなければ、あさって走る燃料はない。できた量より多く使ったり使い方を誤れば、燃料は予定より早くなくなってしまう。そんなペースで旅をするのにも慣れてきた・・・。僕たちは「自給自足」を身をもって感じ、毎日学びの連続だ。

この晩ちょっとした事件が起こった。

夜も更けた午前2時過ぎ、化学反応が終わって一息つき外へ出た。部屋のすぐ前に車が停めてあるので、沈殿のはじまったプラントを眺めながらとりとめのないことを考えていた。夕方この町について安宿を探している時、トラックに乗った年配の男性が急に車を停め、話しかけてきた。「バイオディーゼルは違法だって知ってるか?」と言ったように聞こえてギョッとしたのだが、よく話を聞いてみるとそれは冗談で、彼もまたバイオディーゼルを作っているのだとわかった。「気をつけないと、文句をつける人もいるぞ。」なんて忠告までくれた。夕食を頬張りながらそのことを思い出し、他の二人と「そうは言っても、このあたりは保守的なひとが多い。やたらと後ろを開けてプラントを見せるのも、考えものかもね。違法なことは何ひとつしていないけれど、難癖つけられたら理解してもらうのに時間がかかるかも・・・。」なんて話していた。

IMG_0399.JPG IMG_0391.JPG IMG_0394.JPG IMG_0400a.JPG

そんなことを考えつつ、歯磨きをしながら「反応も終わったし、そろそろ機械をしまったほうが・・・。」と思った矢先のことだ。左右前方からこちらに向かってまぶしい光がやってきた。それは警察の車のサイレンの光だった。「な、何?」急いでタツヤの戸を叩くが、シャワーを浴びているらしく返事がない。サッチンへ電話して「とにかくすぐ来て。」とだけ言って、元いた場所に戻った。がっちりした体つきの警官二人が現れ、こちらへ歩いて来る。彼らはバイオディーゼルについて知識があるだろうか。日本人に偏見を持っているなんてことはないだろうが、発音がままならぬ外人の僕の英語を理解してくれるだろうか、それにしてもなぜこんなモーテルの裏手の駐車場にいる僕らを見つけたんだろう?いや、ここはアメリカだ。昔インドやアラブの国で、問題に巻き込まれたときとは違う。話せばわかってくれるさ・・・。

ところが光から抜け近づいてきた警官たちは、よく見ると片手にカメラを持ちニコニコしている。「いやぁ、記念写真を撮らせてもらいたくてね。」「さっきパトロールしていて、君たちの車を見かけたのさ。」「ウェブサイトを見せてもらったぞ。面白そうだから、戻ってきたんだ。」

その後更に彼らからの情報を聞きつけた、他の町の警官たちもやってきて、記念写真の撮影会となってしまった。結局興奮した彼らの相手をして、午前3時やっと床につくことができた。世の中、何があるかわからないね。

IMG_0380.JPG IMG_0408.JPG IMG_0410a.JPG IMG_0420.JPG

廃油回収量 0L
走行距離 593km
反応 1回
オイル交換 (オイルのみ)

▲ページのトップ

グローバルグリーン

IMG_9907.JPG

4月8日(火) くもり ニューオリンズ(LA)→スライデル(LA)

夕べはアイリーン、デイビッドと彼女の家の裏庭で、焚き火を囲んでバイオディーゼル談義に花が咲いた。今朝、デイビッドが僕を車に乗せてハリケーンカトリーナの後、マクドナルドがハリケーン対策にディーゼルジェネレーターを設置したり、新しい廃油システムなどを考案しているなど、いろいろ説明して案内してくれた。アイリーンの家からさほど離れていないダウンタウンだが約2年半経っても大きなスーパーやKFCなど今だ閉鎖されたままの状態だった。また、ショップの外壁についた水の後がハリケーンの凄さを物語っていた。家にもどった後、地球の将来や新エネルギーについてデイビッドと話が沸いた。彼の次から次と出てくるアイディアはすごいものだった。これから彼がどんなことをしていくのか、楽しみだ。アイリーン達は、今作業場の引越し中で何もあげられないからと、スライデルという近くの町に住んでいるBDF生産者の友人、ハリケーンカトリーナの被害地でグリーンなビルディングを建てている場所を教えてくれた。(俳優のブラッド・ピットが作った"Make it right"という団体と協力している、グローバルグリーンという団体が進めているプロジェクトだ。) 彼女自身、ニューヨーク出身なのだが、カトリーナの後、復興を環境によいやり方で実行しようという運動があることを知り、引っ越してきたのだという。その建築現場でディーゼル車に乗っている労働者たちと知り合い、彼らがバイオディーゼルを使いたいのに手に入らないというので、この世界(!?)に足を踏み入れた。

IMG_9857.JPG IMG_9864.JPG IMG_9880.JPG IMG_9876.JPG IMG_9937.JPG IMG_9984.JPG

9thワードと呼ばれる地域は、特に被害がひどかったことで知られる。そこにグリーンな家を作っていると聞き、案内してくれるひとがいるかわからないと言われたけれど、取りあえず見に行ってみることにした。個人のプライベートな家を見て歩くのは気が引ける。NPOの団体のプロジェクトなのだから、行けば何かわかるだろうという算段だった。

サイトに着くとプロジェクトのバナーが張ってあり、屋根屋が一段落したらしくちょうど建物の外で荷物を積み込んでいた。様子と聞くと、中にブロンドの女性がいて、彼女がここのスポークスパーソンだから聞いてみるようにと促された。Global Green ニューオリンズオフィス・ディレクターのベスさんは、ミズーリ出身の元弁護士さんだ。大学を出てDCへ行き弁護士になる、そう思っていたのにニューオリンズの魅力にとりつかれそのまま居ついてしまった。弁護士になって15年ほど経った時、カトリーナが襲ってきた。一時避難を終えて帰った彼女は、市の復興のため何かをしたいと思い、方向転換をしたという。

今彼女が取り組んでいるプロジェクトは、Holy Cross Projectというもので、プラッド・ピットが設立した「メイク・イット・ライト基金(MIR)」、「ホームデポ基金」の協力で、9thワードという地域の低所得者を対象とした、家屋再建をグリーンビルディングでしようという試みだ。MIRは、2006年デザインコンペを主催して、この辺りにふさわしいグリーンな家のデザインに賞をおくり、それをベースに建築工事をすすめてきた。5件の個別住宅、23家族が入居できるアパートコンプレックスとコミュニティセンターが、この一角に建てられる予定だという。5月15日のグランドオープンを目標に、今工事が着々と進んでいるところだ。「緊急時という感覚がやっと過ぎ、計画をたてるだけの心の余裕ができたのが一年前、最近になってやっとみんなの気持ちが明るい方向へ向き始めたところです。峠は越えたおいう感じ。」とベスさんは語った。

IMG_9985.JPG IMG_0034.JPG IMG_0017.JPG BDA_6295.JPG BDA_6316.JPG BDA_6299.JPG IMG_9998.JPG IMG_0005.JPG

そろそろオイルチェンジの時期が来た。バスコファイブは、アメリカでは販売されていないランドクルーザーのディーゼル車だ。ロスのように時間がないので、フィルターの交換はあきらめオイルだけを交換しようと決めた。ニューオリンズにある、予約なしでも受け付けてくれる修理の店に行った。随分待って、まだ終わらないのでよく聞いてみると「あの車の重量はどのくらいです?重くてうちの自動ジャッキじゃ、持ち上がらないよ。」と言われてしまった。廃油、燃料、ジェリー缶に入れてある廃油を合わせると、車の重量は3.5トンはくだらない。フツウの車より、約1トンの重量オーバーだ。諦めて、途中でトヨタのディーラーを探すことにして、ニューオリンズを後にした。

東へほんの数十キロのスライデルは、小さな南部の田舎町だ。そこにゴードンというアクティビストが住んでいて、バイオディーゼルを作っている。カトリーナのせいで建設途中の家が壊れてしまった土地を借りて、BDFを作っている。カトリーナがあってからニューオリンズに住み着いた一人だ。当時彼はVeterans for Peaceという元兵士の反戦運動をやっていて、テキサスにいた。カトリーナのことを聞き、いてもたってもいられずニュースの入った翌日ここへやってきた。救急隊員として軍隊などで働いた経験を生かして、できることから始めたという。もちろん町に入ることはできなかったので、ここの土地の所有者とかけあって借りることができ、テキサスから持ち帰った道具や物資を使って、復興作業の手伝いをしながらブログで毎日ニューオリンズの様子を報告した。そこへ友人でドキュメンタリー映像作家・活動家のフラックスがやってきて加わった。

そのうち、マイケル・モーアという革新派のドキュメンタリー映画の製作者がこれに気づき、彼の援助もあってかなりの資金が集まり、250人のボランティアをかかえる大きな復興援助グループへと発展した。ここにキャンプしバスで町まで行って作業をする日々を過ごしたのだそうだ。非難が解除されてボランティアが市内に泊まって作業できるようになり、スライデルのこの土地は、週末に彼らが心を体を休める保養地へとその役目を変えた。そこでゴードンも、前から気になっていたバイオディーゼルの精製を本格的に始めたのだそうだ。アイリーンの会社が35軒のレストランから回収する廃油を引き取り、燃料を精製する。まだ一週間に500ガロンあまり(約2000L)の生産だが、グリセリンの処理システムが整ったら、もう少し量を増やしたいとはなしてくれた。

「どこへ行っても、みんなひとつなのだと気づいて欲しい。そうしたら、地球はもっと住みやすい場所になるはずさ。」「ビデオに撮られるとわかっていたら今朝髭をそったのに。」アンダーグラウンドの一線で生きてきた人の厳しさとやさしさをたたえる、魅力的な笑顔だった。

IMG_0085.JPG IMG_0055.JPG IMG_0074.JPG IMG_0142.JPG IMG_0093.JPG BDA_6331.JPG IMG_0115.JPG

廃油回収量 20L
メタノール 20L
KOH 2.8kg
お世話になった人たち:アイリーン、デイビッド、ベス、ジーン、ゴードン、フラックス

▲ページのトップ

フレンチクォーター

| トラックバック(0)

IMG_9737.JPG

4月7日(月) 晴れ ビューモント→ニューオリンズ

今日の走行予定距離は400kmちょっとだ。比較的楽な日程なので、インターステイトを避けて少し小さめの90号線を走りたいと考えていた。僕らは燃費走行を守っているので、時速100kmがいいところで、制限速度の120kmぐらいで走るほかの車とはスピードのギャップがある。それに何かが目に留まった時、インターステイトではすぐに引き返しづらい。そこでインターステイトから降りて南部の田舎道をゆっくり景色を眺めながら走ることにした。

IMG_9639.JPG IMG_9685.JPG

ルイジアナに入りGuydanという村で、さらに一般道を走ってみた。農業機械(トラクターなど)をバイオディーゼルで動かしているひとはいないか、バイオディーゼルを作っているひとがこんな田舎の村にいるだろうか、そんな疑問がふと湧き寄り道することにした。農具店を見つけ駐車していると、男の人が声をかけてきた。「バイオディーゼルか。だれも知らないな。でも、妻とレストランを開くので、内装を自分たちでやっていることろなんだ。もう少し後だったら、油をあげることぐらいできたのにね。」農具店でバイオディーゼルが何かも知らなかった。その彼は、「市役所に行ってみたら?あそこの女の人たちは、村人のことなら何でもしっているから。」と励ましてくれた。

さっそく小さなシティホールを訪ねてみると、職員の女性たちはいろいろ話した結果、この村では聞いたことがないけれど、隣のMermnentauという村では誰かがバイオ燃料に手を出そうとしていると聞いたことがあること、G&Hというハンティング・グッズ店に大抵の男たちは出入りしているから何か知っているかも知れない、と教えてくれた。善は急げと、G&Hはドアに行くと、壁一杯にライフルや鹿首の剥製が並んでいるハンティングの店だった。一見、恐そうな店の若主人ポールさんに話かけてみると、とても親切に何本か電話して聞いてくれた。しかし残念ながら、だれも見つからなかった。その後もトラクターを売っているショップを見ると飛び込んで話を聞いてみたが、やはりバイオディーゼル燃料はこのあたりでは誰も使っていないようだ?!

IMG_9671.JPG IMG_9674.JPG IMG_9694.JPG IMG_9686.JPG

気を取り直してハイウェイに戻る。でも、こういった地域ごとに違う雰囲気を持った景色を体験し、見ず知らずの地元のひとに話かけ、出会うチャンスをくれるのも、このアドベンチャーのよいことろだと思う。

移動中、携帯電話を使ってコンタクトしていたニューオリンズでBDFを作っている唯一の人物と、やっと連絡がとれた。NOBIという会社だ。ネットの検索で行き当たるのも、カリフォルニアのケントが紹介してくれたのも、このNOBIのオーナーだった。他のコンタクトが、日程が変わったことであえないということだったので、ぜひこのグループは会いたいと思っていた。だから、電話番号がわかり絶妙のタイミングで連絡がついた時は、うれしかった。すでにエンプティランプが点灯していた。精製が終わった燃料がもうひとつのタンクにあるから心配はないが、タンクからポンプで給油するには電源が必要だ。できることなら、彼女の家までもってほしい。ハイウエイでガス欠症状が起き、走行が怪しくなってきていたが市内をなんとか通り抜け、なんと彼女の家の前に止まった瞬間に燃料がきれいになくなった。

ピンク色の家から裸足のアイリーンがニコニコしながら出てきた。大学を出たばかりと言ってもおかしくない年頃の、(失礼かもしれないが)若い元気な女の子だ。さっそくバスコファイブの後部ドアを開けてプラントを見せると「ワオ! 気に入ったわ。」と大喜びだ。僕らのシステムを説明し始めると、次から次へと質問の山で、彼女も僕らが今まであってきた「バイオディーゼル・フリーク」の一人なのだと確信した。彼女は前のパートナーと別れ、BDFを作るのからはなれ廃油の回収業に転向する最中なのだそうだ。彼女はバイオディーゼル燃料を作るのにアップルシードとマエストロの機械を使っていたが、今は友人に譲って(もしくはあずけて)るらしい。大きなバンには300ガロンのタンクが入っていて、現在35軒くらいのレストランと契約があるとのことだった。ボーイフレンドのデイビッドは、自分の車をSVO(フィルターにかけた廃油)で走らせるため、改造中だ。ちょうど遠心分離機を注文したばかりらしく、僕らの遠心分離機にいたく感心して、盛んに写真を撮ったり質問をしてきた。

IMG_9729.JPG _MG_3473.JPG

アイリーンのところへ泊めてもらえることになったので、場所探しをしなくてよくなった。そこで、せっかくなので暗くなる前にニューオリンズらしいところへ行って夕食をとることにした。当然フレンチクォーターだろうというので、バスコに乗っていざ出陣。駐車に時間がかかりそうなのでちょっとスナップ写真を撮ろうと、車を停めて通りの反対へ渡った。向かいの店の呼び込みをしている黒人の男性二人が何か言っている。「何をやっているんだい?」と興味津々だ。バイオディーゼルの説明を始めると、「何だ、何だ?」と知らない間に人だかりができてしまった。南部独特の母音の長いリズミカルな英語が飛び交う。みんな陽気で冗談を言っては笑い、他の人に説明し始めたりして、人が後を絶たない。さらに移動しながらパーキングをさがすがなかなかない。車を止めるたびにバイオディーゼルを知っているよ。とか、家の店の廃食油を持って行ってくれる?などちょっとフレンチクォーターの中を移動するだけで大人気だ。
やっと理想的な駐車場が見つかり、僕らは街並みを徘徊した。ニューオリンズの気候と歴史がこの町を生んだのがなんだかちょっとだけわかった様な気がした。みんな陽気でたのしそうだし、音楽が絶えない。オイスターをつまみながら、しばしンニューオリンズの空気を楽しんだ。

IMG_9749.JPG IMG_9778.JPG IMG_9779.JPG IMG_9766.JPG IMG_9781.JPG IMG_9832.JPG IMG_9806.JPG IMG_9815.JPG IMG_9823.JPG

廃油回収 0L
走行距離 478km
サポーターたち:アイリーン、デイビッド、ルイス、ウォレス

▲ページのトップ

ジョンソン宇宙センター

| トラックバック(0)

IMG_9561.JPG

4月6日(日) 晴れ ヒューストン→ビューモント

夕べ僕たちは食事中に燃料の精製(化学反応の部分)をした。デルはとても効率の良いメタノール回復をしていて、ぼくらのグリセリンを引き取りたいと申し出てくれたので、グリセリンを抜いてから朝もう一度彼の家を訪ねた。
昨日ディベートの大会に行っていて半日留守だった息子のダスティンは、16歳にして廃油を集めバイオディーゼルで古いベンツに乗っている。明るい時間に写真を撮りたいと言っていたので、ついでにバスコの運転席に乗せてあげたら、しっかり者の高校生もニコニコ顔の子供にかえったようだった。

IMG_9457.JPG IMG_9446.JPG IMG_9451.JPG IMG_9422.JPG IMG_9403.JPG

ニューオリンズ方面へ行くにあたり、ヒューストンの町を通り抜けていくことになる、そのルート上にちょうどNASAがあったのでせっかくなので後学のために立ち寄ることにした。ジョンソン宇宙センターでは歴史的展示やトラムでのツアーに参加したり、巨大なロケットエンジンを観たが、やはりロケットパークが見ものだった。いくつもの金属パイプやモーターを見ると、毎日車のエンジンやプラントとにらめっこしている僕らは、この上もない親しみを感じる。子供の頃、人間の月面着陸のニュースを聞いたときの畏れの感覚を思い出し、残念ながらバスコファイブと打ち上げ台のツーショットは実現しなかったけれど、今日は数時間ここで過ごすことができてよかった。

IMG_9473.JPG IMG_9488.JPG IMG_9520.JPG IMG_9596.JPG IMG_9510.JPG IMG_9589.JPG IMG_9541.JPG IMG_9620.JPG IMG_9577.JPG

ヒューストンを出て、インターステイトを走る。急に大きなコンビナートが見え始め、ここはテキサス、石油で経済が成り立っている州であったと思い知らされた。サッチンは「うわぁ00。」と閉口している。ぼくも同じ気持ちだが、これが世界の現実だ。目をそむけるわけにはいかない。そう言えばコロラドの大学でデモをしていたとき、サウジ出身らしい学生が寄ってきて、冗談交じりに「君たちのプロモーションがうまく言ったら、僕の国の経済はどうなるのさ?」と言っていたっけ。僕らはテキサスの中では特異とされるグリーン町オースティンを訪ね、自分でBDFを作るグリーンな人たちとだけ会ったから、あまり実感はなかったのだが、これがテキサスの顔であることを否定できない。

しばらくするとサッチンが、「このあたりから湿地帯が増えてくるはずよ。」とささやいた。するとタツヤが「今、いい感じの湿地帯が右手にあった!」というので引き換えしてみると、ハイウェイ沿いの小さな駐車場のわきから、木の手すりが渡っている。遊歩道を歩いていくと、その先に小さな湖にのような湿地帯があり、鳥のサンクチュアリかと思えるほど無数の白鷺かと思われるとりがとまっていた。水草の生えた入り口には「ワニにえさを与えないでください」という看板がたっている。

ってことは、水面に見え隠れする黒いのようなごつごつしたものが・・・。突如として、大きなくちがぽっかりと開いて、ワニの顔が現れた。夕日に当たって、鳥たちが飛び交い、草もワニも木々も美しい。ほっと一息つくことができた。

BDA_6259.JPG

少々油を売ってしまったので、今日はビューモントという町で夜を明かすことになった。明日はいよいよディープサウスと呼ばれる地域へ入っていく。

廃油回収 0L
走行距離 250km
サポーター:デル、ダスティン、イレイン、ジョー

▲ページのトップ

ドライフィルター方式

| トラックバック(0)
IMG_9314.JPG
4月5日(土)晴れ ヒューストン 朝9時半デルに電話をかけると、「すでに人が集まっているから早くいらっしゃい。朝食?コーヒーとドーナッツがあるから大丈夫。」との返事だった。デルは、ウェブサイトかヤフーグループのフォーラムで僕らを見つけ、連絡を取ってくれたサポーターだ。このアドベンチャーもカナダを出発して2ヶ月が経った。いろんな人に会い、いろんなネットワークが広がり、以前は僕らのほうから熱心に働きかけなくては見つからなかったサポーターたちが、あちらから連絡を取ってくれることが増えてきた。ありがたいことだ。このデルは、ドライ方式という無水洗浄方式でバイオディーゼルを作っている。夕べ到着して僕たちがたまげてしまった巨大なガレージの一角に、基本的にはアップルシード式の湯沸しタンクを使ったプラントを構えている。 僕らがみただけでも、約90%のバイオディーゼル精製者が、水による洗浄方法を取り入れている。僕らの場合、車に搭載しているということ、砂漠など水のない地域へ出かけたいと考えていることなどから、やはり無水方式をとっている。だから、カリフォルニアのグリーンラインという会社が売っているプラントと同様、彼のシステムにも個人的にとても興味があった。
 IMG_9301.JPG IMG_9253.JPG _MG_3383.JPG IMG_9268.JPG
◆◆ デルの精製方法 ◆◆ 彼は一回に30ガロン(114L)の廃油を精製する。まずはじめにメタノールと水酸 化カリウムの混合液の80%を、華氏120度(摂氏60度ほど)廃油に加え1時間反応さ せる。それを一時間沈殿後、グリセリンを流しだす。すぐに残りの20%の液を加え 更に一時間、終わったら一晩精緻する。翌朝下にたまったグリセリンを注意深く抜 き、バイオディーゼルに残っているメタノールの回復=蒸留作業に入る。約14%の メタノールを回復できるようだ。それが終わると無水洗浄に入る。彼は、プラスチッ クのパイプにドリルで穴を開け、十字に組んだものに長い軸用のパイプ(これにも穴 があいている)をつけた道具を使う。これに掃除機をつなぎ、送風に切り替えて空気 が穴から出るようになっているのだ。これを蒸留の終わったバイオディーゼルのタン クに入れ、ぶくぶくと泡を出しながら冷ますこと3-4時間。メタノールが完全に抜けた バイオディーゼルでは、残留のグリセリンがすとんと下に落ちる。だから、この無水 洗浄を終えて8時間置くと、グリセリンがみごとに沈殿するという計算なのだそうだ。 確かに彼のBDFは、今まで見たどの無水洗浄式の燃料より濁りの少ないものだっ た。
 IMG_9418.JPG IMG_9272.JPG IMG_9408.JPG IMG_9414.JPG
デルの友人ジョーは、カナダ出身の地質生物学者だ。デルの無水方式を取り入れ、自 分なりに工夫して同じガレージでバイオディーゼルを作っている。「オイル会社でど こにオイルがあるか探す仕事をしてきた僕が、実際はバイオディーゼルを自分で作っ ているなんて、ほんとは皮肉な話だよね。」と苦笑いしながら、彼のシステムを説明 してくれた。デルのような蒸留システムのない彼は、メタノールの回復をあきらめそ の代わり無水洗浄を8時間に延長する。注目すべきは性能のよい電気ポンプだ。これを 使って化学反応に必要な攪拌を起こす。「南部の人たちは、表皮を破るのに時間 がかかるけど、一度仲良くなったら本当に親切でいい人ばかりだよ。」という彼は、 まるでマーティン家の一員のように扱われている。でも僕らが油に入ってしまった保 存剤を取り除きやすいようにバケツを切ってくれたり、大きなごみ箱を率先して捨て にゆく様子を見て、この関係は南部の人たちが親切だから、というだけではないのだ ろうと思った。 デルはインターネットのドライワッシュBDF生産者グループを主宰しているのだ が、このグループには彼の方式を導入してBDFを自宅で作っている人、今プラント を作っている最中の人、そしてこれからぜひ始めたいと勉強を始めた人などが集まっ ている。今回バイオディーゼルアドベンチャーが来ることで、いつもネット上で情報 交換をしている彼らが、今日はデルのガレージに集合した。バスコファイブのデモと 共に、デルとジョーが精製をしていたので、これからはじめようと向きには、絶好の 講習会となった。こんな風に両方通行のジョイントができると、僕らはとてもうれし い。時間が過ぎるのが早い気がする。
 IMG_9359.JPG IMG_9357.JPG IMG_9355.JPG IMG_9375.JPG
この旅で時間に余裕があるか否かは、すべて持っている廃油とBDFの量にかかっている。あと一ヶ月以内にビザの期限がくる。廃食油を集めて一日一回の燃料精製では間に合わないようになってきた。そこで、昨日デモで作ったバイオディーゼル燃料をデルとジョーに分けてもらうことにした。僕らの廃食油から作ったバイオディーゼル燃料を使って走るというテーマからはそれないこと、様々な廃食油を使ってみる実験でもあるので彼らの作った燃料を使って試してみるのも、このプロジェクトの趣旨でもある。また、彼らのようなグラスルーツの人々の作ったサンプル燃料をいただき、日本に送って燃料の分析も行なっている。 夜は残ったメンバー達と一緒に、テクサスらしい食事を食べれる店に連れて行ってもらった。名物の「チキンフライドステーキ」を注文しろというので、彼らのススメに従った。アメリカ在住のサッチンはそれが何か知っているらしく、「わたしはガンボ!」「ここのオーナーは、ニューオリンズ出身だから、おいしいわよ。」と奥さんたちから太鼓判をもらっていた。名前から想像してチキンなのかと思いきや、それはフライドチキンのような衣をつけて揚げた牛のステーキだった。必ずとは限らないらしいが、チキンの油で揚げてあるとか。確かにこってり気味ではあったものの、一日中精製とおしゃべりに追われて、ろくなものを食べていなかった僕はぺろりとたいらげ、みんなを驚かした。別れ際に彼らは、「何かあったらどこへでも飛んでゆくから、絶対に電話しろよ!」と涙の出るような言葉を残し、各々のディーゼル車に乗り込むと、フライドポテトの匂いをさせながら去っていった。 廃油回収量 19L BDF 190L 走行距離 58km サポーター:デル、イレーン、ダスティン、ジョー、ジェイ&ロビン、ジム、カイ ル、クリス、ケリー&ウェンディ、ダグ、シェーン、ゲリー&クレア

▲ページのトップ

グリーンタウン、オースティン

| トラックバック(0)

IMG_9013.JPG

4月4日(金)晴れ オースティン→ヒューストン

朝一番、夕べレストランで会ったグリーンビルダーのリンジーに電話をした。午前中は予定が空いているという返事だ。今朝はもうひとつ、バイオディーゼルを販売しているエコワイズという店も訪ねたい。住所を調べたところ、どちらも都合よく同じ方向だったので、9時過ぎに宿を出発した。
あと数ブロックでエコワイズというところで、窓の外を眺めていたタツヤとサッチンが、「あ、緑のケロティ!」「ああいうコーヒーショップって、環境系のひとが集まるよね・・・。」僕もピンときたので、車を停めてみた。店の外には無数の自転車が停めてある。外の庭は雑然としているようでいて、なにか秩序がある感じだ。ほどよくゆがんだ小さな木造の建物は、大きく見えなかったのに中に入ると割りと広く、結構賑わっていた。サッチンは外で電話の応答に追われていたので、彼女のカプチーノを注文して脇の部屋へ陣取った。と、女の人がテーブルにやってきて、「あの車を見たけど、バイオディーゼルで走っているの?」と話しかけてきた。

キャシーと名乗る彼女の質問に答えていると、隣のテーブルに座っていた若いカップルが加わってきた。「へぇ、世界一周・・・。」と、後ろのテーブルの女性が、「私の義理の兄がやっているメキシカンレストランでも、駐車場の脇でバイオディーゼルを売っているわよ。彼の名前は、ビリー。」更に、店の店員のチェストリーまで加わってきて、「オースティンのバスの一部が、ナチュラルガスと電気のハイブリッドだって聞いたことあるよ。」「テキサス大学は、グリーン関係の研究でも有名だよ。」などと、部屋全体で盛り上がってしまった。

大人のESL(English as Second Language)を教えているジェンは、ダンと二人で外で車を見たいと言い出した。「おもしろい!明日の授業で、みんなのことをはなして英語のレッスンをするわ。」と言ってくれてた。実際に会えない人たちに、僕たちのしていることを紹介してもらえるなんて、うれしい限りだ。ついでに、泊まるところにこまったら、Craigslist.comの掲示板に出せば、かなりの確立でよい条件の申し出があるはずだと教えてくれた。

IMG_8940.JPG IMG_8938.JPG IMG_8948.JPG IMG_8945.JPG IMG_8947.JPG IMG_8941.JPG

コーヒーショップで時間を取ってしまったので、先にグリーンビルディングへ見学にでかけることにした。彼らの自宅兼オフィス&ショウルームは、とてもしゃれた家だった。基礎は残して全面改装したという家は、市の認定システムでは4つ星になるという。省エネ、カーペットの材質が再生プラスチックであるということ、床材がリサイクルやおがくずを固めたものだったり、と贅沢に作ってあるのに諸々にグリーンになる努力がみられる。彼らの話によると、オースティンの市長はかなりの革新派で、グリーンに関してもテキサスの中でずば抜けて改革を推し進めている存在なのだそうだ。行き合う人たちの何人もから、「ぼくは○○出身だけど、保守的過ぎて住めなかったからオースティンにやってきた。」と聞いた。

例えば誰かがソーラーシステムを使って家を建てたいと考えたとしよう。システム導入の見積もりが2万2千ドルだった場合、市が1万3千5百ドル、国が2千ドル(13年から20年かかるけれど、)補助金を負担する。カリフォルニアの5から10年という数字に比べると、気の遠くなるような話ではある。でも家の寿命や、いわゆる「再売価値」を上げるということを考えると、悪いはなしではないだろう。多くの人が、このプログラムを利用しているし、「ソーラー準備完了」の状態で資金が調い次第工事に取り掛かれるという家も多いとのことだ。お互いに信念を貫いて、地球をきれいに保つ努力を続けようと約束して、握手を交わし彼らと別れた。

IMG_8954.JPG IMG_8956.JPG IMG_8959.JPG IMG_8982.JPG IMG_8988.JPG IMG_8976.JPG

エコワイズは、自然でオーガニックな素材でできた製品、環境によい製品、フェアトレードで輸入されたものを取り扱う店だ。軒先にタンクを置いて、バイオディーゼルとフィルター済みWVO(廃油)の販売も行っている。バイオディーゼルは、100%の場合(つまりフツウのディーゼルとの混合でない限り)燃料と認定されていない。だから、この店でも取り扱うことができるのだそうだ。一週間に平均4500リットルのバイオディーゼルを売るという。

オーナーのジム・ホーランド(53)は、この店をはじめて18年になる。動物性のものは一切扱わない、できるだけローカルの生産者と取引し、小さな会社とだけ商売するというポリシーを守っているのだそうだ。この店をもっともっと近所の溜まり場のようにしたい、できたら食べ物をおいて人々の体から健康にし、子供たちが何かを学べる場所にしたい、それが彼の夢だそうだ。ここにもまた、自分のやり方でできることをしている人がいた!

エコワイズでぶらぶらしていると、次から次へとディーゼル車がやってくる。25件のシェルステーション、10件のフュエルマンステーションではB20(20%だけBDFを混ぜてあるディーゼル燃料)を扱っているものの、オースティンでB100が手に入るのは5件のみだ。今日はポンプが故障中で給油できないと知ると、みんな「困ったなぁ。」と言うが反面そういった不便も含めて、腹を決めてバイオディーゼルを使っていると話してくれた。

IMG_9096.JPG IMG_9093.JPG IMG_9091.JPG IMG_9070.JPG IMG_9042.JPG IMG_9049.JPG

BDFユーザーたちと話に花をさかせていると、一人の青年が目を輝かせてサッチンとはなしているのが見えた。僕も近寄って行って耳を傾けると、どうも彼は一人でバイオディーゼルをテーマにドキュメンタリーを撮りつづけているらしい。はじめはバイオディーゼルのチアリーダーみたいな、楽しい映画を作ろうとしていた。ところが、いろいろなひとに出会い、いろいろ学ぶうちに、ことの深刻さに気づき、またバイオディーゼルのことを大企業とのタイアップなしに推進しているひとがいないことに憤りを感じ始めた。以来、こつこつひとりで撮り貯めている。シアトルやカリフォルニアにも行っており、僕たちが会ったバイオディーゼル関係者たちにも会っているようだった。彼の名はベンジャミン。いろいろ情報を交換しているうちに、アルジー(藻)への興味が一致した。彼はテキサス大学にすばらしい藻のコレクションがあるから、これから僕たちを案内したいと申し出てくれた。

幼児の頃からマクロビュオティックで育ったという彼と昼を済ませて、テキサス大学へ向かった。電話をしておいてくれたので、大学に着くとブランド教授は「待っていたよ。」と笑顔で迎えてくれた。藻と一言で言っても、光の量、培養液の種類、寿命、色その他種類はさまざまで、中には水草のようにとてもユニークで美しい形のものや、ピンクの藻まであった。最近、この藻からバイオディーゼルができるかもしれないという考えが紹介され、アメリカではその研究が進んでいるらしい。ところが、壁面に付着しやすく、環境による違いがありすぎること、成長をコントロールするのが難しいことなどから、なかなか製品としての生産販売までこぎつけることろはない。でも、「アルジーの中には50%が油分とバイディーゼルの原料としては、かなり期待できるげんりょうなので、ぜひ開発研究がすすむといいと思うよ。このセンターでも今までは、サプリとしての藻の価値は別として、どちらかというと、池や湖に藻が増えすぎて困るという人からの依頼が多いからね。嬉しいことだよ。」と話してくれた。
外へ出て僕らの車を教授に見てもらっていると、オースティンのもう一人のサポーター、ビルが、やってきた。BDFを使い始めてまだ6ヶ月の彼は、僕らのサイトを見つけて声をかけてくれた。オースティンでは特に決まった場所でのデモなど予定していなかったので、サポーターと落ち合う場所が限られていたのだけれど、うまく会えてよかった。

IMG_9117.JPG IMG_9136.JPG IMG_9145.JPG IMG_9155.JPG

「ヒューストンでは、デル(サポーター」が待っているのよ。そろそろ!)というサッチンの掛け声で、僕らは別れがたかったけれどベンとビルに別れを告げた。ハイウェイでの携帯電話の受信はかなり不安定だ。何度も切れてしまうのに、楽しみに待ってくれているデルからは、何度も電話があった。いわれた住所にたどり着いてみると!大きいとはきいていたが彼のガレージは、飛行場内にある飛行機のガレージだった。中には何機も停まっている。眠い目をこすりながらたどりついた僕たちは、一気に目が覚めてしまった。

廃油回収量0L
走行距離 286km
出会ったサポーターたち:チェストリー、ジェン、ダン、ヘザー、キャシー、スゼッ
ト、リンジー、ジェフ、ピーター(GB)、コール、ジム、ヒース、ベンジャミン、
ビル、ピーター(軍人)、デル

▲ページのトップ

全米最大のBDFスタンド

| トラックバック(0)

IMG_8886.JPG

4月3日(木) 曇り時々雨 最高気温29度 スレイトン→オースティン

日の出前に出発。今日は、フォートワースとオースティンの間にある、トラッカーのためのバイオディーゼルスタンド(現在は残念ながら、改装大工事中)を見に行く。テキサスはトラックの交通量が多く、どこもスタンドはトラッカーが沢山停車している。カーボーイハットが似合う南部特有の雰囲気があって面白い。朝だというのに、風が肌にやさしく温かい。ここ数日、随分南下した。これからは、もっとあたたかくなるだろう。

1984年にオープンしたカールズコーナーは、フォートワースからI-35を南へ85キロ、ハイウェイ沿いにある大型トラック向けのガソリンスタンド。バイオディーゼルに興味を持ったカントリーミュージシャンのウィリーネルソンと、その古い友人であったオーナー・カールが組んでバイオディーゼルを売り始めたのが2005年のことだ。その後このステーションはブームとなった。バイオディーゼルの使用を考えるとき、将来的にとても有望な代替燃料だとされる理由は、運搬用の大型車や電車がほとんどがディーゼル車だということだ。つまり、世の中すべての大型運搬車が従来の化石燃料を原料としたディーゼルの使用を止めると、地球は環境はかなり改善されることうけあいだ。

スタンドは1990年にの火災があり全焼したらしいが、新しいパートナーを得て現在このスタンドは改装工事中だった。Earth Biofuelsの人が、シアターまで完備した大型車専門(コマーシャル大型免許を提示すると、特典が得られるらしい)のスタンド施設と、隣に建てられたプラントを案内してくれた。B20(BDF20%のディーゼル)を主に、12基の大型車用のスタンドで、一ヶ月1000万ガロンの需要を見込んでいるのだそうだ。これが完成するとアメリカ国内では最大のバイオディーゼル燃料を売るスタンドとなるそうだ。隣接のプラントから直接パイプを通して16万ガロンのタンクへ送るので、輸送・貯蔵費と時間を稼ぐことができる。一日に7800ガロン(2万リッター)のバイオディーゼルを精製することができるという巨大な銀色のタンクを前に、テキサスの土地柄を感じた。

IMG_8817.JPG IMG_8826.JPG IMG_8847.JPG IMG_8859.JPG IMG_8869.JPG IMG_8866.JPG IMG_8873.JPG

カールズコーナーを出て、一路オースティンに向かう。オースティンは、テキサスの中ではかなり環境問題への意識の高い町として、西海岸にいるころからうわさを耳にしていた。だから、ニューオリンズへ行くため南下するのならこの辺りからと決めていた。

カールズコーナーが閉鎖中なので、バイオディーゼルを使っているトラッカーと話をできなかった。オースティンには、B20なら売っているスタンドがあると聞き、オースティンへの途中I"35を降りて、いくつかスタンドで声をかけたけれど、ほとんどのトラック運転手は、バイオディーゼルが何なのか知らないようだった。

オースティンには、いくつか廃油から作ったバイディーゼルを売っているところがある。そのうちのひとつ、ディーゼルグリーンと連絡がついたので訪ねることにした。夜になってしまったのだけれど、ちょうどSVO(ストレートベジタブルオイル)で走れるように車の改造を頼まれて作業中だからと、僕たちの遅い到着を笑って許してくれた。オーナーの一人マイクは、1998年に初めてのディーゼル車フォルクスワーゲン・ジェッタを購入。その後バイオディーゼルのヤフーグループを形成して、バイオディーゼルについてのグループの管理人をしていた。3年前にアップルシード式でバイオディーゼルをつくりはじめ、コープとして活動を開始。250人ほどのメンバーがいたそうだ。2年前に、他のふたり(ジェイソンとリーバイ)の3人で、事業として活動を開始したが検討の結果廃油の回収と、バイオディーゼルの販売(つまり精製は他の企業にまかせること)に集中するとこに決定した。廃油を回収するだけで、かなり大変な仕事だからというのが一番大きな理由らしい。ここまで廃油を集めて旅してきた僕らにも、その苦労は理解できる。

IMG_8931.JPG IMG_8925.JPG IMG_8921.JPG IMG_8933.JPG

久しぶりの大きな町なので、奮発して今夜はインドネシアレストランへ。「米と野菜をは、やっぱりほっとするね。」と舌鼓を打っていると、隣のテーブルから声がかかった。「あのバイオディーゼルと書いてある車は、君たちのかい?」30代の若いカップルだった。話してみると、彼らは「グリーンビルダー」という建築会社を経営しているのだそうだ。この近くにオフィスがあり、現在建築中の家も見せてもらえるというので、明日の朝予定が合えば訪ねたいという軽い約束をして分かれた。

廃油回収量 0L
走行距離 808km
お世話になった人たち:マイク、ロバート、マイク、ジェイソン

▲ページのトップ

エアリフト

| トラックバック(0)

IMG_8701.JPG

4月2日(水)晴れのちくもり アルバカーキ→スレイトン

朝9時にトヨタに電話すると、あと1時間ほどで終了とのことだった。トヨタディーラーのメカニックのライアンが朝早く出て無理をして作業をしてくれたようで予定通りエアリフトを取り付けてくれていた。エアリフトを取り付けたのは荷物の荷重がルーフの上に取り付けたキャリアなどの荷重が増え、通常よりも重さが増したため強化スプリングだけではやはり足回りへの負担が多すぎてコーナーやギャップでの走安性が悪くなってきたからだ。そこでスプリングへの負担が大きすぎてバネがへたってくるのでスプリングの中にエアリフトをかませて足回りへの負担を軽くするために取り付けたのだ。エアリフトの注意点などをアドバイスしてもらい、記念写真を撮った後、とてもよくしてくれたトヨタの従業員に別れをつげてI"40に乗って先を急いだ。テクサスのオースティン方面に向かうので、途中方向を少し南東に変えルート84号線にのった。今日ははタンクの燃料が続く限り、走ろうということになっていた。車内からテキサスにあるバイオディーゼルのある会社に連絡を取ったところ、明日見学させてくれるという承諾をもらうことができたので、ダラスとオースティンの間にある町を経由することにした。

IMG_8677.JPG IMG_8679.JPG _MG_3301.JPG IMG_8683.JPG IMG_8689.JPG IMG_8692.JPG

ちょうど夕暮れ時、スレイトンという名のちいさな町に着いた。この先にはしばらく町らしきものはなさそうだったので、まち唯一のモーテルに泊まることにした。懐がさびしいところだが、こんなところで泊めていただける場所を探すのは困難だろう。チェックインを済ませてロビーから出ると、すばらしい夕焼けだった。

IMG_8756.JPG

さて、今夜は燃料の精製だ。明日も長距離のドライブになる。

IMG_8773.JPG IMG_8781.JPG

廃油回収 0L
走行距離 550km
お世話になった人たち:アンソニー、ライアン、ファン

▲ページのトップ

サンタフェを出発

| トラックバック(0)

4月1日(火)晴れ サンタフェ→アルバカーキ

サンタフェの町に別れを告げる日が来た。別々の宿泊所に泊まっていた僕らは、朝8時半に集合した。

ルーフの収納が変わったので、タンクに入れ切れなかった廃油を、ここ置きなく運ぶことができうれしい。でもそのせいでただでさえ思い車体が更に重量を増してしまった。コロラドのゴールデンで、僕はそのことをスリーオフロードの社長クリストに相談していた。彼のアドバイスは、エアリフトというサスペンションのサポート器具をとりつけることだった。部品注文し、アルバカーキにあるトヨタ認定のディーラーに届いていると連絡があったので、今日は1時間だけ南下してアルバカーキに泊まることにした。半日あればよいと言われたら、一日かかると考えたほうが妥当だと、今までの経験からわかっていたからだ。

いざ出発となると、ショック!車のバッテリーが上がっていた。しばらく運転せずに、電気を使いながら作業していたからだろう。AAA(日本のJAF)を呼んだが、時間がかかりそうだった。しょうがないので、近くにあった車を借りてジャンパースタート(バッテリーをつないで)をした。バスコファイブは大きな車なので、少し時間がかかったが、どうにかエンジンをかけることに成功した。いざ出発。

そのトヨタのディーラーは、I"40のハイウェイ沿いだったのですぐに場所がわかった。着いて話をつけてあった係り員アンソニーを探す。約束より遅れてしまったのに、とても気持ちの良い対応だった。打ち合わせをしていると、車に興味を持った従業員が次々に「何だこれは?」と足をとめていった。短時間にうわさが飛び交い始めたらしく、セールスの方からも従業員たちが、入れ替わりやってきて「いやぁ、君たちの車を賞賛していることろさ。」「いい塗装だな。」「ランドクルーザーにディーゼルがあったのかい?」「ほら、ハンドルが逆だぞ!」などと、口々に叫んでいる。 やはりトヨタに勤めている人たちは、車が好きだ。

明日の朝一番に仕上げてもらう約束をして、シャトルで近くの安ホテルに連れていってもらった。

モーテルの向かいには、アウル・カフェというアメリカ1950年代オールディーズ風のダイナーがあった。おもしろいからそこで夕食をたべることにする。サッチンは「こういうところへ来たのなら、コレ!」と甘党でもないのにルートビアフロートを注文した。タツヤとふたりで「タランティーノのあの映画、何てタイトルだっけ?」 「ウマ・サーマがおかっぱ頭で、トラボルタのキャラクターにせがんで、こういう店に来て・・・。」なんてすっかりその気になっている。「ここなら廃油もいっぱいありそうだな・・・。」と最近では、食事をするとその話題ばかりだったが、これ以上積荷が増えるとリスクが多いので、今日は思いとどまった。

そういえば、バスコファイブのいない精製のない夜なんて、変な感じだ。

廃油回収 0L 走行距離 103km お世話になった人たち:モトイさん、アンソニー、ライアン、ファン

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電