2007年12月アーカイブ

岡山県立水島工業高校訪問

| トラックバック(0)

天気は気持ちのいい快晴。朝9時、三宮を出発するが、阪神高速の朝の渋滞に捕まり、余裕を持って出たつもりだったがサービスエリアでゆっくり休息する時間もなく、ノンストップで倉敷の水島工業高校まで走り通す。

校舎の正門をくぐると目の前に先生方が迎えに出ていてくださり歓迎していただく。その後、校長室に通され校長とお話をさせていただく。水島工業高校は1年半ほど前に100%のバイオディーゼル燃料で日本縦断したときに立ち寄りBDFを分けていただいたことが縁でそれ依頼、バイオディーゼル燃料について色々なアドバイスをいただいている。車両に載せるプラントの第一号の実験はここで行なわれ、また多くのアイディアも出していただいた、このプロジェクトには欠かせない学校なのだ。

12時から視聴覚室で150人ほどの生徒を前に一時間ほど講演をさせていただく。最後にイオン交換樹脂を入れるプラント用のパーツと廃食油を高校生代表の二人の学生から頂く。講演後は服部先生の待つ、BDFプラントのある校舎前で、BDFを課題研究のテーマにしている工業化学科3年生の生徒と先生方に、用意していただいた廃食油を入れてもらった。

IMG_0002.JPG IMG071210_0076.JPG IMG_0070.JPG IMG_0098.JPG

授業で校舎一棟を使うほどのプラントを動かしバイオディーゼル燃料を作っている生徒たちは、興味深げに我々のプラントを見て、説明に聞き入っていた。実際に彼らは予備知識を持っているのでイオン交換樹脂についても僕より説明がうまかった。10代のうちからバイオディーゼル燃料についてこんなに詳しいのに驚いてします。
彼らが次の持続可能なエネルギーの未来を切り開いていってくれたら素晴らしい社会が待っている事だろう。なんてったって高校生でバイオディーゼル燃料を作っているんだからナァ。すごい!!

昼食を頂いた後は、服部先生の講義(?)を拝聴。今までのおさらいと改善点、予想されるトラブルとその解決方法、具体的には、世界中でどのようにメタノールを手に入れるか、気をつけるべき素材の廃食油の話等、試験管での実験や黒板を用いてたっぷり講義いただいた。ホワイトボードに向かって先生の講義を受けていると学生にもどった心境でちょっと緊張してしまった。

IMG_0116.JPG IMG_0160.JPG
IMG_0254.JPG IMG_0286.JPG

この後近くの日本食料理屋でさらに先生と話に花が咲き楽しい時間を過ごした。今日も本当に充実した1日だった。

この晩は、服部先生の教え子が勤めるホテルを紹介していただきここに宿泊。

三宮駅→岡山県立水島工業高校     173.6km (163.0km)
廃食油給油:18L

▲ページのトップ

滋賀県東近江市の「菜の花館」に伺う。ここは「菜の花プロジェクトネットワーク」のシンボル的存在。今回は菜の花プロジェクトの会長、藤井絢子氏のお誘いで、隣の愛東文化センターで開催している、「びわ湖プロジェクトフォーラム」に参加させてもらった。フォーラムで少し時間をいただき「バイオディーゼルアドベンチャー」の説明の後、建物入り口に置いた、プラント付き車「バスコファイブ」を色々説明させていただく。
この後、少しでも距離を稼ぐために、神戸市まで移動し三宮駅前で投宿した。

IMG_0479.JPG IMG_0527.JPG IMG_0595.JPG IMG_0636.JPG

今日の走行距離数: 227.2km

菜の花プロジェクト」について
http://www.nanohana.gr.jp/index.php
以上より引用
 転作田に菜の花を植え、ナタネを収穫し、搾油してナタネ油に。そのナタネ油は家庭での料理や学校給食に使い、搾油時に出た油かすは肥料や飼料として使う。廃食油は回収し、せっけんや軽油代替燃料(BDF)にリサイクルする。せっけんやBDFは地域で利活用する。「地域自立の資源循環サイクル」の形が見えてきました。この取り組みを、愛東町が始めたのは1998年でした。「菜の花プロジェクト」の誕生です。従来の廃食油の回収・リサイクル事業が、この「菜の花プロジェクト」によって、さらなる広がりを見せるようになりました。
 この資源循環サイクルは、菜の花プロジェクトに意欲的に取り組んできた愛東町(現在は東近江市)での成果をもとに、さらに、養蜂との連携、菜の花の観光利用、小中学校などでの環境教育としての利用など、地域内のより広く深い資源循環サイクルへの広がりになってきています。

びわ湖プロジェクトフォーラム」について
http://biwakopro.shiga-saku.net/c5666.html
上より引用
縲恊ヤ潮発生から30年、琵琶湖の新たな危機への挑戦縲鰀
 これまで遠い世界の話だと思ってきた地球温暖化による気温上昇が、琵琶湖の「深呼吸」といわれる対流を起こりにくくする可能性があると指摘され、生態系への影響が懸念されています。そもそも温室効果ガスの排出は、私たちの暮らしそのものが原因であり、かつ豊かで安全・安心な暮らしを脅かすものです。
 そこで、このプロジェクトでは、琵琶湖につながる「流域」に視点をおき、森林から里山、農地、市街地、琵琶湖という一連のつながりの中で、徹底して「近いもの」を活用するための将来あるべき姿を具体的に検討し、地域モデルを提案。

▲ページのトップ

朝、9時に縄文うさぎを出発。名古屋高速、名神高速と走り、名神竜王インターでおりて、油藤商事の青山氏と合流。青山さんはガソリンスタンドでバイオディーゼル燃料を販売している日本でもバイオディーゼル燃料の草分け的存在。バイオディーゼル燃料に関してはいつも貴重なアドバイスをいただいている。
青山さんのランクル70(バイオディーゼル燃料100%使用)に道案内してもらいバイオディーゼルカーが2台連なって滋賀県、湖南市にある近畿環境保全の湖南リサイクルセンターへ向かった。まだまだ日本ではバイオディーゼル燃料100%を使って走る車は稀、さらに2台のバイオディーゼルのSUVが走る姿はとても貴重なものといえるんじゃないかな。

近畿環境保全(株)は一般廃棄物、産業廃棄物の回収などの処理をしていて、廃食油のリサイクルも手がけている。特に天ぷら油などの飲食店などから排出される使用済みの食用油を回収しBDFに精製して自社の廃棄物の収集車などに使用することで新たな循環型社会を目指そうとしている専務取締役の西村忠浩さんは我々のプロジェクトの良き理解者でもあるのだ。

到着後、20人ほどの社員の皆さんに快く集まって頂き、まずはプラントの説明紹介した後、会社で回収した廃食油の一部をポリタンクから皆さんに交代で入れて頂く。その後、会社の中を案内してもらいリサイクルについて色々教えていただくことになりとても参考になりました。

仕事中に押し掛けたにもかかわらず、貴重な時間を割いていただき本当に感謝です。

IMG_0054.JPG IMG_0130.JPG IMG_0147.JPG IMG_0223.JPG

近畿環境保全(株):http://www.kin-kan.co.jp/
うさぎ→近畿環境保全     140.7km
廃食油給油:20L

▲ページのトップ

シートの野口装美    

| トラックバック(0)

近畿環境保全の西村氏と意見交換の後、名神を東へ戻り、東海北陸道を通って、岐阜県関市の野口装美へ移動。野口装美はラリーに参加する2輪4輪のシートを数多く手がける会社で、社長の野口英一さんもライダーなのだ。

彼とは長い付き合いで、若い頃は日本でもトップレベルのかっこいいラリーライダーだった(と証言しておこう)。彼の友人はバイク仲間が多く、同年輩の中には現在プロとしてラリーに出場する友人も数多くいる。なにを隠そうこの僕のバイクのシートはすべてここで作っていただいている。彼自身がライダーでもあるので注文のあったライダー一人一人の癖や骨格などからその人にあったシートを完璧に作る事で定評がある。

2007年のダカールラリーに出場した僕のトヨタランクル100のシートもここで制作していただいたものだ。事務用の椅子からラリー、戦闘機関連まで幅広い需要がある。採算を度外視してオーバークォリティのシートにこだわる姿勢が多くのお客を引きつける吸引力になっていることは間違いない。今回の地球一周用のシートもわざわざ駆けつけてくれ、要望にあったシートをオーダーメイドで作ってくれたのだ。

関市の旧市街にある工場前の駐車場には、新聞記者や家族、近所の方の他に、既に訪問した場所のWEBサイトを見て多くの方が集まっていた。プラントの説明をさせてもらい、さっそくそこに集まっていただいた人達に廃食油入れて頂く。今回のプラントの給油口の制作を手伝っていただいた東海テレビの大道具部に勤めている磯野さんも油を持って参加され、ついでにプラントにイミテーションのパーツや配線などの制作も現場で対応していただく。
おまけに野口装美の腕利きスタッフにシリコンやいろいろお借りしたりとお世話になりました。
のぐっさん、いつもありがとうね。

IMG_0250.JPG IMG_0255.JPG IMG_0263.JPG IMG_0268.JPG

走行距離:近畿環境保全→野口壮美  126.2km (109.0km)
廃食油給油:18L

▲ページのトップ

地給市場

| トラックバック(0)

朝7時起床。BDF製造の続きをする。屋外へ出ると身を切るような寒さだ。マイナス3℃まで冷え込んでいる。装置を見るとBDFがビニールチューブの中でシャーベットのように曇っている。
タンクの中で凝固しているのだろうか。廃食油のビニールチューブをみたが、こちらは大丈夫のようだ。ビニールチューブを手でしばらく握っていると、元通り透明になった。念のため、完成したBDFを直接備蓄タンクから車体の燃料タンクではなく、ポリタンクに入れ、室内であたためることにした。また、イオン交換樹脂も最も機能を発揮するのは気温30℃であり、低温では十分機能しないようだ。
イオン交換樹脂のパイプ内も少し曇っているようにみえる。ポリタンクをストーブの前で暖めている間に朝食をとる。


IMG_0019.JPG IMG_0023.JPG


8時に上野玄起さんが迎えにきてくれる。出発の用意をして、9時に「地給市場」へ到着。地元の自然食材を量り売りする店をやりたい!とはじめた活動は、当初、林の中にシートを広げてお店を開いていたそうだ。雪の時期には開店できないので、店舗を探し、長坂町のスーパーの一部を借りて、現在の市場を開いている。自然農の食材、手作りの調味料を吟味し、探し回り、安全なものを販売する努力を続けているという。手作りの醤油も油も、山梨県内ではもう102社しかないそうだ。

今は醤油も味噌もすべて小分けされ販売されているので、買うときには便利だが、使い終わると容器を廃棄しなければならず、手間がかかる。量り売りは、買う前に容器を用意する手間はかかるが、使い終わってもまた再利用できる。こういうことを子供達に伝えていきたいと語ってくれた。量り売りは手間がかかるものの節約、鮮度の点でも日本の古きよきエコシステムだったということを再認識することになった。

ここではバイオディーゼル用に廃食油を回収しており、こちらでも廃食油を分けていただく。地給市場の商品はどれも興味深く、みているだけで楽しい。もっと上野さんたちと話をしていたいが次の約束があるので先を急ぐ。地球一周して日本に帰ってきたらまた訪ねることを約束して別れを告げる。

午後10時出発。長野へ向かう。

IMG_0055.JPG IMG_0104.JPG

廃食油給油:18リットル

▲ページのトップ

今朝の寒さの影響で予定が遅れ気味だ。中央道長坂インターから高速道路を走り長野県箕輪町へ。バイオディーセルをドイツやタイと以前から共同研究している株式会社エムアイテックを訪問する。化学技術に詳しい竹田巖社長には以前からバイオディーゼルについて意見を聞いている。今回は、BDF製造に必ずつきものの廃グリセリン処理について、特殊なバクテリアで分解する方法があると聞いて、テストのためサンプルを頂くことが目的だ。
バチルス菌などのバクテリアで、廃グリセリンを分解する。分解すると廃グリセリンの臭いが消え、肥料にもできるというものだ。ポリタンク2コを受け取とり、そのうちの1つに廃グリセリンを2リットルほど入れた。どのくらいの時間で分解が進むか楽しみだ。

IMG_0182.JPG IMG_0437.JPG

株式会社エムアイテック http://www.mi-tec.co.jp/

走行距離 山梨県北杜市から長野県箕輪町 70km

▲ページのトップ

名古屋の豊田市に住む矢野さんが、廃食油を提供してくださるお蕎麦屋さん「蕎麦つちや」を紹介してくださった。2006年7月にオープンしたばかりの店は美味しいお蕎麦が評判で、すぐに売り切れてしまうらしい。当初は昼までに到着する予定だったので、予約をしてお蕎麦を食べるつもりだった。しかし途中でBDF製造装置の調整などで遅れてしまい、なくなく予約をキャンセルしてしまった。到着したのは午後3時15分。車を駐車場に停め、早速お店を訪ね、スタッフの方に厨房で廃食油をいただく。こちらのお店では一週間に、一斗缶1本以上を使っているという。

廃食油18リットルからBDFが20リットル精製可能であり、BDFの燃費は約10km/リットルとすると、廃食油18リットルで約180km走行可能ということになる。一緒に駐車場まできていただき、装置の説明をしながら、油を入れていただく。

次回はぜひお蕎麦を食べに来ます!


IMG_0199.JPG IMG_0241.JPG

蕎麦つちや http://www.soba-tsuchiya.jp/

走行距離 長野県箕輪町から愛知県豊田市 160km
廃食油給油:8リットル

▲ページのトップ

午後4時に今回のプロジェクトで多大な支援をしていただいているトヨタ車体株式会社を訪問。昨年のパリダカールラリーで僕はこの会社が運営しているトヨタオートボディーチームのドライバーだったことやカメラマンとしてこのチームの撮影をさせていただいていたという経緯がある。ダカールラリーでバイオディーゼル燃料を使わせてい欲しいとう要望に、快くこの燃料を用意していただき、無事完走したことからもバイオディーゼル燃料にいち早く理解をしめしてくれた会社でもある。そこでこのプロジェクトに対しても当初から共感していただき、車の提供やその他様々なサポートをしていただいているというわけだ。

会社に到着するとさっそく会議室で記者会見が始まり、集まっていただいたメディアの方達の前でこのプロジェクトのご説明をさせていただくことになった。その後2008年のトヨタオートボディーチームの総監督、酒井伸二氏からトヨタ車体は現在1日2700台のランドクルーザーを製造しているが、ランドクルーザーの堅牢性を証明するためにダカールラリーに参戦している経緯の説明。車の持つ利便性の追求と同時に環境対策も重要と考え、ケナフ材をしたり、森林保護やバイオディーゼルの採用などを行っていること。環境活動の一助および社内の啓蒙活動として取り組んでいる事など説明があり、今回のバイオディーゼルアドベンチャーのプロジェクトにも出来る限りサポートして行きたいとコメントしていただいた。

IMG_0265.JPG IMG_0285.JPG

仕事柄世界中、特に秘境と呼ばれる場所に行く事が多いため、サハラ砂漠もそうだが、年々環境が悪化していることを目の当たりにしており、そんな時にバイオディーゼルとの出会があった。バイオディーゼル燃料について全く知識がなかったのだが地球環境に良いとされるこの燃料の可能性を自分の手で実証したくなり2006年夏に100%のBDFを使い日本縦断。さらに欧州10カ国2万kmの視察テスト走行。さらに同燃料を使ってパリダカールラリーに参戦。その結果、バイオディーゼル燃料としてポテンシャルは想像以上に優れていることを実感した。そこでさらに地球一周を慣行し独自で制作した車載型のBDF精製装置で燃料を作りながら旅をすることを考えたこと。旅先で様々な人達と出会い、BDFに限らずエコロジーな暮らしや、新しい環境技術なども学んで行き、暮らしやすい世界を探っていく。さらに廃食油を持ってきてくれた人々の「夢」を語ってもらい、その夢をつなげたいことなど・・・。今回のアドベンチャーは、BDFの探求、世界初の車載型小型プラントの開発と、知的財産の公開、環境メッセージを届けることなどが主な目的だと説明させてもらった。

記者会見の後、酒井総監督以下関係者の皆さんと屋外へ移動し、外に停めてある車を見ていただき、プラントの説明した後、会社の社員食堂から出た廃食油を40リットルほど社員のみなさんに交代で燃料を注いでいただいた。

IMG_0272.JPG IMG_0287.JPG

トヨタ車体株式会社
 http://www.toyota-body.co.jp/index.html

走行距離:豊田市から刈谷市 17km
廃食油給油:20リットル

▲ページのトップ

縄文うさぎ

| トラックバック(0)

すっかり日が暮れ、本日の宿泊場所である「縄文うさぎ」へ向かった。「縄文うさぎ」は古民家を改装したとても落ち着くお気に入りの場所でもある。ここは以前からプラントの制作で名古屋方面に出てくるときはよく泊めさせていただいた友人の家なのだ。今回は廃食油で地球を回るという話を口づてに広めてもらい、友人の知り合いが集まってくれたのだ。到着すると2階のイベントスペースにはすでに多くの方達が集まっていただいていて、ダカールラリー出場の時の映像をみていてくれた。

さっそく、ご挨拶の後、これまでの取り組みや、世界一周のプラン等を説明させてもらい、その後の質疑応答では「どのように廃食油を手に入れるのか?」「油が手に入らなかったらどうするか」「アフリカに油はあるのか」等質問が出てきた。それに対し、「これは急ぐ旅ではない」ことや、「世界一周が目的ではなく、BDFの可能性を検証する為に世界一周と言う長い距離を走るためのも」「アフリカの油事情を説明」等々解答させてもらう。参加者の熱い関心の高さに驚かされた。その後、近くの空き地に停めてある車のところまで移動してもらい、参加者が持って来てくれた廃食油を交代で入れてもらう。

そして、うさぎにもどり用意していただいた鍋を仲間でつっつきながらとても心温まる時間を過ごすことができた。その夜は言わずもがな、ぐっすり深い眠りに入った。心身充電!

IMG_0319.JPG IMG_0360.JPG

走行距離: 刈谷市から名古屋市 12km
廃食油給油: 58リットル

▲ページのトップ

朝6時10分、厚木のホテルをチェックアウトして、最初の訪問地、小田原へ向かう。午前7時、横浜エコロジーシステムズ 横浜営業所へ到着。山下衆幸(やましたともゆき)さんが出迎えてくれた。山下さんとは初対面だ。実はこのとき、山下さんを紹介してくれる約束の梅田さんが寝過ごした!という連絡が入った。東京に住んでいる梅田さんはこれから車で向かうという。また梅田さんと一緒に来る予定だった松本健吾さんも家族の車を借りて、駆けつけてくれることになった。

この工場は今年の3月からBDF製造販売を始め、現在は日産100リットルの精製装置を4台並べてフル稼働しているという。メーカーのマニュアルをもとにさらに自分達で試行錯誤してより高品質で効率の良い精製方法を研究している。廃食油は神奈川県全域と埼玉の一部から回収し、BDFを月に18000リットルを生産し、工場の発電や自動車燃料としているそうだ。

話を聞いているうちに、梅田さんが到着。梅田さんはお蕎麦屋さんから使い終わったごま油30リットルを持ってきてくださり、早速プラントに投入する。松本さんも続いて到着。それぞれのBDFに対する思いや活動をいろいろ聞かせていただく。この工場は、日本で最も成功しているBDF事業だという印象をうけたが、これが仲間のつながりから、実際に行動し、ひとつの工場を稼動させるという行動力に非常に感銘を受けた。

山下さん、梅田さん、松本さん、ありがとうございました。


廃食油給油:30リットル

IMG_0103.JPG IMG_0052.JPG IMG_0079.JPG IMG_0112.JPG

▲ページのトップ

富士宮で大家族と再会

| トラックバック(0)

次の訪問地、静岡県富士宮市の「木の花ファミリー」へ。木の花ファミリーとは、99%を自給自足しながら15世帯45人が共同生活を送るコミュニティーだ。以前友人の紹介で一度訪れたことがあるが、今回の旅でもぜひ立ち寄りたいと思っていた。
予定より40分遅れて到着。広い庭の周りに民家を増改築した建物がならんでいる。奥のスペースでは昔ながらのかまどから湯気が立ち昇っているのが、目に入ってくる。

案内をしてくれた小柴さんによると、現在、電力以外はほぼ自給自足を達成しているが、近い将来、バイオディーゼルをトラクターなどへ使用したいという考えを持っている。 ファミリーのメンバー15名ほどに集まってもらい、精製装置をリヤゲートから引き出して、原理を説明。その後、木の花ファミリーがおからを購入している豆腐店からもらってきた廃食油を交代で給油してもらう。

IMG_0206.JPG IMG_0133.JPG

昼食の間せっかくなのでプラントを稼働させておきバイオディーゼルの製造を進めておく。昼食は幕の内弁当風でなかなか豪華だ。すべて無農薬の有機食材だというのだからすごい。みそや醤油もすべて手作りで、食堂の外には味噌樽、醤油樽が並んでいた。食事はどれも新鮮な食材と優しい味付けでとても美味しい。

IMG_0234.JPG IMG_0247.JPG

ここでは強制されことは何もなく、自分の力を生かせる仕事を受け持ち、農作業の繁忙時には全員で手伝う。ここにいるとお金を使う必要がほとんどない。一年の収入は全員で均等に分配し、トラクターなどを購入する場合は、全員で話し合い、それぞれお金を出し合うのだという。そして毎晩ミーティングを行い、その日の作業の報告や、自分の考えていることなどをとことん話し合うのだそうだ。

食事が終わり食卓を片付けると、木の花ファミリーのかたがたが、我々に歌をプレゼントしてくれるという。メンバーの嵯峨美雅子さんが作詞作曲してくれた歌を、木の花楽団のかたがたが歌ってくれた。素直で暖かいく力強い歌声だ。最後はその場にいる全員が手をつなぎ一緒に歌った。
出発の時には、メンバー全員が見送りに出てきてくれた。握手とハグで別れを惜しむ。最後にはメンバー全員で山田を一斉にハグし、旅の安全と再会を誓った。

木の花ファミリー http://www.konohana-family.org/ 

IMG_0259.JPG IMG_0266.JPG

廃食油給油:15リットル

▲ページのトップ

次は中央道長坂インターから降りて長坂聖マリア教会へ向かった。山梨県北杜市で自然農を実践し、自然食の量り売りの市場を開いている上野玄起さんと北杜市バイオディーゼル燃料を考える会のメンバーや仲間のみなさんに会うためだ。午後3時半頃、到着。知らせを聞いて、みなさんが寒い屋外に出て待っていてくださった。早速装置を出して、説明する。子供達も興味津々だ。上野さんや集まっていただいた方に直接給油してもらう。

その後、屋内へ移動して、子供たちとBDF紙芝居や環境カルタで遊びながらすごす。手作りの紙芝居やカルタで、遊びながら子供達に環境のことを無理なく学んでもらうという事はともてすばらしいと思う。廃食油キャンドルもとてもすてきだった。

その後、日本画家の金子仁美さんが経営するネパールカレー店「ぼんてんや」へ移動。こちらは知る人ぞ知る本格ネパールカレー店でわざわざ東京からくるお客さんもいるという。バイオディーゼルの精製にとりかかる。明日走行するための燃料作りだ。ここでは、第3工程のグリセリン除去と、第4工程の遠心分離機による不純物除去、第5工程のイオン交換樹脂による置換を行う。グリセリン除去は約6時間の静置が必要なので、今晩、一晩静置し明日のあさ、グリセリンを除去し、最終工程まで行う予定だ。

作業を終えて、食事が始まる。こじんまりしたレストランには座りきれないほど大勢の方が集まってくださり、にぎやかな食事となった。数々の本格的なカレーやサブジ、サラダなどがテーブルいっぱいに広がって、体も温まる。食事の後は、映写機で映像を壁に映しながらBDFでパリダカールラリーに参戦したときの話しや、バイオディーゼルアドベンチャーに対する思い、オーストラリアのバイオディーゼルバイクによるレース参戦など紹介した。参加者からも積極的に意見が出され、楽しいひとときとなった。その中の一人が僕に、「今度ここを訪れるときに私たちがなにができたかお見せしたい。」と言ったことばが心に残る。その夜、「ぼんてや」の2階に泊めていただいた。

量り売りで行こう http://jikyuichi.exblog.jp/
ぼんてんや http://freett.com/bontenya/

IMG_0299.JPG IMG_0322.JPG IMG_0330.JPG IMG_0383.JPG IMG_0400.JPG IMG_0410.JPG IMG_0447.JPG IMG_0449.JPG


廃食油給油:18リットル

▲ページのトップ

丸の内ビルをスタート

| トラックバック(0)

今日も天気が晴れ渡り清々しい朝を迎えた。さっそくバイオディーゼル燃料の精製を次の段階に切り替える。今日の夜にはその燃料を車に入れてスタートすることになっているので精製を急がねばならない。いよいよ遠心分離機分離からイオン交換樹脂を循環するようにシステムを切り替える。

昼の12時、丸の内オフィス街で和太鼓の響きとともに、出発式が始まった。近所のオフィスは昼休みと言う事もあり、通りがかりの人達が立ち止まり、TVクルーをはじめ雑誌などマスコミの方などでごったがえした。まずはスピーチに有楽町地区再開発推進協議会・事務局長の中島氏の挨拶から始まり、続いてフォバオフォーマガジン編集長の河村氏、BDFに関するアドバイスをいただいていた水島工業高校服部先生、冒険家の風間深志氏に激励の言葉をいただいた。その後、丸ビルに入っているレストランのコックさん、カフェに勤務する女性がペットボトルで廃食油を入れてくださり、給油セレモニーが行なわれた後、再び塩原良さんの太鼓の演奏で締めくくった。
セレモニーの後、インタビュー攻めにあった。今までは取材する側の僕が取材される側に立つのはなんだか、くすぐったい感じがして居心地がいいものではなかったが、これからのことを思えば練習、練習と自分に言い聞かせていた。

その後、一段落して油を持ってきてくれた知人と話をするなどゆっくりする時間ももてた。また、通りがかりの会社員の方達も立ち寄ってくれ、声をかけらる。意外に興味を持っていただく方が多く、これも環境という共通のテーマとして意識を共有できるからだろうか。とても親しみやすい感じで話していく人が多く、最後に頑張ってくださいと、声援をいただく。みな子供の様な笑顔が印象てきだった。

夜になり、初めて精製したBDFをプラントから燃料タンクに注入する。大丈夫なはずだがぶっつけ本番の初給油なので結構緊張する。

22時、やっと人通りが少なくなった頃合いを見計らって、車をビル敷地から道に出し、東京駅前や東京タワー前で撮影後、深夜高速道路を使って厚木まで移動。電話で予約したホテルに宿泊。すでに深夜2時を回っていた。

今日の給油:8リットル給油

IMG_0008j.jpg IMG_0043.jpg IMG_0136.JPG IMG_0124.JPG IMG_0176.JPG IMG_0249.JPG

▲ページのトップ

いよいよ丸の内ビルにてバイオディーゼル燃料を廃食油から作るプラントを載せたバスコファイブ(車両の名前)を展示する日が来た。朝、8時に丸の内ビルに到着。昨夜は朝4時までかかって搬入したのだが、そんなに時間がたっていないのになんだか懐かしい気がする。

さっそく車両がここからスタートするために必要な燃料を確保するために丸の内ビルで廃食油を探す。幸い大手町ビルの居酒屋「素材屋」が心良く一斗缶3個の廃食油を分けて頂けることになった。店では毎日揚げ物用の油の「酸度」を測り、規定を超えたら破棄しており、週に2縲怩R斗は廃食油が出るという。

思ったより沢山の収穫に心が温まる。これで1リッター当たり10キロ走ると考えると、この一斗缶で170縲怩P80キロ走れると言う事になるわけだ。
丸ビルに戻って、今回のプロジェクト初の精製を開始。プラントを動かしていると結構待ち行く人々が足を止めて話しかけてくれる。オフイス街のど真ん中なので関心が薄いのではと思っていたが意外と気軽に興味を持ってくれるので話も弾む。
その後、知り合いの編集者や知人がペットボトルに廃食油を持ってきてくれ今日1日で58リットルが集まった。

今日の給油:58リットル


IMG_0018j.jpg IMG_0072.jpg IMG_0099.jpg IMG_0085j.jpg

▲ページのトップ

菜の花大地復興プロジェクト
菜の花を植えて、景観づくり、塩害などの土壌浄化、地域単位のエネルギー生産のきっかけ作りを目指しています。
楽器を贈るプロジェクト
津波で楽器を流されてしまった、ミュージシャンの方々へ楽器を支援するProjectを始めました。
支援金募集
3月28日いわてめんこいTVで紹介された活動の様子です
2011年支援活動報告書
2011年に行なった東北大震災復興支援活動の内容をまとめまています

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お願い

写真と文章を無断で転載、
コピーすることはご遠慮願います
Powered by Movable Type 4.261
電気自動車の充電